« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月18日 (土)

和食を世界無形文化遺産に

文化審議会文化財分科会がユネスコの世界無形文化遺産に「和食;日本人の伝統的な食文化」を提案することを決めました。関係省庁連絡会議での正式決定を経て、3月末までにユネスコに提出され、早ければ2013年に登録されるようです。

常々、和食は文化遺産だと感じていたので、あまりの嬉しさにさっそく記事にしました。

日本の伝統食は、戦後に乱れ始め、たった60年あまりですっかり忘れ去られたようにも感じます。一度失われてしまった文化を取り戻すことは容易なことではありません。祖母から母、そして娘へと日々の生活の中でしか伝えることはできず、一度そのサイクルからひとりが離脱すると、その子孫には伝わるはずの家庭遺産が失われることになります。昔は手前味噌といった、各家庭独自の食文化がありました。味噌や梅干し、たくあん、白菜漬け。震災以降、それらを手作りする家庭が増えていると聞きます。

また最近は、パンは食べたい、でもそれを小麦ではなく伝統食品である地粉を使ったり、ドライイーストやレーズン酵母に頼らないパン作りをする試みもあります。

日本人のからだをつくり、国を繁栄させてきたのは、伝統的な和食です。みなさんも是非、和食回帰いたしましょう!!

|

アートな話

本日はラフォーレ原宿で開かれている写真家の蜷川実花さんと母でキルト作家の宏子さんの二人展(~19日まで)に、母とふたりででかけました。映画やファッション誌でおなじみの実花さんの鮮やかで華やかな写真は、母の色彩感覚遺伝子の影響に違いない、と感じさせる息のあった作品の数々でした。私の母もパッチワークをやっていたので、以前は、古裂パッチワークの山口怜子さんの作品展などによく足を運んだのですが、最近では久しぶりのことになります。

ちょうど前日は読売新聞で、現代美術家・作家の草間彌生さんの回顧展が4カ国(スペイン・フランス・イギリス・アメリカ)で巡回しているという記事を読み、これは行くことがかなわないが、国内展「永遠の永遠の永遠」(4/14~埼玉県立近代美術館)には足を運ぼうかなと思ったところで、どういうわけかアートなこの頃です。

昨秋にも、年の離れた友人が出店するというので、ビッグサイトで行われたデザインフェスタ(アマチュアの手仕事愛好家による作品展)に出かけたのですが、それはそれは大盛況で、一日いても飽きないくらい楽しかったです。やはりアートには人を明るく、ハイにさせるパワーがあるのでしょうか。

草間さんといえば無数の水玉(ドット)のモチーフで知られていますが、実は、少女時代から悩まされる幻覚や幻視による恐怖を鎮める手段、またそれらを描きとめたものだそうです。作品全体を水玉で埋め尽くす儀式によって、作品に描かれる自然や宇宙と一体化し、病める肉体から解放されるのでしょうか。そういったごく個人的な儀式によって描かれた作品は、内外で高く評価され、収集家も多く、またアンディー・ウォーホールや村上隆といった現代美術家に大きな影響を与えています。

草間さん以外にも病や障がいを抱え、その苦しみや痛みをアートに昇華する芸術家は少なくありません。ダウン症の女流書家・金澤翔子さんや盲目のピアニスト・辻井信行さんもそうですね。彼らには、我々が持っていても気づくことのできない秘めた才能を引き出す才能?があるのかもしれませんね。

また特に芸術の教育や訓練を受けず、既成の芸術の流派や傾向、手法にとらわれないアートのことをアウトサイダー・アートと呼んだりしますが、デザフェスの方々もある種のアウトサイダー・アーティストといえるでしょう。

この春は、今まで足が向かわなかった小さな展覧会や正統派ではない美術展にもでかけてみませんか。未知のワクワク感に出会えるかもしれません。お勧めは、学生さんの卒業展。光を放つ前の原石を見つけることができるかも・・・。レンブラントや阿修羅像ばかりが芸術ではありませんよ~

|

2012年2月11日 (土)

ガンは自分で治せる、治さなければいけない

R0012604本日のタイトル「ガンは自分で治せる、治さなければいけない」と語ったのは免疫学者の安保徹先生です。著書である「未来免疫学」や「医療が病をつくる」などで、現代医療の限界や対処療法はやり過ぎると治癒を妨げるという医師としては率直すぎる発言に驚くとともに信頼を寄せてきました。

安保先生同様、対処療法のやり過ぎに対する警告本?の宣伝広告を今朝の新聞に見つけました。それが写真の「大往生したけりゃ医療とかかわるな(中村仁一医師著、幻冬舎新書ベストセラー)」です。病気と死にまつわる衝撃の真実、現役医師が提言「死」が怖くなくなる老い方、死ぬのは「がん」に限る。ただし治療はせずに・・・とのコピー。目次の中にも、本人に治せないものを他人である医者に治せるはずがないと書かれています。

やっぱりガンは自分で治すものなのですね。

スキルス性胃ガンから生還した中山武氏(著書「ガンがゆっくり消えていく」)によると、ガン再発防止のためにやってはいけないいくつかのことがあります。ガンだけでなく、病気の人すべてに当てはまることかもしれません。耳の痛い内容ですが、日頃から注意したいことでもあります。参考までに下記にまとめます。

