« めざせ、パーティー力アップ! | トップページ | 成人型アトピー性皮膚炎について »

2011年1月 5日 (水)

DVD「加工食品の舞台裏」

今から6年位前にテレビ番組で食品ジャーナリストの安部 司氏が白い粉や真っ赤な着色料で作る加工食品(いくらもどきなど)に衝撃を受け、著書「食品の裏側」を読みました。その記憶も薄れてきたので、DVD「知っていますか?加工食品の裏側」を再見することにしました。

以前感じたのは、加工食品が与える驚くべき影響(廃棄されたコンビニ弁当やスーパーの惣菜を与えられた豚に流産、死産が増加し、羊水がチョコレート色に濁る!味覚障害や精神の問題)の恐ろしさでしたが、今回はそれを忘れてしまう自分自身が恐ろしいと感じました。日頃から気をつけているつもりでも、外出先や忙しい日は「少しならいいか」と気を許すと、あっという間に生活に入り込んでいる現状に驚かされます。

私たちは空腹になると食物がエネルギーであると感じますが、人体が日々、食物と入れ替わっているとは感じにくいです。しかしタール色素(石油)や 肉体(生命)を維持することはできません。また添加物単体では安全確認されていても数十種類を組み合わせた場合の安全性は確認されていないことなどを肝に銘じて、キッチンに存在しないカタカナ食品(添加物)は口にしない努力をしようと再度心に誓いました。

だからと言って全く口にしない、というのは不可能なので、努めて気をつけることが大切ですよね。アメリカでは年間に平均7Kgの添加物を食べているという調査報告もあります。毎日の心がけ、その積み重ねが重要であると再確認できるDVDでした。

|

« めざせ、パーティー力アップ! | トップページ | 成人型アトピー性皮膚炎について »