« 浜岡原発運転停止か | トップページ | 症状によってわかる精神状態 »

2011年5月16日 (月)

NHK ETV-ネットワークでつくる放射能汚染地図

昨日NHK教育で放送された「ネットワークでつくる放射能汚染地図」をみました。放射能汚染地図とは被ばくによる人体影響と、今後の土壌汚染への対策のための基礎となるデータです。番組は放射能観測の第一人者、元理化学研究所の岡野眞治博士の協力のもと、元放射線医学研究所研究官、木村真三博士、京都大学、広島大学、長崎大学の放射線観測、放射線医学を専門とする科学者たちが、震災の3日後から独自に放射能の調査測定をし、汚染地図を作成する過程が描かれていました。観測チームは岡野博士が開発した計測器を自動車に搭載して、県内の道路を3000キロ走破。計測器はビデオで撮影した映像とともにGPS情報、放射線量、放射性核種のスペクトルを同時に記録できる世界唯一の機器であり、チェルノブイリ事故での計測により国際的な評価を得ているとのことで、信頼できる内容だと感じました。

汚染の深刻さは想像以上です。東電が津波に襲われた4時間後にはメルトダウン(炉心融解)していたことを認めたとの報道にも、「ああやっぱりね」程度のマヒした感覚には、ガツンと重い内容でした。

特に赤宇木地区の公民館に避難した数十人の家族や自宅に留まった住民には、飼い犬・猫のえさやりや牧場に出産を控えた馬がいるため遠くへ行けない事情がありました。しかし公式避難場所でないために公的な援助がないばかりか、撮影当時は赤宇木地区が高レベル汚染しているホットスポットであることが知らされていませんでした。木村氏ら観測チームによってそのことを知らされ愕然とした様子でした。高レベル汚染については、文科省は早い時期に把握していたのに、風評被害と混乱を理由に非公開にしていました!!なぜホットスポットに残された住民にだけでも知らせなかったのか??わけがわかりません。

大正時代から続く牧場は閉鎖され、養鶏場のにわとりが全滅、新芽の出た作物を廃棄する農家・・・。男性は財産である農地を離れ、家族とも離れて仕事を探さねばならない状況に涙しましました。

この他に、事故直後の戦慄の線量、子どもを襲う汚染校庭、隠された国のデータ・・と続きます。

ご覧になりたい方は、NHKオンデマンドで有料視聴が可能です。1時間半の番組ですが、内容はギュっと凝縮されています。みる価値アリです。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html

別の番組で、「海で生活させてもらってきたから津波があっても海は嫌いになれない。でも原発は憎い」と言った漁師がいました。原子炉建屋には大量の汚染水、そればかりか福島県内の学校プールでは、汚染水が田畑に流れ込む構造のため排水すらできずにいます。汚染水は田畑や海を汚し、その影響をまた漁師や農家が被ることになります。そしてそれを食べる人体にも影響が及びます。このような状況がいつまで続くのか・・・

私たちは「戦前戦後」と同様、「震災前」とは違った価値観、生活様式を模索し、「震災後」を生きねばなりません。そのためにもまずは原発をすべて停止することから始まるのだとあらためて思いました。

|

« 浜岡原発運転停止か | トップページ | 症状によってわかる精神状態 »