①ガンを隠したがる

②マイナス思考

③自己中心的

④誰かにすがりつく

⑤考えを変えない

⑥あせる

⑦嫌な話が聞けない

⑧人のせいにする

⑨生きる望みを失う 

以上9項目。みなさん、当てはまるものはありませんでしたか?

|

2012年2月 8日 (水)

続・四十肩

先日書いた四十肩の記事を読んだ友人がメールをくれました。

しつこい痛みに悩んでいた友人は、ビワの葉とこんにゃく温湿布で驚くほど痛みが改善したとのこと。でしょ、でしょ!私の四十肩もレメディーとビワこんにゃく温湿布を10日間続けたところ、ほとんど痛みを意識しなくなりました。それまで右側を下にして寝れなかった点も改善され、これまでで一番よい経過をたどっています。

別の友人からは、イタリアのアッシジで知り合ったスピリチュアル・カウンセラーから習った手当て法を知らせてくれました。

朝、布団の中で耳たぶをつまみ、前回しで12回、後ろ回しに12回、回すだけで胸の動脈の血流がよくなり四十肩が治る?らしいです。

四十肩関連ではありませんが、友人宅に、京都で自給自足する若杉友子ばあちゃんが料理教室をするというお誘いメールもありました。とうに70歳を越えて、白髪なし、メガネなし、補聴器なし、スクワット70回、縄跳びも100回位は飛べるというスーパーおばあちゃんは、全国を駆け巡って料理教室をやっているそうです。著書を読むと、玄米は高圧の圧力釜で炊くと血液が酸化するとか、常に食べてよい野菜ににんじんやゴボウ、れんこん、かぼちゃが入っていなかったり、マクロビアン(マクロビオティック実践者)が読んだらビックリしそうな内容が書かれています。ばあちゃんの言わんとすることは理解できるけど、常に食べていい野菜がふきのとう、よもぎ、たんぽぽ、じねんじょ、山ごぼうでは、都会に住む我々はどうしたらよいのでしょう? 野草料理を習いながら、是非、そのあたりのことを聞いてみたいと思うのですが・・・都合がつき、参加出来たらご報告したいと思います。

|

2012年2月 3日 (金)

四十肩なう

一昨日、味噌を仕込みました。今からできあがりが楽しみです♪

さて、本日は我が持病、四十肩についてです。数年前に一度やっているのですが、そのときは痛みで着替える、特に腕をクロスする動作やつり革につかまることが困難で、そんな動きをしようものなら、背中や肩に鋭い痛みがビビっと走りました。ブラも全てをフロントホックに買い替えようかとまで考えました(笑)。

実は、母も同じ症状に5年以上苦しんだのを見ていたので、やっぱり体質は似るのね~と改めて感じました。そして子どもに成長痛があるように、老年期?にさしかかった私の肉体も変化をしているんだな、と自分なりに納得していました。ただホメオパシーを知らなかった母と違って、幸運にもレメディーという強い味方があるのでいろいろ試しました。その結果、半年ほどで症状は軽くなりました。それでも左側を下にして熟睡できるようになるには、1年ほどかかってしまいました。

母は患っていた当時、鍼灸や指圧、整体などに通っていましたが、行った直後は症状が軽くなるものの、治るということはありませんでした。とはいえ少しでも楽になるならとずいぶん長いこと、通院を続けていました。私も試しに通院してみましたが、望むような効果は得られませんでした。

そこで友人がすすめる生姜湿布を試したのですが、これも効果的ではありませんでした。しかしこれはやり方が間違っていたことが後に判明。残念なことに気づくのが遅く、本当の効果を知ることが出来ず仕舞いになっていました。

そして1週間前から、今度は右側の四十肩が再来。これはヤバイ。右利きなので生活に支障がでては困るな~という思いとやってくるものは受け入れるしかないな~との狭間にいるとき、はたと思いだしたのが手当て法です。前回試せなかった湿布をやってみようと思い立ち、ビワの葉を当ててこんにゃく温湿布をしてみました。これが思いのほか気持ちよく、まるで温泉につかっているかのようで、この1週間、毎晩寝る前に試したところ、日に日に痛みが和らいでいます。

レメディー×手当て法の相乗効果で、最短の改善記録をつくりたいと考えています。

手当て法なんて古臭いと思われるかもしれませんが、ホメオパシー同様、消えることなく伝承されてきた先人の知恵は馬鹿にしたものではありません。多くの人がその恩恵を受けたからこそ今も存在するわけで、ブームになっては消えていく○○健康法よりよほど信頼できます。

ただ本で読んだり、人に聞いただけだと効果的な正しい方法が行えていないばかりか、どこが間違っているかも分からないまま、効果がないと感じて止めてしまうこともあるでしょう。できれば実践者について手とり足とり教えていただくのがよいでしょう。新しい講座でもその機会が設けられるとよいのですが、時間や設備の都合上難しいかな。受講者の意見も取り入れながら、考慮してみたいと思います。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »