« 四十肩なう | トップページ | ガンは自分で治せる、治さなければいけない »

2012年2月 8日 (水)

続・四十肩

先日書いた四十肩の記事を読んだ友人がメールをくれました。

しつこい痛みに悩んでいた友人は、ビワの葉とこんにゃく温湿布で驚くほど痛みが改善したとのこと。でしょ、でしょ!私の四十肩もレメディーとビワこんにゃく温湿布を10日間続けたところ、ほとんど痛みを意識しなくなりました。それまで右側を下にして寝れなかった点も改善され、これまでで一番よい経過をたどっています。

別の友人からは、イタリアのアッシジで知り合ったスピリチュアル・カウンセラーから習った手当て法を知らせてくれました。

朝、布団の中で耳たぶをつまみ、前回しで12回、後ろ回しに12回、回すだけで胸の動脈の血流がよくなり四十肩が治る?らしいです。

四十肩関連ではありませんが、友人宅に、京都で自給自足する若杉友子ばあちゃんが料理教室をするというお誘いメールもありました。とうに70歳を越えて、白髪なし、メガネなし、補聴器なし、スクワット70回、縄跳びも100回位は飛べるというスーパーおばあちゃんは、全国を駆け巡って料理教室をやっているそうです。著書を読むと、玄米は高圧の圧力釜で炊くと血液が酸化するとか、常に食べてよい野菜ににんじんやゴボウ、れんこん、かぼちゃが入っていなかったり、マクロビアン(マクロビオティック実践者)が読んだらビックリしそうな内容が書かれています。ばあちゃんの言わんとすることは理解できるけど、常に食べていい野菜がふきのとう、よもぎ、たんぽぽ、じねんじょ、山ごぼうでは、都会に住む我々はどうしたらよいのでしょう? 野草料理を習いながら、是非、そのあたりのことを聞いてみたいと思うのですが・・・都合がつき、参加出来たらご報告したいと思います。

|

« 四十肩なう | トップページ | ガンは自分で治せる、治さなければいけない »