« ワクチン接種海外情報~接種を悩んでいる方へ | トップページ | 親との、子とのかかわりについての問題 »

2009年10月24日 (土)

災害が原因で発症した精神のトラブルに

昨夜の報道番組で、地震直後にはなかった落ち込みの症状が数年経ってから出てきたという方の特集を観ました。災害直後は緊張感で症状が出なかったのに、仮住宅から地元に戻って安心した途端に発症したということでした。彼女はその地域の数少ない看護師であり、多くの人から頼りにされた人でもあり、災害時から続く緊張と重責で、自分の体調をかえりみることが出来なかったのかもしれません。そんな状態にもかかわらず、病を押して現在も看護師を続けている様子が放送されていました。

ただ度を越えた無理をするこの方が、1日も早くホメオパシーという療法の存在に気づいてくれるよう願わずにはいられませんでした。立て続けに起こった震災のたびに、このブログでも地震支援活動として各地域のホメオパシー・センターにて無料の災害レメディーをお配りしているとお知らせしました。災害のショックや不安を後々まで続かせない、また時を経て深刻な症状に発展させないためにも早めの対処が必要です。もちろん今からでも遅くはありません。もし災害以来の症状や災害の経験から最近になって気分が重い、やる気が起きない、不安が強くなった、食欲がない、眠れないなどの状態が続く方は、お近くのホメオパスにご相談することをお勧めします。

災害の恐怖に関するレメディーは、左側バーの「バックナンバー」をクリックの上、2006年6月23日の「岩手宮城内陸地震支援活動」をご覧下さい。岩手・宮城で健康相談会を希望される方も同日の記事にセンター連絡先が掲載されています。尚、現在は無料のレメディー配布は行われておりませんのでご了承願います。

|

« ワクチン接種海外情報~接種を悩んでいる方へ | トップページ | 親との、子とのかかわりについての問題 »