« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

【手足口病・・・②】

お待たせしました、昨日の続きです。

昨年に続き、今年も中国では発症件数が1万件を超える大流行の手足口病ですが、例年夏季に乳幼児のあいだで流行します。中国では昨年、コクサッキーウイルスA16型が主流でしたが、今年はエンテロウイルス71型(死亡例の90%がこのウイルス)が多く、重症化する可能性が高まっていると警戒を呼びかけています。

厚生労働省の定義によると、手足口病は主に手足、口の中、唇に小水疱を生じる伝染性のウイルス性感染症で、コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型以外にも、コクサッキーA10型などによっても起こります。

感染経路は、感染者の分泌物、便などによる経口・飛沫・接触感染などでかなり急速に伝染します。潜伏期間は2~7日で、初期の典型的な症状は、軽い発熱・食欲不振・のどの痛みなどで、発熱から2日くらい過ぎたころから、手や足に赤みを帯びた小さな水疱が多く発生し、舌や口粘膜には浅いびらんアフタ(発疹)が生じます。これは口内炎より軽く、7~10日で自然に治ります。水疱は米粒~小豆大で、臀部や膝部などにも散在することがありますが、これもかさぶた状になり、約1週間で消えます。

ごくまれに髄膜炎などが生じることもあり、エンテロウイルス71型による手足口病の場合には、発熱やおう吐、頭痛の頻度が高く、注意が必要です。

乳幼児だけが罹る病ではありませんので、大人も感染します。家族内での感染を防ぐためにも、兄弟の接触を控え、手洗い、うがいなどを心がけましょう。また感染者のよだれやおむつ替えは要注意です。口の中の発疹がひどい場合は、食事を嫌がるお子さんもいると思います。無理に食べさせるのではなく、柔らかで口どけのよいものを与え、脱水症状に陥らないよう水分補給を十分にしましょう。

昨日も書きましたが、有効なワクチンや薬剤はありませんので、こんなときこそレメディーに活躍してもらいましょう。レメディーはあやしいな、と思った時点で早めにとることが大切です。下記の対応レメディーをお試しいただき、心配な方は日本ホメオパシーセンター東京総本部の電話応急相談をご利用ください。

【手足口病】

Ars.アーセニカム

Rhus-t.ラストックス

Sep.シーピア

Bor.ボーラックス(キッズキット)

Thuj.スーヤ(キッズキット)

|

2011年7月29日 (金)

【手足口病・・・①】

流行の兆しがみられる手足口病ですが、抗生物質では効果がみられず、特効薬もない病です。そんなときこそ、ホメオパシーの出番ですよね。

手足口病は、4歳位までの乳幼児がかかりやすいウイルス性の発疹症です。そしてこの年齢期(だいたい0~12歳まで)は様々な病気にかかりやすく、かかることで自然治癒力を発動させることを学ぶ大切な時期です。年々抵抗力が高まり、未来にわたる免疫力を獲得できる体の基礎づくりの時代ともいえます。このときに薬剤に頼り過ぎると自然治癒力の学びの場を奪うことになります。

個人的な考えですが、学びの場を失った子どもは本来もつ治癒力を信頼できず、将来薬剤やサプリメントに頼ることを当然と考えるようになるのではないでしょうか。またそれは、自分の能力を十分に信頼することができない精神に繋がるようにも感じます。

子どもの病気の多くは皮膚に症状が現れます。皮膚とは自分と外界を隔てる境界線であり、防衛装置の最前線としての機能ばかりか、分泌・呼吸・吸収・知覚・体温調節作用などを担っています。子どもは自分と外界とを認知し、どう付き合うべきかを再生の早い皮膚を通して知るのではないでしょうか。

皮膚(表皮)は臓器の中で最も重要と考えられている脳と出自が同一であり、学者さんの中には脳よりも重要な器官であるとまでおっしゃる方もいます。その重要な器官を子ども時代に十分機能させることは、成長過程でどうしても必要なことのように思います。

その後にやって来るティーンエイジ時代は、人生で一番病気になりにくいといわれています。ただし子ども時代にしっかりと子どもの罹る病や急性症状を受け止め、乗り越えた者にいえることであり、その後の健康に大きな関連があるようです。

前置きが長くなりすぎましたね。対応レメディーについては、次回に書きますので、今日のところはここまでです。

|

2011年7月28日 (木)

スポーツのすすめ

このところ週2~3回のジム通いをしています(ほとんどランナーズハイのよう)。慢性疲労症候群だったとは思えないほど年々元気になっていると感じますが、これほどとは、我ながらビックリしています。実は以前にもジムの会員になったものの、月に1度しか通えずに断念したことがありました。たぶんマシーントレーニングやスイミングは性に合わなかったのでしょう。その後もヨガやウォーキングなど様々なスポーツにトライしたのですが、どれも続きませんでした。そして気づいたのは、どうもワクワクしないということ。若かりし頃はゲーム性が高い、激しいスポーツが好きでしたが、もう肉体がついていけない・・・と始める前からあきらめていました。翌日の筋肉痛や持病の腰痛も心配でした。それがあら不思議、始めてみたら出来てしまったという感じです。初日はそれはそれは酷い筋肉痛に襲われ、生まれて初めて、お尻にこむらがえりが起こりました。足指やふくらはぎではなく、オ・シ・リですよ!そんなところにもこむらがえりが起こるのだと学びました。

