« ステロイドについて | トップページ | 承認40年、気管支ぜんそく消炎剤「ダーゼン」は効かない? »

2011年1月19日 (水)

猫ちゃんのホメオパシー体験談

2 クライアントさんから貴重な体験談を聞き、ブログ掲載の許可をいただいたので写真とともに記事にしたいと思います。

←こちらが本日のメイン・キャストのぽけこちゃんです。なんだか笑っているように見えますね~。

この猫ちゃんは生まれつき右前足の指と爪がなく、1年以上経っても生える気配がなかったそうです。不憫に感じていたクライアントさんはホメオパシーでなんとかしてあげたいと考えていましたが、ホメオパシーは奇形を改善するようなミラクルを起こすものではないことを知っていたので、少しでも猫ちゃんの精神的負荷を軽減できないかと心を砕いていました。もちろん由井先生の動物相談会の予約を入れましたが、順番が来るまでだいぶお待ちになったそうです。

そんなある日、クライアントさんが購入したマザーチンクチャーを好奇心いっぱいに欲しがる様子をみて与えてみることにしました。それまでも「必要なものは分かるんだ~」とばかりに、欲しがったり嫌がったりしていたそうです。

Photo しばらく与えてみると、あらビックリ! 指はないものの、ちょうど親指にあたる部分に爪が生えてきたそうです(左写真の中央の米粒のようなものが爪)。

今ではクライアントさんご家族に愛され、天真爛漫に過ごすぽけこちゃんなのでした。めでたし。

以前、自分自身の喘息が改善したことを、「体験者が語る内容は主観的であり、それがホメオパシーによるものだという根拠にはならない」と言われたことがあります。しかし何年にもわたり患者のお手本よろしく薬を欠かさない生活をしたにもかかわらず、よくなるどころか悪化し続け、終いには「喘息とは一生の付き合い」と医師から言われた状態から脱却したのです。確かに今回の場合も何もしなくても爪は生えたのかもしれません。しかし科学的に作用を証明できないホメオパシーの場合、このようなケースを継続的に観察し、集積することでしかそのよさをご理解いただくことが難しいと思われます。どんな小さな体験談でも結構ですので、会報オアシスなどに投稿いただきたく思います。

(追記)Nさん、お写真と体験談掲載を許可していただき、ありがとうございました!

|

« ステロイドについて | トップページ | 承認40年、気管支ぜんそく消炎剤「ダーゼン」は効かない? »