« もう買い物で人は幸せになれない | トップページ | 四十肩なう »

2011年12月29日 (木)

35年間末期ガンって・・・

先月末、国立がん研究センターが約8万人を対象にした約10年におよぶ追跡調査で、赤肉(牛や豚肉)を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが上がるとの調査をまとめました。世界がん研究基金とアメリカのがん研究協会が報告している内容であり、すでに多くの方が当たり前に考えていることのように思いますが、大規模な調査により日本においても高リスクが裏付けられたことになります。

調査は岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45~74歳の男女約8万人で、1995~2006年までを追跡しています。このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられたそうです。

何を食べたかが肉体に現れるということは、このブログでも語ってきました。ホメオパシーに頼る前に、食生活を正すことが健康への近道であるということも。私自身、えらそーなことは言えませんが、それでも少しは料理の腕を上げ、食生活を正したいとの思いから今年は食と言うキーワードでアンテナをはっていました。そんな中、新しい出会いがあり、食を変えることで乳がんを克服した方にめぐり会いました。また末期ガンで余命を告知されたにもかかわらず、35年間状態が変わらず、ず~っと末期ガンであるとおっしゃる方も食を変えたことがよい結果につながったと伺いました(食だけじゃないでしょうけど)。

友人に話すと、「35年間ガンがよくなっていない」と言うのですが、ガンが悪さをせず、普通に暮らせていることがスゴいと思います。個人的には、ガンというのはその方の個性のように感じられ、体質や性格のようになくならないと考えています。なので、「ガンと闘う」という言葉を聞くとどうも違和感があります。ガンも自分の一部であって、自分と闘うという構図がしっくりこないのです。

平和の反対語は戦争ですが、意識がガンと闘うと宣戦布告すれば、ひとつの体の中で戦争になります。それよりガンは個性と受け止め、まるごと自分であると受け入れたほうが肉体と精神の平和につながるのではないでしょうか。

病に悩む多くの人は、その病をいかに治すかを懸命に考えますが、なぜ病に至ったのかを考えていないように思います。病になる原因(医学的な原因ではありません)がわかれば、まずそれを取り除くことからはじめればよいわけです。そして多くの場合、命をつかさどる大切な食生活がないがしろににされていることが多いようです。もちろん食以外にも、ショックや失望、恐怖、憎しみ、悲しみなどの感情やストレスも原因になるでしょう。

乳ガンの方は両親をずっと恨んでいたとおっしゃっていました。本来愛すべき家族を今も恨み続けていたら、きっとガンはよくなっていなかったでしょう。食を正し、恨む気持ちを手放してこそ健康が取り戻せたのだと感じます。

食の問題は肉食に限ったことではありません。農薬や添加物、放射線照射、遺伝子組み換えなどなど、便利でお手軽な食品に安易に頼る生活を来年こそは変えてみませんか?そして病気になってから考えるのではなく、病気になる前に考えておく=病気にならないように行動しておく・・という思考にシフトしませんか?

|

« もう買い物で人は幸せになれない | トップページ | 四十肩なう »