« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月24日 (金)

めざせ、パーティー力アップ!

今年は女子会という言葉がよく聞かれましたが、来年は是非、女子だけで集うのではなくパーティー力(りょく)を養おうではありませんか。

実はこの秋、20年以上会っていなかった友人たちと神戸で集まる機会がありました。古い友人とはよいもので、まるで20年前に戻ったかのような楽しい時を過ごすことができました。その頃はみなが独身だったこともあり、毎週のようにどこかに集まってパーティーがありました。学生時代にも変わったパーティー、たとえば必ず水玉模様を含むコーディネートをしなければならないとか、色やデザインに約束事がある集まりがあったものです。他にもおでんパーティーやPot Luck Partyがよく行われました。バブルというはじけた時代だったこともありますが、その後も度々開催されたのは、私のまわりにお祭り好きの人が多かったのかもしれません。おかげで会話が続かないということがなく、どんなに会話が苦手という方とでもある程度は話を続ける自信があります。しかし上手にコミュニケーションがとれているかどうかは・・・?

昔に比べ、私たちのコミュニケーション能力は落ちているといわれていますが、問題なのは対話力が低下していることではなく「パーティー力」の低下であると表現されたのは辻信一教授(明治学院大学国際学部教授で文化人類学者・環境活動家)です。教授によるとパーティー力とは「一緒にいること」であり、この力がなくなってきているそうです。学生が自分たちで集う場をどんどん作っていたアメリカ大学生時代に比べ、日本にはこうした場がないことに驚き、ゼミを持ったときに「自分たちなりの美意識でパーティーができるゼミ」を提案して、自らが音楽を選び、持ち寄った食べ物を楽しみ、回を重ねるどとに少しずつ好きなことをやり、話ができるようになったようです。

そこで見えてきたのは、学校や家庭にその環境がなかったことでした。学生たちが高校を卒業するまで「質問なんかするな。そんな時間があったら答えを覚えろ」という受験対策の教育が強いられています。疑問をもち、尋ね、解決するという非効率なことに慣れていないということがあるようです。対話力低下の原因は、現在の教育や社会を作った私たち大人が競争や効率を優先した結果として起きた問題なのかもしれません。

辻教授は照明を消し、ロウソクを灯して仲間と語り合うキャンドルナイトなどのスローライフ運動の呼びかけ人でもあります。ときに「ああすべきだ」「そうすべきだ」というものではなく、人々や社会、自然との無数のつながりの網の目の中で生かされていることを実感することが大切ではないでしょうか。つながり、そこには必ず相手があり、折り合いをつけなければならない、これをスローと呼びます。なぜなら、つながるには時間がかかるから。時間を惜しまず折り合いをつけることがコミュニケーション力をアップすることになるわけです。

ゆえにパーティーを開こうじゃありませんか。気取った食器や演出はいりません。紙コップ(エコじゃないのでマイカップがべター)に持ち寄った料理、お菓子だけでもOKです。来年は健康をキーワードに集える場を提供できるように努力したいと思うクリスマス・イブになりました。

|

2010年12月17日 (金)

映画「WATER」を観て

R0012166 これはロシアの製作チームが2006年に製作し、国営テレビ局から最優秀ドキュメンタリー映画賞など3つの賞を受賞したドキュメンタリー映画です。プロデューサーはモスクワ在住のサイーダ・メドヴェデヴァさんで、多くの映画の依頼を受けて科学番組やドキュメンタリー番組などの製作に携わってきました。しかしこの「WATER」はスポンサーの意向に基づくものではなく、サイーダさん自身が何年も温めてきた題材である水の神秘について純粋な思いで作った映画だそうです。

ここには23名もの科学者、研究家、宗教家が登場し、水に関するさまざまな知見や研究成果、宗教、哲学を語ります。中にはノーベル化学賞受賞者やロシア正教の大司教、ウイーンの核物理学研究所教授、イスラエルの神学博士、アメリカの免疫学者、チベットの医師らが研究の分野や宗教宗派が異なるにも関わらず、みな共通して「水は情報を記憶する」「人の想念や感情によって水が変化する」と主張しています。

ホメオパシーと水は切っても切れない関係にあります。レメディーを作るに当たり、どうして物質をその分子が存在しないほど水とアルコールで希釈したものを利用するのか? 科学者にはあまりにありふれた物質のため研究対象として魅力的でないのかもしれない水ですが、とんでもない! 私自身もこれまで副作用を起こさないための希釈であり、高度に希釈することではるかに強い影響力を及ぼす(映画でもカザフ国立大学生物物理学教授もおっしゃっていました)ためだけだと勘違いしていました。用いられた物質(たとえばマーキュリーなら水銀など)にばかり着目しがちでしたが、水そのものにこそ意味があったとのだと気付きました。

水こそが生命を付与し、原初の生命力を有する物質である。すべては水の中で始まる。

とんでも科学だと言われかねませんが、世界で起きている異常気象や災害、戦争、テロリズム、自殺率の増加というものはすべて私たちが不健康であることの結果であり、そしてこれは逆の方向にも影響を及ぼすという言葉が心に響きました。つまり人間の肉体で75~90%を占める水を汚して否定的なエネルギーをまき散らすことがこの世界に悪影響を及ぼしているのかもしれません。多くのスピリチュアルな教えや量子物理学の分野においては、「私たちは一つに繋がっている」とよく言われます。私たちが抱いた想念や感情は良くも悪くも私たちのまわりの環境に影響を与え、その環境からも影響を受け取るのです。

今後、石油の次には水を奪いあう時代(こちらが先かも)もそう遠くはないようです。身近な環境を汚さず、自分の内なる水を汚さないことが世界平和に繋がるのかも・・・。だとするなら世界を変えることは考えるほど難しいことではないのかもしれませんね。世界を変えるにはまず自分から!

ホメオパシーに興味のない方にも観ていただきたい素敵な映画でした。水の惑星、美しい地球を7世代先の子どもたちへ受け渡したいと考える全ての人におススメの映画です。現在、渋谷UPLINK Xで上映中です。詳しくは下記まで。

http://www.uplink.co.jp/x/log/003786.php

|

2010年12月 3日 (金)

小さきものはなぜ可愛い

赤ん坊、子犬、子猫・・・小さいものはなぜああも可愛いのだろう。大きかったら産みにくい、ってのは身も蓋もない回答ですね。ある人が「小さく、そして愛くるしく生まれてくるのは、その容姿を持ってして全面的に面倒をみてもらおうという魂胆ゆえだ」と言いました。

小さくてまだ何もできない、その上可愛いとなれば、私が守らねば、世話をせねばという気持ちにさせられます。ミルクを与えては微笑み、オムツを換えては気持ちよさそうに眠ります。そして私の姿が見えなくなると火がついたように泣きます。人生でこんなにも私を必要としてくれる人がいるでしょうか。いいえ、赤ん坊にとっては世話係の姿が消えることは死活問題、そりゃー必死になるでしょう。でも世話係は誰でもよいわけでなく、私じゃなくちゃ嫌だと人見知りという技まで駆使するのです。いや~賢いしけな気。

だからでしょうか、子どもは3歳までに(その可愛さで?)親孝行を終えると聞いたことがあります。もしかするとその子どもの人生においても、これほどまでに人を必要とし、求めた時期はないのかもしれません。欧米では人生で一番しあわせな時期は家に赤ん坊がいるときだといいます。最近は悲しい事件が多いですが、今一度お母さんたちに考えて欲しいと思います。わが子の泣き声はうるさい騒音でしょうか?育児はわずらわしいだけでしょうか?子どもは必死でお母さんを呼び、助けを求めています。なぜならお母さんが唯一の頼りだから、そしてお母さんを愛しているから。

子どもに必要とされない親はいないですし、それがどんな人格や容姿、どんな生活をしていても全身全霊で親を受け入れてくれます。なんと慈悲深い愛情でしょう。しかしこの蜜月は長くは続きません。あっと言う間に「クソババア」と言われるようになるのですから・・・(それも悪くないですよ。子どもが順調に親離れしている証ですから)でもせめて、短い子育て時代を最高に愛された美しい時代として記憶にとどめたいものです。

文頭で子どもの魂胆と書きましたが、神様の・・といってもよいのかもしれませんね。

これを読んでいるお母さんの中には、子どもが可愛いと思えないという方もいるでしょう。またどう接してよいかわからないとい方もいるかもしれません。でもそれはあなた自身の責任ではありません。あなたには充分に愛されたという経験が不足しているだけかもしれません。他にも親との関係に問題を抱える方もいるでしょうし、学校や会社の人間関係に苦しんでいる方も少なくないでしょう。そういう方にこそホメオパシーという選択肢があるとお伝えしたいです。どうもホメオパシーは肉体的な問題にのみ使用されるものだと考えている方が多いので・・・。1・2カ月に1度その問題点について真剣に考えてみる、そしてレメディーに助けてもらう方法もあるのだと声を大にして言いたいです。

※これを読んでいるお父さんは、母を父に置き換えてお読みください。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »