« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

台所に帰ろう!・・・②

(昨日の続き)

そういえば肉食に対する嫌悪の記憶を思い出しました。昔読んだクライブ・バーガーという作家の短編に、監禁した人間の食を断ち、飢餓の状態にさせてから腐った牛肉を与えるという描写がありました。人間のプライドや理性が生存や食欲の前ではいとも簡単に打ち砕かれるという瞬間を傍観する男の話でした。肉から漂う腐敗臭まで感じられ、肉食自体を嫌悪する感覚になった覚えがあります。とはいえ、まだ若かったのでこれでベジタリアンになろうとまでは思いませんでしたけど。

さて、肉好きの家族のためにさまざまな肉もどきを試しました。ベジミートやらテンぺ、車麩、おから、時に大豆や豆腐をすり鉢ですったり、オートミールで代用したりもしましたが、多くの場合は不評でした。しかしもともと野菜好きだったので、野菜のレパートリーが増えることは歓迎されました。考えてみると、なんとか肉に代わるものを作らねば、という思いが強すぎたようです。

私の友人や知人の中にも同様の思いが強すぎて外食ができない、友人と会うことが面倒になった(友人に気を使わせたくはないけど、自分の主義も曲げたくない・なぜベジタリアンになったかを説明するのが面倒など)、その果てに食べるものがなくなった、友人がいなくなり精神的に追いつめられたなどという声をかなり聞いていたので、あまりのめり込まないように、また料理自体を嫌いにならない程度に、今もユルユル続けています。

さて、なぜこんな話をしたかというと、震災を経験したことで家庭生活が見直されていると感じるからです。旦那さんの帰りが早くなった、家族の会話が増えた、料理教室に通い始めた、保存食を手作りしたという話を最近よく耳にします。食の安全に関しても、震災以前よりも関心が高まっています。出来る限り信頼できる食材を家庭で調理することで不安を解消することもできます。そして多くのストレスにさらされる旦那さんやお子さんに、家に帰ればお母さんの手作りのあたたかいご飯が待っている、これだけで元気になれますよね。スーパーには冷凍やお惣菜といった手軽な食品が山と売られています。そんなものより、たとえ多少の手を抜いても手作りが何よりのごちそうではないでしょうか。

|

2011年10月27日 (木)

台所に帰ろう!・・・①

今朝のことです。学園祭の打ち合わせをマ●ク(某有名ファストフード店)でするから弁当はいらないと言った息子が、両親の弁当を見て、「やっぱ弁当の方がよかったかな」と言いました。それを聞いて母(私)狂喜乱舞♪

つまり母特製弁当がマ●クに勝ったのです。いまどきの高校生が友人と食べるハンバーガーではなく、弁当を選んでくれた。それは料理コンプレックスの私的にはかなりうれしい一言です。その上、我が家の弁当は肉が使われていません。

クライアントさんや講座受講者の方の中には知っている方もいると思いますが、私はほぼベジタリアン(ほぼベジと呼んでいます)です。菜食主義というほどの主義主張はなく、ただ肉食の必要性を感じないので食べないという感じです。

肉から離れたのは、BSEが話題となったころからです。実はその後、BSEの原因といわれる肉骨粉が英国で私用され始めた時期が1980~1996年であることから、その期間に1日でも英国に滞在した人は、国内において変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の予防の措置として献血ができない(厚生労働省のHPでは「ご遠慮いただく」とありましたが、この措置も平成22年1月に通算1ヵ月以上の滞在者に見直されました)と聞き、軽いショックを受けました。その際に、牛肉を食べるという行為が感覚や直感的に違うような、軽い拒否する気持ちが湧きました。だからといってまったく食べなかったわけではなく、外食事にはたまに食べましたが、わざわざ買うことはなくなりました。

その後も鶏肉や豚肉は量を減らしつつも食べていました。しかし自然療法をあれこれ学ぶうちに、できることならベジタリアンになりたいと考えるようになりました。ただ育ち盛りの息子や「外食で寿司以外の魚に金は払わん」くらいの勢いで肉好きの旦那さんをどう納得させるかが課題でした。

(次回に続く)

|

2011年10月25日 (火)

みんなで決めよう「原発」国民投票

このブログを始めた当初は、ホメオパシーの情報を提供することだけを目的としていました。最近では原発の話題が多くなり過ぎですね~、といいつつ本日も原発のお話です。

最新号(2011秋冬号)の「通販生活」(←我が家の掃除機も炊飯器もクローゼットの引き出しもバランスチェアーもカタログハウス発行の通販生活で購入・・・結構ファンと言えなくもない)の表紙は美しい緑の日本地図上に54基の原発の図柄、そして「一日も早く原発国民投票を」という赤字に続き、「原発は安全だ心配ないと言ってメルトダウンを惹き起こした電力会社べったりの経産省、過去と現在の与党に、原発の将来を決定する権利なんてあるんだろうか・・」と綴られていました。

特集のひとつでは、落合恵子さんと河野太郎さんが対談しており、「原発が危険か安全かという話ではなく、核のごみの処分方法が決まっていないのだから原発を止めるのが筋です」とごもっともな文面に、「そうでしょ、そうよね~」とひとりごとを言ってしまいました。

市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」は、脱原発または原発推進を呼びかけるものではなく、原発の是非を有権者が決める「原発国民投票」を実現させることを目標としているそうです。そしてそのために必要な法案制定を国会に求めており、現在署名を集めています。ということで、ここでも広く署名にご協力いただきたく記事にしました。

