« 戦争写真のミステリー | トップページ | 村田光平講演会「原発と向きあう~諸外国から見た日本」 »

2013年2月20日 (水)

食が命の危機を左右・・・する!

名張ぶどう酒事件が起こったのは1961年3月。三重県名張市で開かれた懇親会で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡しました。この事件は物的証拠がほとんどない中、「妻、愛人との三角関係を清算するために農薬を入れた」と自白した奥西勝死刑囚が逮捕されました。その後、「自白は強要された」と否認するも、72年に死刑が確定しました。

この奥西死刑囚をドラマとドキュメンタリーで描いた映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯(主演:仲代達矢)」が16日から、東京・渋谷のユーロスペースで上映されると耳にしました。監督・脚本を担当したディレクターは「映画を通じてこの事件と半世紀以上も死刑の恐怖と闘っている奥西さんの存在をしってもらえれば」と話しており、冤罪事件の可能性があることを知りました。

私が生まれる前の事件ではありますが、多少のことは知っていました。亡くなられた5人以外に7人が病院に運ばれ九死に一生を得ましたが、ひとりだけ難を逃れた農家の主婦がいました。その方は毒ぶどう酒を飲んだにもかかわらず、2度吐き出し、翌日には普通に農作業ができたという話を本(「家庭でできる自然療法」東城百合子著)で読んでいたからです。

他の方と何事もなく助かったこの主婦とのたったひとつの違いは、事件の2年前から自然農法を実践し、玄米自然食を実行していた点です。しかもその時、妊娠3カ月の身重で、生まれてくる子のことが心配されました。しかし生まれた男児は、運動の得意な健康活発、頭脳明晰な子に育ったそうです。

東城先生は、自然のはからいと家族の愛が救いとなり男児を育てたと書かれています。また玄米には自律神経を調整し、体に害のあるものは反射的に出させて吸収しないと、長崎で被爆されるも原爆症を発症しなかった秋月辰一郎医師の実例を出して紹介しています。

玄米には私たちの知らない未知の成分があり、それらが起こした奇跡なのかもしれませんね。そういえば飛来する隕石には、地球上にない元素が存在するそうですから、現代の科学ではわかっていないことがある、というよりわからないことだらけなのでしょう。

東城先生は、自然から遠い生活をしていると生命力が失われ、血液が汚れて、神経も鈍るため、自分の身体の症状に対しても正確な感覚がなくなるとおっしゃいます。不自然な加工食品や添加物を安易に口にすることで、鋭い感覚や洞察力、直観力は養われず、気づいたら悪性の慢性病だったということになりかねないのです。

「病は口より入る」と言ったのは、「養生訓」の著者・貝原益軒です。その逆に、「人の良薬は食なり。命は食に従う」と言ったのは、江戸時代に節食開運説を唱えた食養家・水野南北です。どちらも然り。日常の食が、いざという時の命の危機を左右・・・する!といえるのではないでしょうか。

|

« 戦争写真のミステリー | トップページ | 村田光平講演会「原発と向きあう~諸外国から見た日本」 »