« 敦賀に続き、東通原発にも活断層 | トップページ | 映画「みえない雲」 »

2012年12月27日 (木)

リハビリと骨折による肉体的変化

骨折から2ヵ月が経ちました。擦過傷は治りましたが、深く傷を負った部分はケロイド状に盛り上がったままです。ただ範囲が小さいのであまり気になりません。痛みは膝を曲げたときだけで、100度以上曲げようとすると痛みます。ビックリするのは、筋力が衰えて、左ももの太さが右より1cm近く細くなったこと。ギブスで固定されていたとはいえ、できる範囲の運動はしていましたが、ウエストじゃないんだから、ももで1cmは結構な差です。そのため床に座わり、立て膝をして足を浮かせる(膝を上半身に引き寄せる)動作が難しいです(涙)。

というわけで、先日よりリハビリが始まりました。通っている整形外科には医師以外にも整体師さんがいて多くのお年寄りがマッサージを受けています。その横で、まるでスポーツジムにあるようなもも上げマシーン等でもくもくとリハビリしています。ただ私の前に80代のおばあちゃまが重りをつけてスイスイ足上げをしているのに、私は重りなしにもかかわらず水平に足を上げることが出来ないことに凹みます(笑)。

さて、今回の骨折で変化したことですが、ひとつは「爪が伸びない」こと。この2カ月間、あまり切っていないのですが、その分は膝の骨になっているのでしょうね。私が考えたり命令しなくても、必要な場所に重点を置いて補修作業が行われる。肉体ってホントに賢いですね。

ふたつめは、ケロイド部分以外の擦過傷の治ったところが「毛深くなった」こと(笑)。これはたぶん頭部同様、膝を守らねばと細胞が判断したのでしょう。実は以前にもまったく同じ場所をケガしているので、二度あることは三度なんてごめんでしょうから。

三つめは、あれこれレメディーをとった好転反応なのか、「やたら眠くなった」こと。骨折から3~4日は眠くて、眠くて。きっとエネルギーを治癒にまわし、無駄使いさせないための配慮もなされたのだと考えています。

最後に、足をかばう歩き方、つまり不自然な動作によって「肩コリや腰痛がでてきた」こと。昔から腰痛持ちで西式甲田療法の平床寝台(板のような堅くて平らなベット)で寝ることで腰痛が改善したので、また腰痛復活か~(ため息)と凹みました。不自然な状態が症状を誘発するのは当然のことですが、ギブスで不自然な状態は続くため、なんとか痛みを改善したいと考えました。この腰痛に効果的だったのはビワの葉温灸です。部屋に臭いがつくことが気になりますが、背に腹は代えられません。お陰でかなり改善しました。やはりなににおいても不自然はいけませんね。

|

« 敦賀に続き、東通原発にも活断層 | トップページ | 映画「みえない雲」 »