« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月26日 (土)

原発について真剣に考えよう!!(追記)

放射線に関する問題については、このブログでも放射線照射食品や医療被曝について触れてきました。しかし今、私たちはさらに困難な問題に直面しています。あまりに問題が大きすぎて手をつけてこなかった、不便な生活と引き換えにしたくなかった、など言い訳ばかりが浮かびます。

この国は地震大国にもかかわらず、稼働中の原子炉が54基、高速増殖炉「もんじゅ」や六ヶ所村にある再処理場、この他にも大学の研究用原子炉などの原子力関連施設が多数あります。これまでそれらの施設がどのような耐震・耐久性で設計され、施工・管理・点検されたのかを知りません、いいえ、知ろうとしていませんでした。もちろんその現場で働く人々のことも全く知りませんでした。そして一度造ってしまうと廃炉も解体もできないということすら理解していませんでした。

国や電力会社は安全性ばかりを強調し、「原発は核の平和利用」などと言ってきました。それを信じ、資源のない日本では仕方ないのかも、と誰もが思いこんできたように感じます。

東京電力福島第一原子力発電所の事故が長期化に向かう中、私たちは痛みを覚悟で原発に頼らない生活やエネルギー消費を抑える方策を講じなくてはと思います。それは生物や環境を守るため、子どもたちの未来と地球のために、今すぐ、行動を起こさねばならない課題です。

そこで原発の脅威を知るために、昨年出版された「原子炉時限爆弾~大地震におびえる日本列島(広瀬隆著)」を購入しました。これを読んでいる方には、下記サイト「原発がどんなものか知ってほしい(平井憲夫著)を是非、読んで欲しいと思います。あまりの衝撃で言葉を失います。平井さんは20年間、原発で1級プラント配管技能士として現場監督を務めた方です。机上で設計をする専門家ではなく、現場を知る人です。そしてその内情を知ってほしいと願って書かれたものです。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

この他にも業界による郵便貯金や年金を原資とした原発輸出によって利益を得ようとする動きなど、広告収入によって支えられているマスコミ報道では知る由もない内容を掲載した「世界 2011年1月号~特集 原子力復興という危険な夢」もお勧めです。

平和憲法のもと、核を持たず、戦争もしない国ですから、どうか原発も手放してほしい。平和を望むすべての人に読んでほしい、そしてこの機会に真剣に考えてほしいと切に願います。

(追記)福岡にある環境問題に取り組む龍谷寺の住職の妻、甘蔗珠恵子さんが友人に宛てた手紙が本(「まだ、まにあうのなら~私が書いたいちばん長い手紙」地湧社)になっており、友人がすすめてくれました。こちらもおススメします。

http://www.jiyusha.co.jp/mokrok/books/187-8.html

|

2011年3月24日 (木)

部屋の片隅でちょっとつぶやく

「世界の中心で愛を叫ぶ」ようなインパクトもなく、地味に日常的なタイトルですが、ツイッターをやらないので、ここでつぶやいてみようと思います。

地震や津波災害から12日が過ぎました。当初、これほどの被害であると把握できなかったこともありますが、自分の中でパニックに陥るような恐怖感はないと思っていました。アコナイトやアーセニカムもとったから大丈夫、だと・・・

しかし、その後落ち着いて考えてみると、想定以上の事態が理解できない、というより飲み込めない、受け入れられないと言った方がしっくりくる状態だったようです。それゆえ恐怖や悲しみのセンサーが全く機能していませんでした。

これはオピウムの状態と考えられます。私もいただいたAAAレメディーと一緒にOp./オピウムをとったところ、穏やかな波のように不安が押し寄せ、涙があふれました。それはすぐに収まり、それまでザワザワと落ち着きなかった精神状態が少し平常心を取り戻したように感じています。

被災された方のショックや恐怖、悲しみを思うと、私が感じる程度の不安とは比べ物にもならないでしょうし、想像することすら難しいと感じます。そして今後、心配になるのは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)ではないでしょうか。命の安全が確保でき、少し落ち着いてきてからは生活という経済的な現実問題に直面するでしょう。不安や心配はバイタルフォースを低下させますから、精神と肉体にダブルパンチを与えることが懸念されます。

昨年より、ホメオパスがレメディーを販売したり、厚意でお渡しすることが禁じられています。ボランティアでさいたまアリーナに伺おうかとも考えたのですが、ホメオパスに出来ることは、相談者に対して適切なレメディーを選択することのみ。ならば、被災者が簡単に手に入らないものを選ぶことに意味はない・・・とあれこれ考え込んでいました。

ここにきて、それでも話を伺う(誰かが傾聴することで気が晴れることもあるのではないか)、ただひたすら相談したいという方に寄り添うことはできるのではないかと思いはじめています。本音はホメオパスとして出来る限りのことがしたいと思いますが、現在、模索中です。

そんな中、被災地の中学校で卒業式が行われ、その参加者(父兄?)が、

「災害には勝てないかもしれないが、困難には勝てる!」と力強くおっしゃていました。

大地震の前には、昨今は心遣いや気働きが失われつつあるという嘆きをよく耳にしました。ところがどっこい、「世の中そう捨てもんじゃない」と考えをひるがえした方もいることでしょう。被災した地域の方を思い節電に努める、食料品を買い占めない、乳幼児にミネラルウォーターが行渡るように大人は遠慮する、などできることはたくさんあります。本当に必要としている人に思いをはせ、不便な生活の中で心磨きをしようではありませんか。

つぶやきにしては長っ!!ですよね~。最後まで読んでくれた方に感謝!

|

2011年3月17日 (木)

