« 家計の食料品支出、パンが初めて米を逆転 | トップページ | 好奇心こそ最高のアンチエイジング »

2012年5月28日 (月)

新種のアレルギー

5/11付、消費者庁のホームページに「コチニール色素に関する注意喚起」が載りました。

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120511kouhyou_9.pdf

コチニール色素とは、中南米原産の昆虫でコチニールカイガラムシなどのエンジムシが原料の赤色着色料で、食品衛生法で認められた食品添加物です。清涼飲料水や菓子、ハム、水産練り製品、口紅など多岐に使用されていますが、ご存じでない方はまさか虫からとった(これが植物ならともかく)色素で食品を染めていたことに驚かれるかもしれません。そしてこれは石油由来の合成添加物ではなく、天然色素に分類されます。

使用目的はオレンジや赤、赤紫に染めることであり、数年前にアレルギーの問題が浮上するまではリキュールの「カンパリ」の色付けに使用されていることで有名でした(現在は合成着色料に切り替え)。

これまでに、独立行政法人国民生活センターや地方自治体の消費生活センター等にはアレルギー症状の事例は寄せられていませんが、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品摂取により、アナフィラキシーを起こしたと推定される事例が、1960年代から20ほどの論文等で報告されています。

急性のアレルギーを発症した場合、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性もあるため、消費者庁は注意喚起を行った、とのことです。論文ではかゆみ、じんましん、発疹、呼吸困難などが報告されており、かゆみなどの体調変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科を受診するようにと書かれています。

まぁ、このブログを読んでいる方は、食に対する意識も高いと思うので、わざわざ人工的に着色したものを食べているとは考えにくい・・・つまり記事にするまでもないでしょう。しかし今日から読む方がいるやもしれません。注意喚起は必要ですね。

個人的にはなぜ日々食べるものに着色する必要があるのか理解に苦しみます。お祝い事などでたまに少量、それもできればクチナシや赤紫蘇といった古くから使用されているものを使う方が安心であり、特別な日により一層の彩りを添えると思います。その程度でいいんじゃないかな~。美味しそうに見せかけるための着色料なんて不要だし、そんなもの食べても美味しくも栄養にもならない!と知る賢い消費者になって欲しいと思います。

さてここまで読まれた方は、コチニールカイガラムシが原因物質と思われているかもしれませんが、実はそうではありません。この虫を着色料として粉末に精製する過程で混じる不純物のたんぱく質がアレルギー反応を起こすといわれています。

さまざまな技術が高度になるほど自然からかけ離れた食品になっていきます。人工的な手を加えるほどに、食べなくてもよいような物質が取り込まれてしまします。100年前の、1000年前の人間はそのような物質を口にしていたでしょうか。昨今増加するアレルギー疾患と食の問題は無関係なのでしょうか。今一度、食を見直すきっかけになればよいな~と感じ、記事にしてみました。






|

« 家計の食料品支出、パンが初めて米を逆転 | トップページ | 好奇心こそ最高のアンチエイジング »