« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月23日 (金)

今見るべきドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」

昨日の東京新聞「本音のコラム」に法政大学の竹田茂夫教授が下記のようなコラム(遺伝子組み換えのわな)を寄せていました。

今月初め、米国カリフォルニア州で重要な住民投票があった。米国では遺伝子組み換え(GM)食品の表示義務がない。そこで同州から全米に表示義務を広げようと、市民団体などがまず州内の住民投票を提起した。この運動は米国の食文化の基本、効率追求の農業生産のあり方にもつながる問題提起と解釈すべきだ。

だが、モンサントやデュポン等のGMを収益の柱としているアグリビジネスや食品メーカーは、資金力にものを言わせて表示義務反対の大々的な宣伝活動を繰り広げた。消費者の知る権利や選ぶ権利より利潤が重要だったというわけだ。結果は提案側の敗北であった。

GM技術は開発途上国でも問題を提起している。インドではモンサントが販売する除草剤とGMで大勢をもたせた綿花の種子の組み合わせで、同社は巨額の利益を上げている。多量の除草剤は雑草の耐性を高め、除草剤投下は増えていく。コスト負担に苦しむ農民たちの自殺が相次いでいる。

米国のアグリビジネスは自ら墓穴を掘っている。欺瞞に満ちたテレビ宣伝、小農民への提訴、データ捏造、科学者の抱き込み、規制当局との癒着(官民間の回転ドア)など、この業界は深刻な構造的。倫理的問題を抱えている。TPPで日本に呼び込むことになるのはこのような企業なのだ。(12/11/22・東京新聞朝刊より全文)

デュポン社は日本ではなべのメーカーとして有名すが、モンサントj社はデュポン社ほど知られていないかもしれませんね。アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業であり、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を握る、多国籍独占企業です。

今日お勧めしたいのは、このモンサント社のクリーンなイメージに隠された裏の姿を暴いたドキュメンタリー映画「モンサントの不自然な食べもの」です。過去に発売された枯葉剤、農薬、PCBなど1世紀にわたるモンサント社のヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書によって検証しています。自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかり追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかけています。

今回、選挙の争点の一つとしてTPP(環太平洋戦力的経済連携協定)の問題がありますが、農業、食の安全、医療、あらゆる分野で影響があるとされています。この映画に登場する各国の深刻な状況は、経済のグローバル化が進んだ明日の日本の姿かもしれません。そして不自然な食べもの(遺伝子組み換え作物)が環境、人体に与える影響は誰にも分かりません。毎日の食べものは肉体、人生、生き方を選ぶことです。世界の食物市場を独占しようとするモンサントの本当の狙いとは何でしょう? それを知ることで守れる未来があります。「食」ひいては「いのち」をめぐる世界の構造を暴く、今見るべきドキュメンタリーです!!一票を投じる前に、是非、見ていただきたいと切に願います。

★「モンサントの不自然な食べもの」予告編をご覧になりたい方は↓

http://www.youtube.com/watch?v=PO7RmRVZs6A&feature=player_embedded

★全国の劇場情報↓

http://www.uplink.co.jp/monsanto/theater.php

|

2012年11月22日 (木)

レメディー+さといも湿布

R0012789ご相談者や家族のことに気をとられ、ついつい自分のことはおろそかにしがちな日常ですが、今回(骨折)ばかりはまじめに取り組んでいます(笑)。レメディーはもとより、ケガの当日から欠かさず「さといも湿布」もしています。レメディーで内側、湿布で外側からダブルケアすることで細胞が癒され、より効果的であろうと考え、事実、腫れが治まるのが早かったです。

さといも湿布ですが、昔からあるおばあちゃんの知恵のひとつで、打撲やねんざ、のどの痛みなど熱っぽさを伴う状態に行われていました。本来は、里芋の皮をむいてすりおろし、そこに同量の小麦粉、芋の一割の生姜を混ぜてつくりますが、現代はそれらが粉末状になった「さといも粉」が自然食品店などで販売されています。こちらは水を混ぜるだけなので手間が省けて楽チンです。

R0012790←左写真は、「里芋粉(ツルシマ/200g/¥630)」を同量の水でといた状態です。あまり水を入れ過ぎると、足に巻いている間に垂れるので少し硬めにつくります。「しょくほう伝統の知恵・さといも粉(無双本舗/800g/¥1890)」も試してみましたが、こちらには保水剤として珊瑚カルシウムが添加されているので、水分は少し多くてよいようです。

R0012791R0012792←充分に混ぜたら、清潔なガーゼに厚さ1cm位に広げて包みます。



R0012793←ガーゼに巻いたさといも湿布を患部に貼ります。このとき、傷口がある場合はその部分を避けます。避けることが難しい場合は、傷口にガーゼを当て、そのガーゼよりやや大きめのラップを上に当てて湿布します。ただし腫れの部分に直接湿布が触れるようにします。湿布は4時間程度使用できますが、熱を吸収して熱くなってしまったり、乾いてしまった場合は作りなおしましょう。

医師からは膝が抜けて(カクっとなる)、再度骨折する可能性があるので、無理はしないようにと言われました。ただ全く動かさないでいると膝が曲がらなくなるので、ギブスをしていてもたまに膝を伸ばす、座って足を上げるなどの運動をしています。現在、痛みはほぼありません。

|

2012年11月10日 (土)

リトアニア国民投票で65%が原発NO!

欧州バルト三国のひとつ、リトアニアで10/14、原発建設の是非を問う国民投票が行われ、反対が65%に上りました。

反対者は「大事なことは政府や議会が決めるのではなく国民が直急く決めた方がいい」「絶対的な安全などなく、原発事故が起きたら小国リトアニアは消滅する」と考えているようです。リトアニアは4年前にも原発国民投票を行い、投票者の91%が原発稼働に賛成したのが、今回は35%にまで減りました。その大きな原因が福島の事故にあることは言うまでもないでしょう。

前首相は原発計画の説明不足や情報開示をしたうえであらためて国民投票を実施すべきであり、今回の国民投票だけで建設計画を中止できないと発言していますが、圧倒的な民意を簡単に覆せるとは私には思えない。

過去21年間で11回の国民投票を実施しているリトアニア。それに比べ日本はどうか。大事な問題の決定を、いつ消えるかもわからない首相にゆだねてはならない。最初の国民投票は「原発」の是非について実現したい。(11/9東京新聞・みんなで決めよう「原発」国民投票事務局長・今井一氏寄稿抜粋)

私も国民投票に賛成です。

同日の一面には、城南信金が設立したシンクタンク「城南総合研究所」が活動の第一弾として「原発を廃炉にすることが経済的にも正しい」とするリポートを発表、という記事を目にしました。経済産業省によると、1キロワット時当たりの発電コストは原発が5~6円で、火力の7~8円より安いが、これは原発が立地する地域に対して国が支払う交付金などが含まれていないと指摘。立命館大学の大島堅一教授の試算によると、原発のコストは10.2円で、火力の9.9円より割高になっています。加えて、使用済み核燃料の処理や保管に掛かる費用も含めて考えると、「原発のコストは恐ろしく高価。将来、大幅な電気料金の値上げにつながる発電方法」と位置づけ、コスト面からも原発に頼る危うさに警鐘を鳴らしています。

コスト、安全性、なにをとっても原発に未来はないということですね。

|

2012年11月 9日 (金)

なぜ私は骨折したのか

けがをする原因とはなんでしょう? 運動能力の低下、それとは逆に過度の運動、不注意、不運・・・? いろいろ考えられますが、結果には必ず原因があると思います。私の骨折にもさまざまな原因がありました。

けがの当日、私はあることをやめようと考えながら駅へ急いでいました。この数カ月、ずっと悩み続け、ようやく決断したのですが、それをどのように伝えるかを悩んでいました。できることなら迷惑をかけず、スムーズにやめたい。そのうえ悪者にもならず、いい人として去りたい。そのため誰もが納得するような言い訳を欲していました。そして骨折という恰好の言い訳を得たわけです。

肉体というのはこんなことをするのですね~。以前、ある方が「望んだようになる」とおっしゃっていたのですが、まさに望んだことが現実となったわけです。

ホメオパシーには、病の源となるマヤズムという考え方があります。これは先祖から受け継いでいる遺伝的な傾向や体質、病気のかかりやすさなどだけでなく、考え方や行動にも関連があります。いくつかあるマヤズムの中には、「よくけがをする、事故にあう」という傾向をもつものもあり、まさに今の私がそのマヤズムに陥っているのかもしれません。

ですから骨折は、単純に不注意だけでなく、加齢による視力低下+運動不足+潜在意識で望んだことも原因でしょう。また骨折にまで至ったのは、ダイエットするつもりはないのに、体重が減ったことが考えられます。また玄米菜食は、タンパク質やカルシウム、鉄や亜鉛が不足しがちといわれています。ただタンパク質は豆類や豆腐など以外にも穀類などに含まれますし、日本人はタンパク質を必要量より多く取っているそうです。ゆえに余分なタンパク質がアミノ酸を分解する際、酸性に傾いた血液を中和するミネラル(特にカルシウム)不足のリスクも少ないでしょう。私は、小魚、玉子、乳製品をたまにとるほぼベジタリアンなのでカルシウム不足も大丈夫と過信していましたが、加齢とともに骨量も減るお年頃になったので、小松菜やひじきも今まで以上にとらねばいけないですね。

