« 日本脳炎予防接種の被害 | トップページ | 膝蓋骨骨折 »

2012年10月25日 (木)

魚臭症候群

昨日みていたテレビ番組で「魚臭症候群」という病を知りました。トリメチルアミン尿症という病名だそうで、摂取した食物を体内で消化分解した際に発生するトリメチルアミンが分解されず、尿や汗、口臭として排出されます。トリメチルアミンは腐敗した魚の臭いがするため魚臭症候群とも呼ばれ、先天的にトリメチルアミンを分解する酵素が欠如している場合と、肝機能障害や肝機能低下による後天的な場合があります。体臭は魚のような生臭い臭い、便臭、生ごみの臭い、下水道の臭いなど様々。仮に病院で診断されても、現在の治療法は「症状を軽くするための食生活の工夫」に限定され、トリメチルアミンの前駆物質であるコリンやレシチン等の含有量の多い食品(魚・たこ・いか・えび・卵黄・乳製品・肉類・豆類・アブラナ科の野菜であるブロッコリーやきゃべつ)の摂取を控える対応になります。

病名こそ知りませんでしたが、そのような症状があることはホメオパシーを学んで知っていました。なぜなら、魚のような臭いに対応するレメディーが存在するからです。きっとプルービングの際にそのような臭いを感じたのでしょうね。

臭いの悩みは自分で気づきにくいこともあり、本人にとっては自己存在にかかわる重大な問題となります。健康相談にも、そのような悩みでいらっしゃる方がいます。ただ実際に不快な臭いを排出しているのではなく、無臭志向の強い(最近ではいい香り?をさせる志向が高まりつつありますが)日本社会で過敏になり過ぎている方も多いようです。

魚のような臭いに対応するレメディーはいくつかありますが、家庭用のキットの中ではSanic.サニキュラアクアがあります。このレメディーに当てはまる人は、牛乳や卵、肉が好きなのですが、それを食べることで症状が悪化するという記述は見当たりません。原因が肝臓機能や消化吸収の問題であるなら、Lyc.ライコポディウムはどうでしょう。ライコは、こってりした食物・えび、カニ、牡蠣・豆類・キャベツで症状が悪化します。また番組に登場したトリメチルアミン症候群の方は、死を考えるほど深刻な自信喪失に陥っていました。極端な自信の欠如もライコの大きな特徴であり、全体像が合致するなら試す価値があると思いました。

代謝異常の病であり、セルフケアは難しいかもしれません。ご自身で手に負えないと感じたなら、ホメオパスにご相談ください。ホメオパシーってそんなことも扱えるのか~と知っていただけたら嬉しいです。

ホメオパシー療法についてはこのブログの初期(2006年~)に詳しく説明しています。また健康相談に関しては左のカテゴリーにある「ホメオパシー健康相談会」をまずお読みください。相談の申し込みは右の「リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)」よりメールにて承ります。

|

« 日本脳炎予防接種の被害 | トップページ | 膝蓋骨骨折 »