« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月31日 (月)

食の安全のために私たちができること

昨日の記事の続きになりますが、映画「フード・インク」のチラシ裏に「食の安全のために私たちができること」が記されていました。そろそろすべての人が気づき、実行に移さねばならない時がきているように感じます。巨大企業に太刀打ちできない、政府や役人を改革できないとあきらめるのではなく、誰もができることから始めましょう。何を選択し、何を食べるのかは自分自身で決めることができるのです。是非、今日からいっしょに挑戦してみませんか?

■食の安全のために私たちができること■

・労働者や動物に優しい、環境を大事にする企業から買う

・スーパーに行ったら旬のものを買う

・有機食品を買う

・ラベルをを読んで成分を知る

・地産食品を買う

・農家の直販で買う

・家庭菜園を楽しむ(たとえ小さくても)

・家族みんなで料理を作り、家族そろって食べる

|

おススメします!映画「フード・インク」

R0012201 1/22より渋谷イメージフォーラムで公開されている「フード・インク~ごはんがあぶない。」を観てきました。第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作であり、アメリカでは公開翌週に上映館が20倍となる大ヒット映画です。しかし日本ではあまり宣伝も見かけず、話題になっていない・・・と思いきや、平日の割には以外と人が多かったです。食に関する問題作ということで、女性が多いと思っていたら、これもはずれで半数が男性でした。

映画冒頭には、ファストでお手頃価格の食品がところ狭しと陳列されるアメリカのスーパーマーケット。この大量の野菜や肉はどこでどのように育ち、加工食品はどんな製造過程を経て食卓へやってくるのでしょう。その現状を畜産家、屠殺場、農家、低所得の移民家族、昔ながらの放牧にこだわる農家などへのインタビューによって浮かび上がらせます。そこにはより安く、効率よく、巨大アメリカの胃袋を満たすために考え出されたダイナミックな農業スタイル、というより工業化(とても農業とは呼べない!)が描かれています。

全米のスーパーで売られる食肉を供給するのはたった4社の大企業であり、畜産家は企業に買い取ってもらうために言いなりにならざるを得ない現状です。以前、養鶏場では3カ月程育てて出荷したものを、現在は49日で倍の重さ(大きさ)にするだけでなく、市場で胸肉が好まれるため胸を肥大化させている!!この鶏は短期間に巨大化しているため自身の足で体を支えることができず、数歩歩くと足が折れる!!

この他にも特許を持つ大企業から遺伝子組み換えの大豆の作付けを強要される農家や企業が勧める設備投資を断ることができず借金に苦しむ下請け農家、多くの不法滞在者を低賃金で危険な食肉解体の職に使う企業、その企業の生産ラインに支障をきたさないように1日15名だけを取り締まる当局、低賃金なためブロッコリー1個を買うよりファストフードのダブルバーガーを2個買う方がお腹を満たせると言う移民家族・・・笑えない事実と矛盾が突き付けられます。

これまで工場で行われてきた効率化やコストダウンを自然相手の農家にも強要し、数社のみが莫大な利益を得る業界のおかしな構造。その昔、飢餓に苦しむ人間が充分な食糧を得るために考えられたシステムが、近年では営利優先になり過ぎ、ますます格差が広がるアメリカの現状は、遠い国の話ではありません。

日本でも車種ごとだった車の部品を共通化することで、効率よくかつコストダウンを図った車が現在リコールになっています。共通部品の不具合により、リコール台数がハンパない状態に陥ったわけですが、これはまだ食品の話ではありませんから、改善することで消費者も喜ぶ低価格と機能性を併せもつ車になる可能性があります。

しかしこと食に関しては、大きなシステムの一つとして扱うことはできない、たとえできてもしてはならないことだと思います。なぜなら私たちは野菜であれ、肉であれ、いのちをいただいているのだから。それは車のような工業製品ではありません。自分たちのいのちをながらえるために、別のいのちを犠牲にしているのです。大量生産、大量消費の実情をこの映画で検証し、今後の食べ方、生き方について考えるきっかけになる貴重な作品だと思います。O-157がどのような過程で発生したのかに興味のある方にもおススメです。ちなみに食品廃棄率No.1は日本だそうです(涙)。

http://movie.walkerplus.com/mv47138/

★おまけ:イメージフォーラムはNature KISS@(渋谷ショップ)から10分と離れていません。映画の後は喫茶で一番人気の「ジンジャーティー」や自然派クッキーはいかがでしょう。私は今回も「酵素ジュース(アップル味)」をいただきました。クッキーはうずまきが柔らかく食べやすいのですが、唯一バターが使用されています(うずまき以外は不使用)。より風味よくとのことで、製造法も今後変わるそうなので、スタッフに確認してから注文するとよいでしょう。

|

2011年1月21日 (金)

承認40年、気管支ぜんそく消炎剤「ダーゼン」は効かない?

前回19日、私のぜんそくについてチラッと「薬では治らなかった」と書きましたが、翌20日の読売新聞朝刊に「なぜ治らなかったのか」の答えのひとつかも?と考えられる記事を見つけました。内容は・・・

気管支ぜんそくのたんを切る武田薬品工業の消炎剤「ダーゼン(一般名:セラペプターゼ)」の効果を再確認する試験で、期待される効果が認められなかったことが、厚生労働省の医薬品再試験評価部会で報告された。同社が2000~09年、慢性気管支炎の患者311人のうち156人にダーゼン、155人に偽薬を2週間投与して効果を比較する試験を実施したところ、いずれも6割以上の患者で症状が改善し、差がなかった!!つまりダーゼンをとっても、とらなくても結果はいっしょ、ということですね。これでは一生懸命薬を飲んでも治らないわけです。

【偽薬というのは、薬としての有効成分は入っていないけど、外見は本物のようにみえる薬剤です。肉体的な影響のないブドウ糖などがよく使用されますが、とって効果を感じた方は偽薬(プラシーボ)効果があったということになります。いつもとっている薬または薬を服用すること自体に対する安心感、医師からタンをよく切る薬であると説明されたことへの信頼感などが心理的効果としてあらわれたと考えられています。偽薬は新薬の効果を検討する際や服薬による精神的な安定を目的にする場合に用いられます】

ダーゼンは1968年に承認された、医師の処方が必要な飲み薬で、慢性副鼻腔炎などの炎症を抑える薬としても使われています。2009年度決算ベースで年間67億円の売上があるそうですが、いったいどれほどの税金が効果のない薬に支払われているのか、考えると頭が痛くなります。それも処方された方は、効果がないだけでなく、副作用だけは引き受けなくてはならないのです。もし効果がないと確定すれば、承認は取り消されますが、これまで40年間もホッタラカシにしていた厚生労働省もいかがなものかと思っちゃいます。たとえ承認が取り消されても患者さんに薬代が戻るわけもないし。製薬会社と病院だけが利益を得て、誰も責任をとらないということに憤りを感じるのは私だけでしょうか・・・

|

2011年1月19日 (水)

猫ちゃんのホメオパシー体験談

2 クライアントさんから貴重な体験談を聞き、ブログ掲載の許可をいただいたので写真とともに記事にしたいと思います。

←こちらが本日のメイン・キャストのぽけこちゃんです。なんだか笑っているように見えますね~。

この猫ちゃんは生まれつき右前足の指と爪がなく、1年以上経っても生える気配がなかったそうです。不憫に感じていたクライアントさんはホメオパシーでなんとかしてあげたいと考えていましたが、ホメオパシーは奇形を改善するようなミラクルを起こすものではないことを知っていたので、少しでも猫ちゃんの精神的負荷を軽減できないかと心を砕いていました。もちろん由井先生の動物相談会の予約を入れましたが、順番が来るまでだいぶお待ちになったそうです。

そんなある日、クライアントさんが購入したマザーチンクチャーを好奇心いっぱいに欲しがる様子をみて与えてみることにしました。それまでも「必要なものは分かるんだ~」とばかりに、欲しがったり嫌がったりしていたそうです。

Photo しばらく与えてみると、あらビックリ! 指はないものの、ちょうど親指にあたる部分に爪が生えてきたそうです(左写真の中央の米粒のようなものが爪)。

今ではクライアントさんご家族に愛され、天真爛漫に過ごすぽけこちゃんなのでした。めでたし。

以前、自分自身の喘息が改善したことを、「体験者が語る内容は主観的であり、それがホメオパシーによるものだという根拠にはならない」と言われたことがあります。しかし何年にもわたり患者のお手本よろしく薬を欠かさない生活をしたにもかかわらず、よくなるどころか悪化し続け、終いには「喘息とは一生の付き合い」と医師から言われた状態から脱却したのです。確かに今回の場合も何もしなくても爪は生えたのかもしれません。しかし科学的に作用を証明できないホメオパシーの場合、このようなケースを継続的に観察し、集積することでしかそのよさをご理解いただくことが難しいと思われます。どんな小さな体験談でも結構ですので、会報オアシスなどに投稿いただきたく思います。

(追記)Nさん、お写真と体験談掲載を許可していただき、ありがとうございました!

|

2011年1月17日 (月)

ステロイドについて

前々回、成人型アトピー性皮膚炎に関する記事の中で脱ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤について触れたので、本日ももう少しステロイドについて書きたいと思います。といっても医師でない私には詳しいことが書けるはずもなく、またみなさんを納得させるだけの知識と文才もないので、ここはハーバード大学医学校を卒業したアンドルー・ワイル医学博士に登場いただくことにします。ワイル博士は国立精神衛生研究所の研究員やハーバード大学植物博物館の民族精神薬理学研究員として伝統医学や代替医学、薬用植物、治癒論の第一人者といわれる方です。1996年には、著書「癒す心、治る力」が全米でベストセラー第一位となり、「タイム」誌の「今、最も影響力をもつ25人の米国人」の一人にも選ばれています。

その著書にはホメオパシー理論の一部には賛成しかねるし、その理論体系全体が現代の物理学や化学の理論モデルに合致しないなど、理解できないところがあるとしながらも、自分自身でもホメオパシーの治療を受け、他人の治療もつぶさに観察した結果、害を与えることのない治療法にたいして敬意を払っていると書かれています。またそれは治療結果にたいしてだけでなく、ハーネマン(ホメオパシーを創始したドイツの天才医師)の思想の一部が有用だとも考えていると述べられています。

以下に抜粋すると・・・

ハーネマンの考えでもっとも重要な点のひとつは、病気の目にみえる症状をおさえつけることの危険を説いているところである。彼は皮膚のかゆみや発疹を例にあげ、病気は皮膚から外にでていくので、体表にあらわれる症状は体内にあらわれる症状よりもいい徴候だと教えてくれる。抑圧的な治療法は病気のプロセスを内部に押しやり、重要臓器にまで追いつめてしまうというのだ。抑圧的治療はかゆみや発疹を消すことができるが、将来もっとたちの悪いトラブル、さらに強力な抑圧治療にも抵抗するようなトラブルを発生させる。

ハーネマンは副腎皮質ホルモンが発見されるずっと以前に、そのことに気づいていた。副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)はひじょうに強力な抗炎症ホルモンであり、現代医学の医師はその害について真剣に考慮することもなく安易に投薬している。(略)

わたしの患者でもステロイド依存になった人の数は年々ふえる一方だ。ステロイドのクリームや軟膏を使っているあいだは発疹もおさえられるが、ひとたび使用をやめるとたちまち症状が再発し、しかも以前よりも悪化する。病気のプロセスが解消されたわけではなく、症状を奥に追いやっただけなのだ。(略)

ステロイドが全身的に使用されると、その抑圧的効果と毒性はさらに顕著になる。

この毒性が気になる方は「癒す心、治る力」を一読ください。またアトピーの患者さん1000人へのアンケートにより、患者による患者のための初の実態調査本「アトピー性皮膚炎 患者1000人の証言」(子どもの未来社)も多くのことを教えてくれる本だと思います。ここにはアトピーをステロイドに関する歴史的な経過、闘病生活や経験を踏まえた対処法などがわかりやすく記述されています。

症状に対するアプローチはさまざまあると思いますし、一長一短があります。ただ何を選択するかは自由ですから、多くの情報から納得いく療法を見つけてほしいと願っています。

|

2011年1月10日 (月)

成人型アトピー性皮膚炎について

皮膚の問題でホメオパシー健康相談会にいらっしゃる方は少なくありません。軽い乳児湿疹の赤ちゃんもいれば、大人になってもずっとアトピーと付き合っているという方まで、状態や出る場所も人それぞれです。ただ多くの方に共通するのは、「ステロイドを使用しないで治したい」というご要望です。

もちろん誰もが自由に治療方法を選択できますし、ホメオパシーを現代医療と併用することも可能です。ただホメオパスとしてステロイドを勧めたり、止めるようにお話しすることはできません。その点においても選択はクライアント自身の決断に委ねられます。ホメオパシーや脱ステロイドを選択した後も、症状が辛くてステロイド外用剤を使用することがあります。その際、ホメオパスはその方の意志の弱さに対する落ち込みや使用したことに対する罪悪感に関する精神ケアの観点からレメディーを選択したりします。また症状が長期に続くこともあるので、そのストレスや本当に治るのかという不安などのケアも重要です。肉体だけでなく精神的な問題にもお役にたつのがホメオパシーのよいところですね。

では「ステロイドを使用したくない」と言ってセンターへいらした方が、どうしてまたステロイド外用剤に頼ってしてしまうのか。それはステロイドの持つ性質に原因があります。ステロイドは早期に症状を抑え込み、炎症やかゆみを緩和しますが、よくなったからと塗るの止めた途端に皮膚が赤くなります。塗り続けないと皮膚が正常に機能しない、つまりステロイド依存という副作用があるためです。この依存を恐れてホメオパシーを選択する方が多いように感じます。

アトピーと診断されれば、ほとんどの医師が日本皮膚科学会ガイドラインに沿ってステロイドを処方します。そのため病院で患者から「ステロイドを使いたくない」と言われると、正直、医師も困るのだと思います。そんな中、ごく少数ではありますが、脱ステロイドに尽力されている医師もいらっしゃいます。大阪にある阪南中央病院の佐藤健二医師もそのおひとりです。以前、著書である「赤ちゃんと子どものアトピー治療」を読ませていただきましたが、「患者に学んだ成人型アトピー治療~脱ステロイド・脱保湿療法」もアトピーでつらい思いをされている方、そのご家族におすすめの本です。