放射性物質拡散の問題&地震酔いについて

不安や放射線の問題に対応するレメディーの無料配布場所(ホメオパシージャパン直営ショップ)は、札幌・東京・名古屋・京都・大阪・福岡・沖縄にしかないため、とりに行くことができない方が大多数だと思われます。そのため放射性物質についてのお問い合わせが増えています。

まずは落ち着いて、お手持ちのレメディーを確認してみましょう。

キットをお持ちの方は、Nux-v./ナックスボミカSulph./ソーファーで体内の浄化力を高めましょう。毎日、朝晩2回、粒のままとってもよいでしょうし、お出かけになる方は500mℓのペットボトルに入れてもOKです。

また、ティッシュソルトなどもとるとさらによいでしょう。

宝石のレメディーの中でしたら、Rose-q./ローズクウォーツがおススメです。

上記以外にも放射能に関するレメディーが販売されているので、毎日とるとよいでしょう。

地震酔いに関してCocc./コキュラス(バースキット/トラベルセット)、Nux-v./ナックスボミカがよいと書きましたが、これ以外にもIp/イペカック、Ars./アーセニカム、Bor./ボ゙ーラックスなどもお試しください。

|

2011年3月12日 (土)

国内観測史上最大、東日本大地震

わが家(埼玉県)の被害は、固定していなかったアナログテレビが台から転げ落ちたこと(ゼリーのような耐震ゴム?の上に置いたデジタルテレビは被害なしだったので揺れに有効であると実感)と本棚から少し本が落ちた程度ですみました。災害対策として食卓テーブルは突っ張り棒?のような器具(ムネオSSX)を取り付けていたおかげで身を守る役に立ち、家具も同様の器具を取り付けることで転倒することはありませんでした。食器棚は壁に取り付けるタイプで転倒することはありえず、扉もガラス使用をしていないホーロー製で耐震ラッチつきなので食器が飛び出すこともありませんでした。ただ扉を開けた時に、揺れで移動した食器が手前の扉に寄りかかっていたことに気づけず(ガラス扉ではないので内部が見えず、食器が移動していると想定して開けなきゃ駄目ですよね)、開けた途端に落下しました。被害は皿が2枚、湯のみ1個ですみましたが。

あらためて災害時の対策だけでなく、自宅にいない場合の行動や避難場所の確認が必要であると感じました。もちろんホメオパスですから、持ち出し用のキットの用意は怠りません!

さて、大きな地震、続く余震で不安になっている方もいらっしゃることと思います。家族の中にも昨晩の余震で船酔いのような気分の悪さを訴える者がいます。また不安や恐怖でソワソワしてしまう、眠れない、大きなショックを感じる場合もあるでしょう。こんなときは早めに下記のレメディーで対応することがよいでしょう。お手元にあるレメディー、ポーテンシーでOKです。

Acon./アコナイト・・・突然の恐怖、後に恐怖が続く

Op./オピウム・・・恐怖、恐怖の感覚がマヒするほどの恐怖

Arg-n./アージニット・・・恐怖・パニック・動揺

Stram./ストロモニウム・・・恐怖

Ars//アーセニカム・・・不安・心配・下痢

Arn./アーニカ・・・打撲・ケガ 

http://www.jphma.org/gienkatsudo/20110311_miyagi.html

船酔いのような気分の悪さにCocc./コキュラス(乗り物セットやバースキットに入っています)を与えたところ改善しました。お手元になければ、Nux-v./ナックスボミカなどで代用してみてください。

|

2011年3月10日 (木)

ワクチン同時接種一時見合わせ

細菌性髄膜炎などを予防する小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー水性懸濁皮下注)やヒブワクチン(アクトヒブ)、DPT、BCGなどを同時接種した乳幼児の死亡が相次いでいる問題で、厚生労働省は肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチンについて、因果関係の評価を実施するまでの間、念のため、接種を一時的に見合わせることを自治体や関係販売業者に連絡していました。

専門家などで構成する厚生労働省の調査検討会は8日、死亡した5人の症例について、「現段階ではワクチン接種と死亡の間に明確な因果関係は認められない」と結論ずけました。とはいえ、一時見合わせている接種の再開については、複数のワクチンを同時接種した場合の影響などに関する詳しい情報が必要として再開の判断を見送りました。この結論は2週間をめどに開催される検討会で決定されるそうです。

検討会では、各症例で先天性の心臓疾患や感染症、飲み込んだものによる窒息が疑われるケース、乳幼児突然死症候群の可能性も指摘されたとのことで、現段階では原因特定は難航しそうな気配です。

それにしても、なぜ3種が混合されているものに、さらに肺炎球菌やヒブワクチン(これでトータル5種類)を同時に接種したのでしょうか?

今年1月19日、日本小児科学会は、一人の子どもに複数種類のワクチンを同時に接種することを推奨する見解を発表しました。これまで日本では、1回1種類が原則でしたが、ワクチン接種への公的助成が広がる中、何度も医療機関に連れていく親の負担を軽減するとの判断があった・・・というよりは接種率アップが目的のように思えます。

以前にもMMRという3種混合ワクチン接種によって2000人が無菌性髄膜炎などの被害に遭いしました。これはおたふく風邪ワクチンの単独の接種実績から副作用が予見できたにもかかわず実施され、ワクチンメーカーは承認された製造方法を厳守せず、さらに国が重篤な副作用情報が明らかになった後も製造承認取り消しや販売中止・回収、接種中止の措置をとらなかったことが明らかになっています。

単独のワクチンでさえ副作用があるものを同時に5種類接種することは、危険性も増すと思います。そして5種類を同時に接種した場合の安全確認がされているわけでもないのです。ワクチンが100%安全と言いきれない、それを知ってもわが子に接種したいと考えますか? この機会にぜひご家族で考えていただきたい問題だと思います。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »