« 天災は止められへん。けど、原発は止められる | トップページ | NHK ETV-ネットワークでつくる放射能汚染地図 »

2011年5月 8日 (日)

浜岡原発運転停止か

本日は浜岡原発のすべての原子炉の運転停止という見通しに、少し肩をなでおろしました。まだ中部電力は政府の停止要請受諾を決定したのではなく、臨時取締役会で決定されるのですっかり安心というわけにはいきませんが・・・。

政府には停止が決定されたら、次は廃炉へ向けての準備と新しいエネルギー政策を打ち出してほしいと願います。一度作ってしまった原発をなくすことは容易ではありませんが、30年以内にマグニチュード8程度(10万人の死者を出した関東大震災のさらに1.4倍の破壊力を持った大地震:広瀬隆著書「原子炉時限爆弾」より)の想定東海地震が発生する可能性が87%もある(文部科学省の地震調査研究推進本部調査)地域に原発が存在すること自体、理解に苦しみます。なぜなら地震は30年後ではなく、明日起こってもおかしくないのですから。

さきほどNHKスペシャル「巨大津波"あの日何が起きたのか"」に出演されていた東北大学の今村文彦教授(専門は津波工学)が、「今回の津波は想定というものを遥かに超えていた」とおっしゃる通り、自然の猛威をはかり知ることは難しいと考えます。だとすると、かつて体験したこともない津波やマグニチュード8を超える地震がいつ起こっても不思議はありません。一刻も早く、防潮堤や原子炉建屋の水密化工事、電源が失われた際の予備電源の二重三重の確保もしていただきたいです。

それと同時に、原発で働く人への健康被害について正しい説明や誠実な対応がなされるべきだと思います。昨日の「とくダネ!」で、内部被ばくの検査機(ホールボディカウンター)は順番待ち(東電会見での弁)とのことで、測定の機会が与えられていない作業員が取り上げられていました。東海村には使用されていないホールボディカウンターがあるにもかかわらずに。また原発手帳(放射線管理記録の手帳)を作業員本人が管理しておらず、この点においても弁護士の方は今後労災が認められない可能性があると述べていました。過酷で劣悪な環境についての報道は多々ありましたが、それだけではなかったようです。

こんな日本の状況を知らずか?、韓国の原発が稼働を始めるとの一報もあり、このところは一喜一憂の日々です。一人の人間にできることは小さく、無力感にさいなまれますが、それでも考えに考え、立ち止まるより行動に移していきたいと思う今日この頃です。

|

« 天災は止められへん。けど、原発は止められる | トップページ | NHK ETV-ネットワークでつくる放射能汚染地図 »