« ホメオパシー健康相談のご案内 | トップページ | 相談の方法 »

2012年7月31日 (火)

健康相談までの流れ+梅の土用干し

R0012714梅雨があけ、毎日晴天が続く、となれば・・・土用のうなぎ!ではなくて、梅の土用干しです。3日間干しましたが、左は初日の状態です。まだオレンジ色です。



R00127282日目になると、だいぶ赤シソに染まってキレイな色に。





R00127343日目にはすっかり食べられそうないい感じになりました。実は梅干し作りは今回が初めてで、カメや重石の重さなど分からないことだらけでした。準備ができても、その後梅から白梅酢がどの程度上がるのか、赤シソをどのくらい塩もみするのか、といった本を読むだけでは不安なこともありました。しかしこればっかりはやってみないと分からない、経験によって学ぶことなのだろうと実感しました。
失敗してしまった方の話を聞くと、梅を1~2kgしか漬けなかったようで、白梅酢に梅が浸らずカビが発生したようです。塩分濃度だけでなく、梅が少な過ぎてもいけないんですね。来年は倍の量に挑戦したいと思います。

梅干しの効用は殺菌力が強く、細胞に活力を与え、カルシウムの吸収を助け、腸の有効菌を育てる。血液浄化をして疲労回復をする大切なものです・・・と東城百合子先生も著書「自然療法」でおっしゃっています。

夏の熱中症対策としても大変有効です。外出時には、梅をつけた後にできる赤梅酢で経口補水液も作れます。500mℓのミネラルウォーターに赤梅酢小さじ2~5(塩分濃度による/ちなみに我が家の濃度は18%ですが天日干しでさらに濃縮されています)・黒糖大さじ1を入れ、さらにミネラルのレメディーを加えれば簡単で安上がりなドリンクの出来上がりです。

さて、本日の本題。「健康相談までの流れ」ですが、まずは自然療法であるホメオパシーと現代医療との違いや好転反応等を深くご理解いただきたいと思います。もちろん肉体は日々の食に支えられていますから、食によって健康が左右されることも含めます。そしてどのような生活習慣、心持ちで過ごし、ホメオパシーを取り入れるのか、ホメオパスとして相談者の疑問をひとつずつクリアにするための努力も惜しみません。そのためご面倒でも、下記の過程を経ていただく必要があります。相談後に「こんなはずでは・・」ということになっては、お互いに不幸です。自然療法は決して楽でも、やさしくもありません。そのことを知ったうえで、それでもやってみたいという決意がなければ続けることは難しいでしょう。まず必要なのは、よくなりたい、変わりたいという気持ち、そして自己治癒力を信じる強い意思です。意識が変われば、考えや行動も変わります。そして肉体にも変化を与えます。ホメオパシーでそのお手伝いが出来ると信じています。

健康相談までの流れ
1.ホメオパシー療法とはなにかを正しく理解する
講演録DVD「人はなぜ病気になるのか」「症状はありがたい」(ホメオパシー出版/ネット  購入可)をご覧いただくか、「解説ホメオパシー60分」(1000円/相談会ご予約の方は無料)をお勧めします。分からないことや不安が解消できます。

2.「とらのこ会」へ入会する
ホメオパシー健康相談は会員制となっております(年会費2000円/ネット会員1000円、同居のご家族は何名でも無料)。ホメオパシーライフを応援する会報誌「オアシス」をお送りします。当センターでも入会・継続できます。

3.健康相談を予約する
相談は完全予約制です。ご予約はメール、お電話にて承ります。尚、相談会中などで電話にでられないことがありますのでご了承願います。メールでご予約希望の場合は、簡単な主訴(お困りの問題点)・ご希望の相談日をリビングプラス(日本ホメオパシーセンター埼玉東川口)のメールアドレスへお知らせ願います。折り返しご連絡させていただきます。

E-mail : info@living-plus.main.jp

4.必要書類に記入する
ご予約後、健康状態・生活習慣・病歴・性格などについて記入いただく質問票と同意書をメール添付、もしくは郵送でお送りします。できるだけ詳しくご記入の上、相談当日にご持参ください。

5.相談を受ける
ホメオパスと1対1の対面形式で約1時間、お話をじっくり伺います。あなたに合うレメディーを選択し、「レメディー適用書」をお渡しします。お手数ですが、レメディーはご自身で購入願います。

※もう少し詳しく知りたい方は、左のカテゴリー「ホメオパシー健康相談会」をクリックし、「ホメオパスに相談するには・・・①~④」をお読みください。

|

« ホメオパシー健康相談のご案内 | トップページ | 相談の方法 »