しかし、ギブスがとれるまで6週間といわれたのが、先日の診察では4週間と大幅に短縮されているので、経過はかなり順調です。このまま優秀な患者として、最短で完治させたいと思います!

|

2012年11月 3日 (土)

日本脳炎予防接種と併用禁止薬

骨折の記事を書くつもりが、日本脳炎予防接種に関する続報があったため、急遽変更します。下記は、毎日新聞12/11/01付記事です。

岐阜県美濃市の男児(10)が日本脳炎の予防接種直後に急死した問題で、男児がかかりつけの医師から併用が禁じられている薬を処方されていたことが、厚生労働省への取材で分かった。一緒に服用すると不整脈により死亡する危険性があるとされ、同省は薬の併用と死亡との関連について調べている。

 男児の母親によると、男児は広汎(こうはん)性発達障害による興奮を抑えるため2種類の薬を服用。今年9月からは夜尿症を抑える薬も処方され、3種類を毎日飲むように指示されていた。予防接種の前日夕にも服用し、当日は飲んでいなかったという。

 厚労省によると、興奮を抑える薬1種と夜尿症を抑える薬を併用すると脈が乱れて意識を失うことがあり、死亡する危険性もあるとされている。母親は「かかりつけ医を信頼しており、指示通りに飲ませていた。併用禁止とは知らなかった」と話している。

 男児は10月17日、美濃市内の小児科医院でワクチン接種を受け、約5分後に心肺停止となって約2時間後に死亡が確認された。かかりつけ医とこの小児科医院は別。岐阜県警も併用の危険性について把握しており、「処方した医師を含め関係先から事情を聴きたい」としている。

この記事を読んでみなさんはどうお感じでしょう? 「薬を併用することで人が亡くなる」ということに驚いた方も少なくないと思います。 10/19にも書いた通り、日本脳炎予防接種の必要性に疑問(自然感染による患者の発生はない!)を感じるだけでなく、重い副作用が疑われるケースが237件(厚生科学審議会感染症分科会予防接種会日本脳炎に関する小委員会報告で09年6月~今年10月にワクチン接種が計約1400万回行われたうち)もあり、たとえ薬を併用しなくても、我が子に副作用が起こらないとは言いきれません。

同小委員会は、予防接種後に子どもの死亡例が2件続いたことについて、2人は別の疾患で薬を服用していたことや症状が異なることから、「死亡との因果関係は不明で、すぐに接種を中止する必要はない」と結論付け、積極的接種推奨が継続されることになりました。しかしこれは安全宣言ではありません。どうか接種をお考えの親御さんは、多くの情報に触れ、流されて安易な決断をしないようにしていただきたいと心から願います。

※関連お勧め記事:日本消費者連盟「本当に打ち続けて大丈夫?日本脳炎予防接種」

http://nishoren.net/flash/2810

|

2012年11月 1日 (木)

膝蓋骨骨折

R0012767ハロウィンも近いのでパンプキンパイでも焼いてブログにアップしようとしている矢先、膝蓋骨骨折しました。

↑鼻を作り忘れ、なおかつココアパウダーが口元に散らばり、まるでよだれ?のようになってしまいました。


R0012779先週の土曜日、あたりはまだ薄暗い早朝、道の悪いところを走っていてつまづき転倒。その時は擦過傷もたいしたことがないし、痛みは打撲のせいだと思っていました。しかし2時間後には歩けなくなり、近所の整形外科で「膝蓋骨骨折」と診断されました。

医師からは「ギブスがとれるまで6週間、完治まで2カ月」と言われ、人生初骨折に私自身が大変驚きました。派手には転んだけど、まさかそれで折れるとはね~。ただ、内出血で血が溜まるということもなく、膝のさらもふたつに割れていたので、血を抜いたり手術の必要がなかった点は幸いでした。

もちろんホメオパスですから、けがの直後から、アコナイト・アーニカ・カレンデュラ・ハイペリカム・ルータなど、手持ちのレメディーを繰り返し撮り続けました。しかし骨折の可能性がないとはいいきれなかったので、骨を形成促進するようなレメディーは避けました。

R0012789帰宅後、傷口をカレンデュラ・チンキ水で洗い、Cクリームを塗り、傷口を避けて「さといも湿布」をしました。近所の自然食品店で欠品だったので、隣町の店であるったけの里芋粉を買い占めちゃいました。

いや~、ブログ・ネタに困りませんね。日本脳炎ワクチンやポリオワクチン、ウエストナイルウイルスなどのことも書きたいのですが、次回は「なぜ私は骨折したのか?」「さといも湿布の方法」などをアップしたいと思います。

※健康相談は休まず続けております。ギブス姿でお見苦しい点や動作が機敏でない点はどうか広い心でお許しください。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »