« 部屋の片隅でちょっとつぶやく | トップページ | ホメオパシーと自然栽培 »

2011年3月26日 (土)

原発について真剣に考えよう!!(追記)

放射線に関する問題については、このブログでも放射線照射食品や医療被曝について触れてきました。しかし今、私たちはさらに困難な問題に直面しています。あまりに問題が大きすぎて手をつけてこなかった、不便な生活と引き換えにしたくなかった、など言い訳ばかりが浮かびます。

この国は地震大国にもかかわらず、稼働中の原子炉が54基、高速増殖炉「もんじゅ」や六ヶ所村にある再処理場、この他にも大学の研究用原子炉などの原子力関連施設が多数あります。これまでそれらの施設がどのような耐震・耐久性で設計され、施工・管理・点検されたのかを知りません、いいえ、知ろうとしていませんでした。もちろんその現場で働く人々のことも全く知りませんでした。そして一度造ってしまうと廃炉も解体もできないということすら理解していませんでした。

国や電力会社は安全性ばかりを強調し、「原発は核の平和利用」などと言ってきました。それを信じ、資源のない日本では仕方ないのかも、と誰もが思いこんできたように感じます。

東京電力福島第一原子力発電所の事故が長期化に向かう中、私たちは痛みを覚悟で原発に頼らない生活やエネルギー消費を抑える方策を講じなくてはと思います。それは生物や環境を守るため、子どもたちの未来と地球のために、今すぐ、行動を起こさねばならない課題です。

そこで原発の脅威を知るために、昨年出版された「原子炉時限爆弾~大地震におびえる日本列島(広瀬隆著)」を購入しました。これを読んでいる方には、下記サイト「原発がどんなものか知ってほしい(平井憲夫著)を是非、読んで欲しいと思います。あまりの衝撃で言葉を失います。平井さんは20年間、原発で1級プラント配管技能士として現場監督を務めた方です。机上で設計をする専門家ではなく、現場を知る人です。そしてその内情を知ってほしいと願って書かれたものです。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

この他にも業界による郵便貯金や年金を原資とした原発輸出によって利益を得ようとする動きなど、広告収入によって支えられているマスコミ報道では知る由もない内容を掲載した「世界 2011年1月号~特集 原子力復興という危険な夢」もお勧めです。

平和憲法のもと、核を持たず、戦争もしない国ですから、どうか原発も手放してほしい。平和を望むすべての人に読んでほしい、そしてこの機会に真剣に考えてほしいと切に願います。

(追記)福岡にある環境問題に取り組む龍谷寺の住職の妻、甘蔗珠恵子さんが友人に宛てた手紙が本(「まだ、まにあうのなら~私が書いたいちばん長い手紙」地湧社)になっており、友人がすすめてくれました。こちらもおススメします。

http://www.jiyusha.co.jp/mokrok/books/187-8.html

|

« 部屋の片隅でちょっとつぶやく | トップページ | ホメオパシーと自然栽培 »