« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月24日 (土)

思春期という病

映画「告白(松たか子主演・湊かなえ原作)」は衝撃的な内容でした。悪意、復讐という単語では言い表せないほどどす黒い闇を抱える女教師の話ですが、かけがえのない娘を亡くした彼女の心情は理解できる・・・が、しかしどうしてそこまで・・・

娘の死の原因は彼女の教え子(男子高校生)にありました。湊かなえ新作の「少女」の主人公も女子ではありますが、高校生。この時期の子たちって、なんてジョーシキ知らずで、衝動的で、自己中心的で、繊細で、傷つきやすいのだろう。そして大人たちの勝手な都合で、大人にされたり子ども扱いされることにいら立ち、自分が何者であるのかもあやふやで不安な時代。学校という小さな社会が全世界のように感じられ、逃れられない人間関係は息苦しく、さりとて孤立する勇気もない。しかし時として驚くほど楽観的で、些細なことで笑いが止まらず、時間は無限にあるように感じ、根拠のない自信に充ち溢れていたりもする。

自分にもそんな頃があったはずなのに、すっかり遠い過去になってしまい、リアルな感覚を思いだすことはできません。ただおばさんになった今よりも、ずっとずっと生きにくさを感じていたのは確かです。

「少女」に出てくる女子高校生たちもさまざまな思いを吐露します。

「死ぬほど追いつめられるようなことを一番打ち明けたくないのは、同じ集団に属している人たちで、なかでも、友だちだっていうことを、大人は知らないのかな。(死を選んだ友人について担任から相談を受けたか聞かれて)」

「(学校裏サイトは)見ているだけで充分。他人のことで少し笑って、自分のことが書き込まれていないことにホッとする。そうするとよく眠れる」

「小学校より中学校、中学校より高校、って友だち関係が広がっていくのはあたりまえのことだけど、あたしの場合、広がっているっていうよりは、薄まってるって感じがする。カルピスの量は一緒で水だけ増えていってる感じ。このままどんどん薄まって、ヘンな味の水みたいな人生を送ることになるのかな」

・・・読んでいて痛々しいです。親世代が読むとうちの子は大丈夫だろうかと心配になるかも。でも親世代はこの病のような思春期時代を無事に越えた方々です。そしてそのお子さんたちはあなた方の子どもです。ホルモンの影響などもあっておかしな言動が増える時期ではありますが、率直な話ができる雰囲気をつくり、子どもの言い分をよく聞いた上で、自分の子を信じること、決して大人の言い分や正論で頭ごなしにならないように話すことなどが、その後の信頼関係を築くのだろうと思います。

思春期のお子さんを持つ親御さんにもホメオパシーはお役に立ちます。おかしな言動が理解できないからと子どもを健康相談会に通わせる前に、是非一度、親御さん自身が相談してみてはいかがでしょう。親が変わると子も変わりますよ。

|

2012年3月15日 (木)

韓国釜山 古里原発 全電源喪失、1ヵ月隠す

どこでも同じようなことが起きていることに呆れるやら、腹立たしいやら・・・。あまり詳しい報道がされていないようなので、中でも詳しく報道していた13日の東京新聞を下記に転記します。釜山と九州・福岡は200kmしか離れておらず、お隣の国のこととのんきにしてはおれません。これまでにもたびたび故障が起きており、地元では閉鎖を求める動きが活発になっているとのことです。願わくばこれ以上の事故が起きる前に廃炉としていただきたいと考えます。

【ソウル=辻渕智之】韓国の国家機関、原子力安全委員会は十三日、韓国南部・釜山にある古里(コリ)原発1号機で定期点検期間中に外部電源が供給されず、非常発電機も作動しない事故が発生しながら、電力事業者の韓国水力原子力株式会社が一カ月以上報告しなかったと明らかにした。同委は十二日夜、事態を重視して今月四日から再稼働していた同機の停止を緊急指示した。

 同委によると、事故は二月九日午後八時ごろ発生。外部電源の供給は十二分後に復旧した。ただ、原子炉の稼働を停止した状態の点検中だったとはいえ、給電が途絶して原子炉や使用済み燃料プールの冷却に支障が出かねない事故だった。

 同委は事故が今月十二日まで隠蔽(いんぺい)され、報告されなかった点も問題視。韓国の原子力安全法は、原発施設の故障などの事実は遅滞なく同委に報告するよう定めており、同法違反の可能性もある。稼働停止の緊急指示を受け、同機は十三日午後十時ごろに完全停止する見込み。同委は原因究明のため、調査団を急きょ派遣した。

 古里1号機は二〇〇七年に三十年の設計寿命を終え、翌年から十年の運転延長に入った韓国で最も古い原発。九州・福岡まで約二百キロの距離にある。今回は十二~十五カ月ごとの定期点検で、核燃料棒交換とともに、同委は特に施設の経年劣化などを重点確認すると事前発表していた。

 地元釜山では、福島第一原発事故の発生から一年に合わせ、古里1号機の危険性を訴え、廃炉を求める集会やデモも開かれた。

<古里原発1号機> 韓国最初の商業用原発として1978年に運転を開始。これまでにも、たびたび故障が起きており、地元では閉鎖を求める動きが活発になっている。加圧水型軽水炉。出力58万7000キロワット。韓国南部の釜山中心部から北東約30キロの日本海沿岸にある。 

(東京新聞)

|

2012年3月10日 (土)

全国民に予防接種も、新型インフル特措法案決定(涙)

前回3/6の記事続報です。

政府は9日、強毒性の新型インフルエンザの流行に備えた特別措置法案を閣議決定し、衆院に提出した。自民、公明両党も同法案の内容に理解を示しており、今国会で成立する見通しだ。政府は公布後、1年以内の施行を目指している。