詳しくは今井一著「原発国民投票(集英社新書)」もしくは下記にアクセス願います。

http://kokumintohyo.com/

|

2011年10月20日 (木)

予防接種に関する体験談

先日行われた「ホメオパシー国際カンファレンス」で、予防接種を学校や教育委員会から強く勧められた方の体験談を聞く機会がありました。ホメオパシーに関する体験談ではありませんが、同じような状況の方にはお役に立つこともあるかと思います。

発表者はCHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)のファミリーホメオパスコースを受講されている方で、ふたりのお子さんのお母さんです。お母さんはお子さんのアレルギーについてホメオパシー健康相談会を利用し、激しい好転反応を体験しました。そのたびに、母親の主義主張で子どもに辛い自然療法を強いているのではないかと悩み、ご自身を責めた時期もあったそうです。しかしお子さんは強い自己治癒力によって症状を乗り越え、お母さんは家族のホメオパスとなるべく勉強を始められました。

予防接種については多くの情報を集め、必ずしも予防できないばかりか、予防のつもりが重い被害に遭うこともあると知り、接種を控えることにしました。しかし突然学校側から、接種していないことを指摘され、数日後にお子さんを伴って接種のために指定場所へ来るようにと言われたそうです。

お母さんは、「都合が悪いと言ってやり過ごそうか、それとも指定日に急に体調が悪くなったことにしようか・・」などの考えが駆け巡ったそうです。返答に困ると、先方から校長と保健師が連れていくと提案がされました。これまで接種しないできたものを他人に任せられるわけがありません。また今回はうまく逃げ通せたとしても、接種しない限り同じ状況は繰り返されるでしょう。お母さんは教育委員会に自ら出向き、予防接種に対する考えや気持ちを率直に話しました。接種は100%安全が確約されたものでない、そのことが怖くてたまらないこと、接種しないのはネグレクトではなく、家族で考えに考えた末の決断であること・・。お母さんは当日、子どもの患者発生がゼロであることや重い副作用に関する資料を沢山集めて持参していました。しかしお母さんの子どもを守りたいという熱意が伝わったのか、その資料を提示することなく、接種しないことが認められたそうです。

予防接種の情報は集めるほどに、知るほどに迷ってしまう難しい問題です。副作用の情報も一本化されいないばかりか、副作用の情報公開や因果関係判定の難しさなど、判断に悩むような問題も多いです。それでも親である限り、子どもの命を守ることが最優先です。ではまず何をすべきか?それには事実を知ることが重要だと考えます。接種する、しないの判断は各家庭の責任において自由かつ認められる社会であって欲しいと切に願います。

|

2011年10月 4日 (火)

電磁波の影響で肉体に異変

友人との会話で、パソコンのマウス操作中に右手人差し指が冷たくなるのは私だけじゃないと知りました。以前から操作中にどうも痺れるような感覚と指先の冷えを感じていました。携帯電話でも同様の感覚があり、やはり気のせいではなかったようです。

電磁波の影響については、健康被害を示唆する研究結果や訴訟なども起きています。自然界に存在しない電磁波がこれほど利用されたことはかつてなく、健康への影響も未知であるにもかかわらず、すでに全世界で50億人以上が携帯電話を利用しているといわれています。

総務省では携帯電話と携帯電話基地局のアンテナとを中継する電波は国の基準値以下で、「健康に影響はない」(←どこかで聞いたことのあるセリフですね~)としています。

それでも家族の健康状態に異変が起きたというご家族の記事を読売新聞で読みました(日付不明ですが、「医療ルネサンスNo.5162」です)。要約すると・・・

那覇市にある10階建てのマンションに住む内科医の家族6人は、屋上にある携帯電話基地局のアンテナ(800メガ・ヘルツ用)を気に留めていなかった。ところが携帯電話会社が2ギカ・ヘルツの電波に対応するアンテナを増設した後、家族に次々と異変が起こった。長女と三女が繰り返し鼻血を出し、二女は耳鳴りと日中の睡魔、長男には1分間に200回の頻脈や不整脈、内科医はひどい頭痛と不眠、看護師の妻はめまい・耳鳴りに加え肩の痛みが悪化した。

これだけ聞いたら、何かの呪い?(笑)とも思え、人によってはお払いしたくなるような状況です。

大学で細胞や遺伝子の研究を長く続けていた内科医は、「自然界に存在しない電磁波が、人体の神経細胞の電気の流れを乱し、体調不良を招いても不思議はない」と判断し、転居を決意。転居後、家族全員の症状が落ち着いたということです。

基地局の電波の強さは法律で規制されいますが、だからといって遵守された電波が健康を脅かさないとは限りません。結局マンションの他の居住者の健康が気がかりだった内科医夫妻は、全世帯を回って病歴などを詳細に聞き取り、基地局に近い高層階を中心にだるさ、意識障害、鼻血など170件の症状を確認。このうち121件は、新たなアンテナ増設後の電波出力の増加が原因であると突き止めました。その後、マンションの理事会で設置契約を更新しないことを決め、アンテナは撤去されました。3ヶ月後、夫妻は再び全世帯の健康調査を実施し、症状は8分の1に減り、10件あった鼻血は0件になったそうです。

内科医は「調査結果は国の基準値以下の電磁波でも健康被害が起こりうることを示している。国や業者は設置場所の再考や、基準値の見直しを進めるべきだ」と訴えています。

お宅のマンションの屋上にアンテナはありませんか?原因不明の鼻血が頻回に出ていませんか?

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »