« 100000年後の安全 | トップページ | それってお子さんの問題ですか? »

2011年8月22日 (月)

常識を疑え・・・②(追記)

以前に同じタイトルで記事を書きましたが、常識が疑えきれていなかったのは自分自身であると、最近になって気づきました。

ホメオパスの友人が集まった折、子ども時代におしり(臀部)に注射を打ったかどうか、という話題になりました。私の子ども時代は注射といえばおしりに打つもの、というほど腕よりおしりに打たれたものです。当時は薬を処方されるより、注射が多用されており、同年代なら誰でも同じ状況であると思いこんでいました。

つまりこれが、私が信じていた世の常(常識)。しかし話を聞いてみると、5人中4人が尻などに打っていないとのこと! 地域性ではないか?、医師の好み?、腕より痛みを感じにくい?、私の小学生時代からの腰痛はそれが原因ではないか?という話にまで発展するも真相はやぶの中。分かったのは、私が人よりたくさん注射をしているという事実。

そういえば自分がホメオパスの健康相談会を受けていたころは、このことを特別と考えていなかっただけでなく、同年代のホメオパスなら知っていて当たり前と思いこみ、話した覚えがありません。自分の中で、これって当たり前、ごく平均的と思っていることが、以外に特別なことなのだとあらためて感じました。そしてそれがレメディー選択の重要な情報になりうる場合があります。

特に年配の方に多いのが、痛みを長年抱えていて、それがあまりに当たり前になってしまい、相談会で話忘れたり、質問表に書き忘れてしまうこと。だいぶ経ってから初耳!という展開になることがあります。その他にも見え方や聞こえ方の問題も、状況に慣れてしまいがちです。たまには自分の肉体状態を同年代の人と比べたり、他人と違う感覚がないかを探してみると意外な発見があるかもしれません。

あなたの常識が、他の人にとっての非常識ってこと、あるかもしれませんよ。

(追記)先輩ホメオパスが70年代に山梨県で問題化した筋短縮症事件について知らせてくれました。これは注射の際の物理的刺激と薬剤による筋肉組織の破壊によって外形変化や運動機能障害が起こった医療被害で、注射された場所によってさまざまな種類があり、臀部の場合は殿筋短縮症というそうです。当時、風邪などで来院した子どもに抗生物質や解熱剤を頻繁に注射したことが原因であり、製薬企業と医師の姿勢が問題視され、その後安易な注射が控えられたようです。風化しそうな事件の被害者になる可能性もあったことにただただビックリしました。

|

« 100000年後の安全 | トップページ | それってお子さんの問題ですか? »