法案は、強毒性の新型インフルエンザの全国的な流行が「国民生活・経済に重大な影響を及ぼすおそれがある」と明記した。流行時には首相を本部長とする政府対策本部が、緊急事態を宣言するとし、深刻な流行が予想される場合には、同本部が予防接種の「対象者と期間」を定める規定も盛り込んだ。政府は最悪の場合、原則として全国民を対象とした予防接種実施を想定している。

都道府県知事の権限も強化する。具体的には、住民への外出自粛や学校の休校、集会の制限を要請できることや、医薬品や医療機器を取り扱う企業などが物資の売り渡しを拒否した場合、強制収用を可能にした。(2012年3月10日10時13分 読売オンラインより)

6日の読売新聞夕刊の一面記事に驚いて記事にしましたが、朝日新聞を購読している友人からはそのような記事の掲載はないと連絡を受け、再度、驚きました。読売で一面トップの記事が朝日には全く掲載されていない、この温度差はいったいどういうわけでしょう?そして震災から11日で一年になるこの時期に、どさくさに紛れるように閣議決定というのもいかがなものでしょう。

体内に異物を入れるワクチン接種には、重い副作用が懸念されます。そういうことの説明は十分といえず、有効性もはっきりしていないワクチンに血税を使って全国民分を用意することに疑問、というより疑惑を感じます。「健康に悪影響はない」などと政府に言われて、あなたは信用できますか?もし信用できないない、とお考えでしたら、下記のいくつかのサイトをお読みください。また接種に積極的な方にも、今一度白紙の状態で有益性と有害性について考えていただきたです。ワクチンとは何から作られ、どのような副作用があり、もし不幸にも重篤な副作用が出た場合などを想定外とせずに、ご自身、ご家族の納得できる決断をして欲しいと思います。

◆1990年にインフルエンザの集団接種が廃止されるきっかけとなった「前橋レポート」呼ばれている資料の全文が下記「カンガエルーネット」にて読めます↓

http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

◆浜六郎(NPO法人医薬ビジランスセンター/薬のチェック代表)の臨床副作用ノート~インフルワクチンは安全か?~には、インフルエンザ予防のための公衆衛生手段としてインフルエンザワクチンを使用することは不適当との結論に至った理由が示されています↓

http://medical-confidential.com/confidential/2011/06/post-252.html

◆またYouTubeにてワールド・ブロガー協会の「待って!そのワクチン本当に安全なの?」で大阪赤十字病院小児科医師の山本英彦氏、母里啓子氏の意見を聞くことができます↓

http://thinker-japan.com/medical.html

◆カナダのVRAN(Vaccination Risk Awareness Network)では、ワクチン未接種の子どもには、自閉症やADHD、アレルギーの子どもが少ないと書かれています↓

http://vran.org/

◆World Wide Health Center.netには、予防接種のリスクとその代替案としてホメオパシーが取り上げられています↓

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.worldwidehealthcenter.net/articles-261.html

◆前回もご紹介しましたが、知られざるワクチンの危険性について書かれています↓

http://thinker-japan.com/medical.html

|

2012年3月 6日 (火)

新型インフル、全国民に予防接種へ(!!)

タイトルは今日の読売新聞夕刊一面の見出しです。政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う(!!)方針を固めたという記事でした。2013年度に1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指し、9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だそうです。

悪夢としか思えません。これは1976年にアメリカで起きた新型(H1N1)インフルエンザ大流行事件と同様の状況になる可能性があります。

●新型インフルエンザ大流行事件の真相●

1976年、アメリカ軍基地内でインフルエンザに感染したとみられる若い兵士が一名死亡しました。死因を調べてみると、この兵士は新型のインフルエンザ(H1N1)に感染していることが判明しました。米政府は、WHO(世界保健機構)とCDC(米国疾病管理センター)と協力して、この新型インフルエンザが、全米・全世界に大流行すると警告、新型ウイルスに免疫のない全国民がワクチンを打つように当時のフォード大統領をはじめマスコミは、TVのCMまで使って大々的なキャンペーンを行いました。また当時のラムズフェルト国防長官は、全国民に対する法的強制接種に動き始めました。その結果、安全性を確かめないまま、4600万人の米国民が接種を受け、約4000人が重い副作用を起こし、50人以上が死亡したのです。その結果、ワクチン接種は即座に中止されました。

後にこの新型ウイルスの大流行を振り返ってみると、マスメディア・政府やWHOの大警戒をよそに実際に亡くなったのは、先ほどの若い兵士一名だけで、その死因も後の調査で判明したところによると、通常のA型インフルエンザでした。危険とされた新型インフルエンザウイルスの大流行そのものが、起きていなかったのです・・・(涙)

「ワクチンでインフルエンザは予防できない」とは、厚生労働省の管轄である国立感染症研究所の公式見解です。WHOも「新型インフルエンザワクチンに関して有効とするデータはない」との見解を示しています。にもかかわらず全国民に接種する意味、というか意図とはなんなのでしょう?

これだけ科学が進んでいるのに、病気はなくなるどころか増えるばかりです。そしてさらに新しいワクチンや薬が市場に出ていきます。この市場に関して、大変興味深い事実があります。投資家のための投資市場予測専門家の資料によれば、世界のワクチン市場は今後わずか数年以内に世界中で今の倍の量のワクチンが市場に流通する準備が製薬業界で進行中であり、それはおよそ4兆円の売り上げになります。

ワクチンに関してもっと詳しく知りたい方は是非、下記のTHINKERをお読みください。

http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »