« “薬漬け”になりたくない~向精神薬をのむ子ども~ | トップページ | リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)オープン♪(追記) »

2012年7月 1日 (日)

官邸前、大規模再稼働反対デモ

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働決定の撤回を求めるデモが29日夜、首相官邸周辺(東京都千代田区)であり、市民らが「再稼働反対」「原発いらない」と官邸に向がって声を上げた。関電は7/1に3号機の原子炉を再稼働する準備を進めており、再稼働を前に徹底抗戦の場となった。

複数の市民グループ有志でつくる「首都圏反原発連合」がツイッターなどで呼びかけ、3月末から毎週末、官邸前で実施。政府の再稼働方針に反対している。参加者数は回を追うごとに増え、この日は官邸前から霞ヶ関の財務省前まで700mほど人に波が連なり、官邸近くでは車道をほぼ埋め尽くした。

本日の東京新聞が報じているように、原発再稼働反対を訴える人の数が日に日に増えています。全く利害関係のない市民が「そもそも地震大国の日本に原発をつくるのが間違い」、「日本をこれ以上汚す気か」、「子どもから、『なぜお母さんとお父さんは私たちの未来を守ってくれなかったの?』といわれるかも。子どものためにも行動しなくてはいけない」・・との強い思いや市民が意見を発する場がないことに加え、ツイッターなどで情報が広がり大規模化したようで、先週は4万5000人の人が参加したようです。

政治家がよく使う言葉に“民意”がありますが、このデモこそが民意です。官邸内にもこの騒ぎは届いたようですから、総理には是非ともこの国の民の声をどうか聞き入れて欲しいと切に願います。増税しないといって政権をとったにもかかわらず、与党になったらマニュフェストを翻すことができるのなら、再稼働はやっぱりや~めた、といっても誰も驚かないし、むしろ歓迎します。廃炉にしても放射能の影響がなくなるまでは10万年という途方もない年月が必要であることを考えれば、一時の不便や痛みがあるのは仕方ないこと。再稼働させるかどうかの決断で、この国の未来は大きく違ってくると思います。政治家のみなさんには、原発を手放した国として、またクリーンエネルギー開発などをすることで、国民が誇りを持てる国作りを心からお願いしたいです。

|

« “薬漬け”になりたくない~向精神薬をのむ子ども~ | トップページ | リビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)オープン♪(追記) »