« ホメオパシーと自然栽培 | トップページ | 浜岡原発運転停止か »

2011年5月 1日 (日)

天災は止められへん。けど、原発は止められる

4/29付けで内閣官房参与の小佐古東大教授が辞任しました。その辞任理由の一つとして、文部科学省などが小学校などの校庭での活動を制限する目安を、1年間の放射線量の累積で20ミリシーベルトとしたことについて、

「これだけの被ばくをする人は、約8万4000人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少なく、この数値を乳児、幼児、小学生らに求めるには、学問上の見地のみならず、ヒューマニズムからしても受け入れがたい」と述べ、批判しました。

これまで「原発安全神話」を築いてきた東大教授による内部告発ともいえるこの辞任劇については、「NHKかぶんブログ」にて辞任理由全文を読むことができます。非常に重要なのは、今回、政府の決定した20ミリシーベルトという数値を福島県の子どもたちに求める対応は人道的でないとまでおっしゃっている点です。

では、20ミリシーベルトとはどの程度のものなのか、「ただちに影響はない」というけど、少しずつ漏れ続けた10年後、20年後の健康被害はどうなのか? 気になる方は下記のサイト「天災は止められへん。けど、原発は止められる」を読んでみてください。大阪弁のオバちゃんが分かりやすく解説してくれています。個人的にはこの冊子をできるだけプリントアウトして町中に配りたい気持ちでいっぱいです。

http://stop-genpatsu.up.seesaa.net/image/stop-g.pdf

NHKかぶんブログ~小佐古教授の辞任理由全文はこちらです↓

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html

|

« ホメオパシーと自然栽培 | トップページ | 浜岡原発運転停止か »