« 子宮頸がん予防ワクチン接種後の死亡例(追記) | トップページ | 電磁波の影響で肉体に異変 »

2011年9月20日 (火)

過去最大規模「さよなら原発集会」

福島第一原発の事故を受け、作家の大江健三郎氏らの呼びかけで、脱原発を訴える「さよなら原発集会」とデモが東京・明治公園で開催されました。主催者発表約6万人(警察は約2万6000人←どうしてこれほどまでに開きがあるのか不思議??)が参加し、脱原発を訴える集会としては過去最大規模になりました。もちろん私も6万分の1人として、熱気あふれる明治公園にいました・・・といってもあまりの大混雑で会場に入ることはできませんでしたが。

これまで原発に反対する気持ちはありましたが、これといった行動はしてきませんでした。そしてあの大事故が起ったとき、何もしてこなかったことに大きな後悔を感じました。私一人が反対に加わっても大勢に大きな影響はないというあきらめの思いと、どこかで自分の生きている時代に歴史に残る大災害は起こらないという根拠のない安心感のうえで生活していました。しかし震災は起こり、そして避けることのできた最悪の原発事故は起こったのです。

昨日の集会檀上では、武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)が、

「目には見えない放射能が降り注ぎ、私たちは被爆者となりました。・・・毎日毎日、いやおうなく迫られる決断。『逃げる、逃げない』、『食べる、食べない』、『子どもにマスクをさせる、させない』、『洗濯物を外に干す、干さない』、『何かにモノ申す、黙る』さまざまな苦渋の選択がありました」と語り、政府交渉、疎開裁判、非難、保養、除染、測定など福島県の人々の起こすアクションに注目してほしいと訴えました。

今後は子どもたちの健康被害やその補償問題など解決の難しい問題が次々とでてくるでしょう。安全と言っている政治家や親世代が亡くなった後に発覚する問題もあるかもしれません。何しろ相手は生物に対して影響が失われるまでに10万年もの年月を必要とする放射能です。目に見えず、痛くもかゆくもありませんが、安全な数値など存在せず、確実にDNAを傷つける危険極まりない物質です。福島の現状を考えると、地震大国の日本に54基もの原発が存在すること自体正気の沙汰とは思えません。

昨日の報道ステーションに出演した作家の高村薫さんも

「すでに失われしまったものは、何兆円を投じても戻らない。お金で道路は作れるが、そこに人々が戻るかは分からない。日本人が思い描く自然や風景は失われ、土くれから変わってしまった。経済への影響はどうあれ、原発はやってはいけないこと。今は厳しい選択(脱原発)こそが希望につながる」と語っていましたが、同感です。

そして物事に対して違和感を感じたら、それを忘れずにいること。大多数の意見に安易に同調し、流されてはいけない。過去、この国は違和感を口にすることがはばかられ、大きな流れにモノ申すこともできず、戦争へと突き進んだ歴史を持ちます。その過去を教訓に、違和感を表現する、モノ申す存在でありたいと考えるようになりました。個人は小さな存在ですが、大河も一滴からです。これを読んでくださる人にデモに参加しろとは申しません。でも少しでも違和感を感じるのであれば、まずは1000万人署名から検討してはいかがでしょう。

それにしても過去最大規模の集会にもかかわらず、報道の少なさにビックリです。テレビでは約1分程度、別の番組でも3分位でした。新聞紙面も、読売ではたった1段(4×11cm)、大きく取り上げた東京新聞は紙面の4分の1でした。数万人単位の人の集まりはかなり大きな出来事だと思うのですが・・・??

|

« 子宮頸がん予防ワクチン接種後の死亡例(追記) | トップページ | 電磁波の影響で肉体に異変 »