成人型といっても年齢に関係なく、本来のアトピーにステロイド依存性皮膚症を合併したものを成人型アトピー性皮膚炎と呼びます。アトピーは小児の20%がかかり、多くは2歳までに自然治癒していた時代もありました。しかし現在は大人になってもステロイドが手放せない人が増えています。このステロイド依存を伴うアトピーが治りにくいアトピーの正体であると佐藤医師は指摘します。しかしほとんどの医師はこの状態を重症のアトピーとしか考えず、そのため脱ステロイドに対する理解も低いとのことです。

都内の開業医(脱ステロイド推進する医師)の講演会を訪れた際、その医師のもとで脱ステロイドを実践する重度のアトピー患者の方が「ステロイド止めますか、人間やめますか」と話されたことを思い出しました。その方はひどいステロイド依存の末、虚脱で働くこともままならなくなったそうです。脱ステロイドと出会って、使用量や回数を減らすことから始めましたが、リバウンド(離脱症状)に何年も苦しんだと話されていました。現在は仕事に恵まれ、無農薬野菜や自然食品を販売する仕事をされています。

昨今これほどまでに増加するアレルギー疾患はさまざまな要因が複雑に絡みあって形成されていると思います。ただ佐藤医師も断言するように、成人型アトピー性皮膚炎は明らかな薬害です。多くの患者がステロイドを止めることでよくなっているという事実が、それを証明しています。脱ステロイドを勧める医者はまるで霊感商法のようだとか、親がステロイドを拒否すると育児放棄だ、虐待だと責められるという声も聞きますが、「子どもがかわいそう」と目先の一時的な改善に走らず、根本治療には時間が必要であると考えて欲しいです。

症状に苦しむクライアントがよく言うフレーズに「なぜ私がこの病に苦しめられるのか」というものがあります。先に述べたように薬害や遺伝的な問題、食生活、生活習慣なども大きく関係します。そして多くの方が精神状態が悪くなると症状も悪化すると言います。好きなことをしていると気にならないのに、プレッシャーを感じると痛みやかゆみを強く感じると訴えるのです。まさに病は気から、気が病むことから病気になるのです。ホメオパシーで症状は肉体のSOSと捉えます。そして症状はその肉体に病気が潜んでいることを顕在化させてくれます。問題は症状ではない、つまり表面化した皮膚の症状のみをステロイドで改善しても、解決できていない内在する病気に対応しなければ根本治療には至らないというわけです。

話が長くなりすぎましたね。私が言いたかったのは肉体にしろ精神にしても症状を恐れず、向き合ってほしいということです。そのお手伝いを今後もさせていただきたいと思っています。

***おススメ書籍***

「赤ちゃん・子どものアトピー治療」子どもの未来社

「患者に学んだ成人型アトピー治療~脱ステロイド・脱保湿療法」柘植書房新社

***佐藤健二先生のブログ***

http://steroidwithdrawal.blog92.fc2.com/

|

2011年1月 5日 (水)

DVD「加工食品の舞台裏」

今から6年位前にテレビ番組で食品ジャーナリストの安部 司氏が白い粉や真っ赤な着色料で作る加工食品(いくらもどきなど)に衝撃を受け、著書「食品の裏側」を読みました。その記憶も薄れてきたので、DVD「知っていますか?加工食品の裏側」を再見することにしました。

以前感じたのは、加工食品が与える驚くべき影響(廃棄されたコンビニ弁当やスーパーの惣菜を与えられた豚に流産、死産が増加し、羊水がチョコレート色に濁る!味覚障害や精神の問題)の恐ろしさでしたが、今回はそれを忘れてしまう自分自身が恐ろしいと感じました。日頃から気をつけているつもりでも、外出先や忙しい日は「少しならいいか」と気を許すと、あっという間に生活に入り込んでいる現状に驚かされます。

私たちは空腹になると食物がエネルギーであると感じますが、人体が日々、食物と入れ替わっているとは感じにくいです。しかしタール色素(石油)や 肉体(生命)を維持することはできません。また添加物単体では安全確認されていても数十種類を組み合わせた場合の安全性は確認されていないことなどを肝に銘じて、キッチンに存在しないカタカナ食品(添加物)は口にしない努力をしようと再度心に誓いました。

だからと言って全く口にしない、というのは不可能なので、努めて気をつけることが大切ですよね。アメリカでは年間に平均7Kgの添加物を食べているという調査報告もあります。毎日の心がけ、その積み重ねが重要であると再確認できるDVDでした。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »