« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

予見されていた炉心溶融

R0012518R0012514R0012512





本日はお天気もよく、絶好の紅葉狩り日よりでした。とはいえ、今年は寒暖差が少ないため、紅葉が遅れているようです。もみじだけでなく、珍しい11月桜も咲いており(中央写真)、美しい八重を撮ったつもりが、ボケボケで残念!他にも花の少ない時期なのに、さまざまな花を見ることができました。

さて本日は、夕方から放送されたTBS「報道特集~告白・私が東電を辞めたワケ・・・予見されていた炉心溶融」についてです。電力マンの虎の穴と呼ばれる東電学園(07年に閉園)から叩き上げ、福島原発で働いてきた技術者が東電を辞めた理由、それは彼が現役時代に目撃した事故によります。福島原発では以前にも冷却装置の動力である非常用ディーゼル発電機が、ひざ丈まで水に浸かる事故がありました。ってそんなことがあったの?というほど何も知らないことにビックリします。そこで彼は上司に、津波が起こった際の動力確保について進言しますが、その件はタブーであると告げられます。その後、福島の山奥で原発反対運動をする方(40年間東電から電力を買わずに自家発電をしており、地元では原人と呼ばれているらしい)と出会い、彼は東電を去る決断をしました。

彼は04年スマトラ沖地震で起こった津波被害の際にも、地元の機関誌に津波による原発の危険性について寄稿しています。それらが今回の事故に活かされることがなく、大変残に思います。その時点で国や東電が思慮深く考えを巡らせていたら、この人災を少しは軽減できたのではないかと・・・。

彼は福島原発事故後に熊本に移住し、現在は畑を耕し、自家発電などのコンサルタント業をしています。また仲間とともに、農業用水などを利用して行う小水力発電に取り組んでいるそうです。そういえば以前新聞で、熊本県では電力の地産地消を目指す政策に取り組んでいるという記事を読んだように思います。

彼は東電を辞め、現在の生活を「気持ちいい」と表現しました。従来のエネルギーにどっぷり依存して生きるより、多少不自由でもクリーンエネルギーに移行し、自然とともに生きることを選んだ潔さ、ステキです。

今朝の読売新聞には、三陸から房総沖で、津波を伴うM8級の境界地震が今後30年以内に起こる確率は30%となったと書かれていました。地震や津波は人命が失われるだけでなく、そこに住む人々から故郷や職や財産などをもろとも奪うものです。回避できない自然災害ですが、原発事故は避けることができます。今回も自然災害だけなら、これほどまで広い地域に被害が広がらず、また長期化せずに済んだはずです。今も終息しない福島原発の影響は、今後廃炉になっても、人体に影響がなくなるまでには10万年もの年月が必要となります。目にも見えず、痛くもかゆくもないからこそ恐ろしいし、人間にはコントロールできないものであると認識し、厳しい決断をするべきときではないでしょうか。


|

2011年11月16日 (水)

長年の確執に変化がみられた体験談

今日はクライアントさんよりうれしい報告があったので、ブログ掲載の許可をいただきました。

クライアントの女性は、思春期だった息子さんとの間にできた確執に苦しんでいました。よかれと思って行動したことが、息子さんを追いつめたことに気づかず、できてしまった深い溝を埋めることがないまま時が流れてしまいました。

健康相談会を続けるうちに、自分と夫、自分と父・母との問題にも気づきがありました。そして今日は、

「いい人を続けていたが、実はずっと我慢していた。息子は自分の代わりに暴れていたのかもしれない」

と話されました。いい人というのは、子ども時代に親の愛情を感じることができず、いい子でいることが愛情を獲得する手段であり、そうせざるを得なかったようです。

そしてこれまで十分に伝えてこれなかった「君のことが大事である」「君は君のままでいい」というメッセージ(実は女性自身が親から言って欲しかった言葉なのかも)を死ぬまでには伝えたいと願っていたことが、ひょんなきっかけで伝えることができたと伺いました。

もちろん今日に至るまでには紆余曲折がありましたが、女性の変化によって息子さんの頑なな心が少し融けたのでしょうか。今は態度が穏やかになり、思いやるのある声かけをしてくれるようになったそうです。

ホメオパシーを続けていると、こんな感情や精神の変化に立ち会うことができ、まれに性格までもが変わってしまったというケースに出会うこともあります。これが大きな魅力であり、飽きっぽい私が続けてこられた理由かもしれません。

私たちはトラブルは外からやってくるものだと考えがちです。イラっとするのは、他人の言動によって引き起こされたものであり、面倒事は持ちこまれる不快なもの。相談会当初、この女性も問題は息子さん自身や無関心な夫にあると考えていました。しかし彼女は気づきました。子どもは自分を映す鏡であることに。そして自分が変わることが家族に大きな影響を与えることも。

「今がゴールではない、ここから始める」とも力強く話されました。そう語る姿には、以前のあきらめや優柔不断さはまったくありません。そういえば主訴のひとつは優柔不断でした。ということは主訴クリアかしら。なんだかこちらまで嬉しくなる相談会でした。

そういえば最近、息子を持つお母さんからの相談が増えているのは、私にも息子がいるからなのか? そういうご縁なのか? 息子さんの問題を抱える相談、よろこんで承ります!!

|

2011年11月 3日 (木)

台所に帰ろう!・・・③

R0012485本日昼食の献立は、天然酵母のパン(かぼちゃ・にんじん・ほうれん草の3種類)、豆乳のホワイトシチュー、車麩とベジミートのおもてなしバーグ、皮つきフライドポテト、あまり野菜のおやきなどを総勢11名で2時間半かけて作りました。これをひとりで作ると考えると気が遠くなりますが、手分けして作るとあっという間にできちゃうんですね~。昔、「♪ママの手は魔法の手、なんでもできちゃう不思議な手、どうして上手にできるのかな?ママ、ママ、ママの手は魔法の手~」というCMソングがありましたが、手際良くどんどんお料理ができていく過程は、魔法とはいいませんがマジックのようでした。

肉もルウも使用していませんが、たっぷりの手間とママさんたちの愛情たっぷりのお料理が美味しくないはずありません。これほどの品数を毎日揃えることは無理ですが、今後もできる限り手作りを心がけたいと思います。

3回続いたタイトル「台所に帰ろう」は、先日さいたま市で行われた東城百合子先生の講演会「健康は手作りの食卓から」のお話から拝借させていただきました。

以前に「用を雑にしたとき、初めて雑用が生まれる」ということを書きましたが、料理や家事も雑にすればそれが雑用になります。東城先生も「手抜きは心抜き」とおっしゃいました。そして「掃除・洗濯・料理とは生きることである」とも。その生きることを雑にすれば、すなわち自分の人生が雑で手抜きになるわけです。

何をどう食べたかは、自分の肉体にそのまま現れます。食べたもの=自分なのです。健康でありたいと願うのならば、まずは台所に帰ることからはじめませんか?

※東城百合子先生は重症の肺結核を玄米を主とした菜食と自然療法によって克服。87歳の現在も栄養教室、講演活動に力を注がれています。「家庭でできる自然療法」など著書多数。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »