« 落ち込むようなミスも・・・ | トップページ | ホメオパシーで何ができるのか? »

2009年6月22日 (月)

ナプキン・タンポンのレメディー体験談

友人のホメオパスから新しい体験談を耳にしました。生理用品(ナプキン・タンポン)に関するレメディーを使用した子供のケースです。子供に・・・?と思われるでしょうが、実はお母さんが長年タンポン使用者で、お子さんも紙オムツ使用の方なのですが、実はこの2つ、原材料はほとんど同じものなのです。市販の生理用品の多くは石油由来物質からできており、塩素漂白(昨今は酸素漂白になってきているようですが)・ダイオキシンなどが含まれています。吸収力をアップさせる高分子ポリマーも多くは石油化学合成品です。コットン使用を謳った製品もありますが、綿栽培の時点で使用される除草剤や殺虫剤の残留農薬の心配があります。

何も口から食べるわけじゃないし・・・と考える方もいらっしゃるでしょうが、毒物は経口で消化器官に侵入する場合より、膣粘膜から吸収されたほうが肉体への影響が大きいとの指摘があります。最近気づいたのですが、健康相談会でトップだったアトピーなどの皮膚疾患が、婦人科系の病に抜かされました。それほどまでに子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・不妊・性感染症の相談が増加しています。

以前にお勧めした布ナプキンもよいと思うのですが、本来は、昔の女性のように骨盤底筋を鍛えて、経血はトイレで出すようにし、布ナプキンもあまり汚さないというのが理想ですが・・・ これが出来れば、将来尿漏れパッドにお世話になることもないんですけどね~

話がそれましたが、上記のことを気にしたお母さんがお子さんに与えたところ、かぶれが軽減し、それまであったかんしゃくが減った(!)との話です。これにはお母さんもビックリして、紙オムツの影響が大きいと確信し、それ以降布オムツに換えたそうです。これは皮膚のかぶれが軽減したことによりイライラが解消されたのか? はたまた・・・? 理由は解明できませんが、お子さんにとってはよい方向に向かっているのは確かです。

気になる方は母子で試してはいかがでしょう。 

※日本ホメオパシー医学協会より、ホメオパスが特定のレメディー販売会社の商品名を掲載することは避けるようにとの指導がありましたので、商品名は削除いたしました。気になる方はかかりつけのホメオパスにご相談ください。

|

« 落ち込むようなミスも・・・ | トップページ | ホメオパシーで何ができるのか? »