« ホメオパシーが医療として認められました!! | トップページ | 落ち込むようなミスも・・・ »

2009年5月24日 (日)

日本風邪ってネーミングは・・・

この数日、都内でもマスク姿を見かけるようになり、花粉症再来のような光景です。今回の新型インフルエンザは今のところ弱毒性で、罹ったとしても冬に流行るインフルエンザとあまり変わりがないと報道されていますが、ブラジルなどで死者が出ていたことで、恐ろしい病との考えがすっかり出来上がったところに日本上陸したので、多くの人が罹りたくない、予防せねば、との思いからマスクの売り切れ状態を引き起こしているようです。また毎年のインフルエンザでは幼児や老人が主な感染者であるのに、今回は若者が多く感染していることからスペイン風邪と酷似しているため不安が増幅したのかもしれません。

マスクで完全に予防できるわけではありませんが、湿気に弱いウイルスなのでないよりはあった方が・・・というより、もしも感染してそれが世間に知られたら、そして自分から他人に感染させたら、ということを恐れている人も多いように感じます。以前、由井先生から(社会や世界、組織はあるが)「世間」という概念が英語にない、という内容の話を伺ったことがあります。その時、ああ、個人主義の国だからないのかー、世間体なんて言葉もないんだろうなー、日本語にアイデンティティーなんて言葉がないように・・・などと考えた覚えがあります。

それにしても日本人の過剰な反応は、不安症候群かパニック症に近いのではないでしょうか。もともと責任感が強く、几帳面でキレイ好きな国民ですから、アーセニカムやアージニット化しやすいのかもしれませんが、だからと言って政府がタミフルやリレンザを大量備蓄するのはいかがなものかと思います。使わなかったらただの廃棄物なわけだし・・・。そういう重大な決定権のある人にこそ冷静な対応をしていただきたいと言いたい気分です。

ワールドニュースでは、神戸や大阪での感染拡大で町中にあふれるマスク姿の映像や、マスクが売り切れるという不安過剰な日本人の姿が流れました。そればかりか、アメリカではヤンキースの試合が通常通りに行われた日に、ニューヨークから帰国した女子高生の感染が確認され、行かせた責任を学校長が泣きながら謝罪する記者会見がアメリカでも報道されました。神戸や大阪ではスポーツチームがマスク着用を義務付けられ、観戦者にも着用を呼びかけていた矢先、大物アーティストのコンサートは中止され、これまた海外へ配信されました。そして感染者数は劇的に増加し、パンデミックは日本で起こっていると勘違いされてもおかしくない状況です。それゆえ最近では、この新型インフルエンザを「日本風邪(Japanese Flu)」と呼ぶ人が増えていると22日の情報番組「とくダネ」のコメンテーターの大学教授が話していました。

以前にも似たような経緯を辿ったのが「スペイン風邪」です。このインフルエンザ・パンデミックはスペインで発症したのではなく、米国デトロイト・サウスカロライナ付近が発生源でした。しかし当時は第一次世界大戦中で、世界の情報が検閲されていた中、スペインは中立国であり情報統制がされていなかったため、スペインでの大流行が大きく報じられた為、この不名誉な名称が付いたらしいです。

このままだと現在流行中のインフルエンザも「日本風邪」が定着してしまうかも・・・。そんな心配をしている私こそがアーセニカム化しているのかも?

|

« ホメオパシーが医療として認められました!! | トップページ | 落ち込むようなミスも・・・ »