« みそ汁離れが未婚率を増加させる? | トップページ | 新種のアレルギー »

2012年5月 9日 (水)

家計の食料品支出、パンが初めて米を逆転

3日にみそ汁離れについて触れましたが、その翌日、一般家庭の食料品への支出額で、2011年にパンが初めて米を上回ったという報道がありました。米の購入量そのものが減少しているのに伴って支出額も落ち込んだようです。米とパンの支出額は05年までは一貫して1万円程度の差が開いていましたが、06年以降は急速に接近し、ついに11年に逆転してしまいました。

もう「わが国の主食は米だ」と言えなくなる日も近いようで、米離れが当然みそ汁離れの原因となっているのですね(涙)。

そればかりか高齢化や共働き世帯の増加を背景に、コンビニの総菜や弁当など調理済みの食品の比重がじわり上昇。日本人の食生活が大きく様変わりしていることを映しています。

これではますます安心で安全、温かな食卓は遠のくばかりです。我が家も共働きで手を抜かざるを得ない場合があります。それでも家族の健康は、私の作る料理によって左右される、つまりは健康という大きな責任を任されていると自負しています。毎食でなくても、1日(無理なら2~3日)のトータルでバランスがとれるように考えたり、創意工夫ができる点もあるでしょう。そしてなにより日本人の肉体は和食によって維持されてきたことを忘れず、是非とも和食回帰してほしいと願っています。

|

« みそ汁離れが未婚率を増加させる? | トップページ | 新種のアレルギー »