« 【手足口病・・・①】 | トップページ | 泊原発、営業運転再開か・・・ »

2011年7月30日 (土)

【手足口病・・・②】

お待たせしました、昨日の続きです。

昨年に続き、今年も中国では発症件数が1万件を超える大流行の手足口病ですが、例年夏季に乳幼児のあいだで流行します。中国では昨年、コクサッキーウイルスA16型が主流でしたが、今年はエンテロウイルス71型(死亡例の90%がこのウイルス)が多く、重症化する可能性が高まっていると警戒を呼びかけています。

厚生労働省の定義によると、手足口病は主に手足、口の中、唇に小水疱を生じる伝染性のウイルス性感染症で、コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型以外にも、コクサッキーA10型などによっても起こります。

感染経路は、感染者の分泌物、便などによる経口・飛沫・接触感染などでかなり急速に伝染します。潜伏期間は2~7日で、初期の典型的な症状は、軽い発熱・食欲不振・のどの痛みなどで、発熱から2日くらい過ぎたころから、手や足に赤みを帯びた小さな水疱が多く発生し、舌や口粘膜には浅いびらんアフタ(発疹)が生じます。これは口内炎より軽く、7~10日で自然に治ります。水疱は米粒~小豆大で、臀部や膝部などにも散在することがありますが、これもかさぶた状になり、約1週間で消えます。

ごくまれに髄膜炎などが生じることもあり、エンテロウイルス71型による手足口病の場合には、発熱やおう吐、頭痛の頻度が高く、注意が必要です。

乳幼児だけが罹る病ではありませんので、大人も感染します。家族内での感染を防ぐためにも、兄弟の接触を控え、手洗い、うがいなどを心がけましょう。また感染者のよだれやおむつ替えは要注意です。口の中の発疹がひどい場合は、食事を嫌がるお子さんもいると思います。無理に食べさせるのではなく、柔らかで口どけのよいものを与え、脱水症状に陥らないよう水分補給を十分にしましょう。

昨日も書きましたが、有効なワクチンや薬剤はありませんので、こんなときこそレメディーに活躍してもらいましょう。レメディーはあやしいな、と思った時点で早めにとることが大切です。下記の対応レメディーをお試しいただき、心配な方は日本ホメオパシーセンター東京総本部の電話応急相談をご利用ください。

【手足口病】

Ars.アーセニカム

Rhus-t.ラストックス

Sep.シーピア

Bor.ボーラックス(キッズキット)

Thuj.スーヤ(キッズキット)

|

« 【手足口病・・・①】 | トップページ | 泊原発、営業運転再開か・・・ »