残念なことに筋肉は貯金できません。しかし毎日、激しい運動をする必要はありません(できれば週2回)。私もジムに行かない日はスロートレーニングやリンパマッサージなどを心がけています。筋トレや柔軟などを組み合わせて、自分が楽しいと感じるスポーツを始めてみませんか。気分がいいですよ~

|

2011年7月17日 (日)

精神疾患を抱えながら二人のお子さんを出産

昨日クライアントさんから嬉しい報告をいただきました。個人を特定されない内容なら、という条件つきで公表について快諾いただいたので、記事にさせていただくことにしました。

精神疾患のため抗うつ剤などを長期間服用していた女性が、第一子の育児に関するストレスや第二子の妊娠にともなうマタニティー・ブルー等を乗り越え、現在は薬を手放すことができ、秋には職場復帰も果たすとの報告でした。さっくり書きましたが、彼女の場合、単なる育児ストレスではなく、子どもの頃のトラウマに起因する問題を抱えていました。また第二子を希望されながらも、薬への依存や二人の子どもを育てる不安、体力的な問題などもありました。

まずはホメオパシーで日々の感情や過去の問題にアプローチしつつ、多量に服用している薬への依存を断ちたいと考えました。彼女もそれを望み、キットなどを積極的に活用してくれました。おかげで無事、第二子を妊娠、出産することができ、また心穏やかに生活することができるようになったと判断され、処方薬が出されなくなったのでした。

実は昨日まで知らなかったのですが、第二子の出産に際して、某医科大学の看護学生による研究論文のモデル家族になっていたそうです。研究の目的は、精神疾患を持つ家族の妊娠・出産・育児期に夫婦の持つ力を活かすことで、症状を悪化させないための看護を検討することだそうです。そしてこの論文の中で、ホメオパシーを取り入れたことが悪化なく出産を迎えられた一因であること、ホメオパシーを実践する妻を家族が見守りつづけたことがよい結果につながったという内容になっているそうです。学内の研究発表会で発表され、教授や学生から大変好評だったとも伺いました。

まずは彼女がトラウマを乗り越え、薬剤依存を脱却したことが嬉しく、家族が普通の生活に幸せ(←ここ大事!)を感じるようになったことを心から喜ばしく思いました。またホメオパシーを知らなかったであろう看護学生に評価されたことも嬉しいです。このような実績の積み重ねがホメオパシーへの信頼につながるのでしょう。まだまだ足りてないな~、もっと頑張らねば、と気持ちをあらたにさせられる報告でした。

|

2011年7月 1日 (金)

暗黒のかなたの光明・・・光明とは

6/6にETV特集「暗黒のかなたの光明」の感想を書きました(詳しくは6/6の記事をお読みください)。

多くの方がこの番組を観て、暗雲立ち込める人類の未来に存在する光明とは何なのか? 知の巨人と呼ばれた梅棹忠夫氏がどのように考えていたのか? を知りたいと思ったのではないでしょうか。

もちろん唯一の答えはないのかもしれません。ただ個人的には、これがひとつの答えなのでは?、という端的な言葉を見つけました。答えを与えてくれたのは、先日他界された俳優の児玉清さんです。彼は生前に「想像力は人間が神から賜った叡智である」と書いていました。この想像力こそが光明のひとつではないでしょうか。

今回この想像力が、悲惨な状況を他人事とせず、行動となって表現されたように感じます。それが混乱や略奪が起こらなかった理由であり、また多くのボランティア活動につながりました。梅棹氏もアマチュア思想という言葉で表現していますが、これは考えだけでなく意思や行動をあわせ持つように感じるとともに、一般的にはちょっとわかりにくいですね。また叡智という言葉でも表現していますが、それだけでは具体的でない感じがします。

悲しみや苦しみに寄り添う想像力、想定以上の事態を予測する想像力、困難を乗り越えた未来を描く想像力、小さな力でも集まるれば変革や達成をもたらすと想像する力・・・想像力なくしてだれかを思いやる愛情や思想は生まれませんね。

以前に記事にしたことがあると思いますが、想像力があるがゆえにお金がなくなったら、病気になったら・・と考えるのが人間です。そして今日の食いぶち以上のことを心配します。しかしこれが過度になれば想像とはいわず、妄想といいます(笑)。

他人の立場に立てるかどうか、これってホメオパスにも重要なことなのかもしれません。とんでもない、もっと客観的に!という考えもあると思います。金子みすずじゃありませんが、「みんな違ってみんないい」。ただし、思いやりを忘れずに、今日も想像力を鍛え、よりよい未来のための行動を心がけたいと思います。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »