« 豚インフルエンザ対応 | トップページ | 人為的ミスで新型ウイルス発生? »

2009年5月13日 (水)

スイスでホメオパシーを現代医学と同等に認可する国民投票!!

BIGなニュースが入りました。スイス国民の2割が使っているといわれるホメオパシーが、今月国民投票によって支持されれば、健康保険適用になる!!かもしれません。

スイスでは医師免許を持たない代替医療師は約2万人おり、多くの国民が200種類もの代替医療を利用しています。こうした現状を受け国民から「代替医療を認可するように」との主張が高まり、99年~試験的に5つの代替医療(ホメオパシー・中国伝統医療・薬草療法・アントロポゾフィー・神経療法)が健康保険適用となりました。憲法改正には、州と国民両方の賛成過半数が必要であり、もし支持されれば、これらの代替医療は医療として正式に認められます。

ただ残念なのは、この提案が支持されても、医師免許を併せ持つ医師ホメオパスの場合特に健康保険でカバーされるだろうと賛成者側は説明している点。2万人の代替医療師がいるのに、医師免許を持つのは3000人。このうち医師ホメオパスがどれ程いるかは不明ですが、人口に対してホメオパスは十分なのでしょうか? 私たちのような医師でないレイホメオパスは、現在も日々進化し続けるホメオパシーのみを追求する存在であり、誰よりホメオパシーに精通する者であると思います。また近い将来、家庭医のような存在としてプライマリーケアの役割を担えるとも信じております。レメディーとは拮抗する薬剤をも処方する医師ホメオパスだけに健康保険を認めるのではなく、多くの国民が利用する代替医療にも広い範囲でスイス憲法が認められることを望みます。もちろん日本国憲法でも認められることを!!

詳しい記事を読みたい方は下記swissinfo.chへ

http://www.swissinfo.ch:80/jpn/politics/internal_affairs.html?siteSect=1511&sid=10682990&cKey=1242040570000&ty=st

★セルフケア参加者の皆様へ

次回講座の際に予定していた予防接種の映像はこちらのハードの問題で持参できなくなってしまいました。コピーを配布して解説させていただきますので、ご了承くださいね。

|

« 豚インフルエンザ対応 | トップページ | 人為的ミスで新型ウイルス発生? »