« NHK ETV-ネットワークでつくる放射能汚染地図 | トップページ | ETV特集「暗黒のかなたの光明」を観て »

2011年5月27日 (金)

症状によってわかる精神状態

震災以来、どうもいろいろ考えてしまい、気もそぞろなのは私だけではないでしょう。しかし普段からボーっとしたところがあり、気を抜くと更に呆けてしまうので注意が必要なのは私だけでしょう(笑)。そんなボーっとした期間にも、世の中は変化し続け、気づいたら、ワクチン同時接種一時見合わせがひっそりと解禁になっていたり(※詳しくは3/10の記事を参照)、体外受精培養液に有害な化学物質(ポリ臭化ジフェニルエーテル・フタル酸エステル類)が含まれていることが厚生労働省研究班の検査で判明し、マウスの細胞実験では遺伝子の働きに影響を与えることが確かめられたりしています。

書きたい題材はあるものの時間が追いつかない状態でした。そこに39度の発熱です。始まりは悪寒、次いで発熱、大量のタン、最後に咳です。かつては発熱すると必ず頭痛や関節・腰の痛みも伴ったのですが、今回それらはありませんでした。

前回の記事にも書いたとおり、この数年、風邪すら引いたことがなく、「かかってたまには排泄したい」と思っていました。そう思う反面、高熱や感染症でセンターを休むことで、せっかく予約をいただいたクライアントさんに迷惑をかけたくない、講座をお休みしたくない、との思いが強かったのも事実です。これは症状を抑圧する薬と同じことをしていることになります。わかっちゃいるけど止められない・・・

状況を少し書くと、悪寒を感じアコナイトやファーランフォス、ジェルセミュームをとるも熱が上がり始め、5日間下がったり上がったりを繰り返しました。その間に濃厚な黄緑色の鼻水とタンが出続け、それを出し切ろうと朝は湿気た、午後は渇いた咳が出ました。食欲はなく、ただ冷たい飲み物をとると呼吸や咳が楽になりました。新鮮な空気が足りないと感じ、気付くと窓をよく開けていました。

そこでポースティーラを試しました。いつもなら、すぐにレメディーを変えたがるのですが、今回はなぜか症状が変化しても継続しました。発症から10日あまり、ようやく終息に向かっています。

この状態になぜポースティーラがよかったのか? もちろんもろもろの症状が合致していたこともあるでしょう。しかしそれよりも精神状態が合っていたのだと思います。実は体調が悪くなったのは、親の一大事の当日でした(個人情報にあたるので詳しくは書きませんが)。一人娘としては、「自分がしっかりせねば」と思う反面、荷が重いとも感じていました。とどのつまり私は親離れが出来ていない、ということに改めて気付いた次第です。

そして感情も症状も出しちゃ駄目と抑圧したものが、限界値を超えて出てきたのでしょう。お陰でまたひとつ体が軽くなったように感じています。

|

« NHK ETV-ネットワークでつくる放射能汚染地図 | トップページ | ETV特集「暗黒のかなたの光明」を観て »