« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月24日 (日)

日本風邪ってネーミングは・・・

この数日、都内でもマスク姿を見かけるようになり、花粉症再来のような光景です。今回の新型インフルエンザは今のところ弱毒性で、罹ったとしても冬に流行るインフルエンザとあまり変わりがないと報道されていますが、ブラジルなどで死者が出ていたことで、恐ろしい病との考えがすっかり出来上がったところに日本上陸したので、多くの人が罹りたくない、予防せねば、との思いからマスクの売り切れ状態を引き起こしているようです。また毎年のインフルエンザでは幼児や老人が主な感染者であるのに、今回は若者が多く感染していることからスペイン風邪と酷似しているため不安が増幅したのかもしれません。

マスクで完全に予防できるわけではありませんが、湿気に弱いウイルスなのでないよりはあった方が・・・というより、もしも感染してそれが世間に知られたら、そして自分から他人に感染させたら、ということを恐れている人も多いように感じます。以前、由井先生から(社会や世界、組織はあるが)「世間」という概念が英語にない、という内容の話を伺ったことがあります。その時、ああ、個人主義の国だからないのかー、世間体なんて言葉もないんだろうなー、日本語にアイデンティティーなんて言葉がないように・・・などと考えた覚えがあります。

それにしても日本人の過剰な反応は、不安症候群かパニック症に近いのではないでしょうか。もともと責任感が強く、几帳面でキレイ好きな国民ですから、アーセニカムやアージニット化しやすいのかもしれませんが、だからと言って政府がタミフルやリレンザを大量備蓄するのはいかがなものかと思います。使わなかったらただの廃棄物なわけだし・・・。そういう重大な決定権のある人にこそ冷静な対応をしていただきたいと言いたい気分です。

ワールドニュースでは、神戸や大阪での感染拡大で町中にあふれるマスク姿の映像や、マスクが売り切れるという不安過剰な日本人の姿が流れました。そればかりか、アメリカではヤンキースの試合が通常通りに行われた日に、ニューヨークから帰国した女子高生の感染が確認され、行かせた責任を学校長が泣きながら謝罪する記者会見がアメリカでも報道されました。神戸や大阪ではスポーツチームがマスク着用を義務付けられ、観戦者にも着用を呼びかけていた矢先、大物アーティストのコンサートは中止され、これまた海外へ配信されました。そして感染者数は劇的に増加し、パンデミックは日本で起こっていると勘違いされてもおかしくない状況です。それゆえ最近では、この新型インフルエンザを「日本風邪(Japanese Flu)」と呼ぶ人が増えていると22日の情報番組「とくダネ」のコメンテーターの大学教授が話していました。

以前にも似たような経緯を辿ったのが「スペイン風邪」です。このインフルエンザ・パンデミックはスペインで発症したのではなく、米国デトロイト・サウスカロライナ付近が発生源でした。しかし当時は第一次世界大戦中で、世界の情報が検閲されていた中、スペインは中立国であり情報統制がされていなかったため、スペインでの大流行が大きく報じられた為、この不名誉な名称が付いたらしいです。

このままだと現在流行中のインフルエンザも「日本風邪」が定着してしまうかも・・・。そんな心配をしている私こそがアーセニカム化しているのかも?

|

2009年5月20日 (水)

ホメオパシーが医療として認められました!!

5月17日、スイスで行われた国民投票で、ホメオパシーを含む代替医療が憲法上正式に認められました!!

あまりに嬉しくて↑赤字×太字にしてしまいました(笑)。

この日国民投票で問われた第一案件「憲法で代替医療を医療として認める」が高い支持率と全州の賛成で承認されたのです。前々回にも書いたとおり、スイス国民の多くが利用している代替医療は現在健康保険でカバーされていませんが、今回憲法で医療として正式に認められたことで、今後健康保険が支払う種類の限定や医師免許など、諸規定の制定がされた後、健康保険でカバーされます。

今回の国民投票は憲法改正を問うため、州と国民両方の賛成過半数が必要とされましたが、開票後まもなく過半数を超える支持率が明確になり、なんと!国民の67%の支持と全州の賛成で承認されました。

代替医療の1つであるホメオパシーは、約2割の国民がしばしば服用し、8割が1度は使ったことがあるという調査結果があるほど、スイスでは普及した療法です。社会民主党のシモネッタ・ソマレガ議長は「国民は代替医療は効果があり、西洋医学には限界があることを理解した。反対していたパスカル・クシュバン内務相も3分の2の国民の賛成にかなりの圧力を感じるだろう」と語っています。

反対者側は、医療領域拡大により医療費が値上がりすると懸念していますが、ホメオパシーのレメディーは薬剤に比べ大変安価なものであり、また原材料となる植物や鉱物はほんの少量で大量生産ができるためエコでもあります。そればかりか大きな病を発症する前に健康管理として取り入れていただければ医療費削減が実現することは、簡単に想像できます。日本の政治家にも是非読んでいただきたいニュースですね。

「もう政治家になるか、スイスに移住するかな~」なーんて申しません。今後も日本おけるホメオパシー普及に全力で努めたいと考えております。手始めに7月から5名のホメオパスによる講習会を東京・千葉・埼玉の各地で行う予定です。詳しくは、次回6月発送となる会報誌「オアシス」やこのブログのカテゴリー「セルフケア講座」でお知らせしたいと思います。

上記報道を詳しくお読みになりたい方はswissinfoへ

http://www.swissinfo.ch/jpn/politics/internal_affairs.html?siteSect=1511&sid=10708519&cKey=1242630221000&ty=st

|

2009年5月14日 (木)

人為的ミスで新型ウイルス発生?

5/13付共同通信によると、新型インフルエンザ・ウイルスはウイルス培養、ワクチン製造の過程で人為的なミスにより発生した可能性がある、との報道がありました。短い文章なので、全文を下記に掲載します。まだ検証されたわけではありませんが、みなさんはどうお感じになりますか?

【ジュネーブ13日共同】世界的な感染拡大が続いている新型インフルエンザのウイルスについてオーストラリアの研究者が「人為的なミスで発生した可能性がある」との説を主張、世界保健機関(WHO)が各国の保健当局に調査を依頼するなどの騒ぎになっている。

 「人為ウイルス説」を主張したのはオーストラリアのベテラン科学者(75)で、抗ウイルス薬タミフルの開発にかかわったこともある人物という。カナダ通信などによるとこの研究者は、新型インフルエンザウイルス(H1N1型)が、ウイルスの培養やワクチン製造に使われる鶏卵の中で、偶然出来上がった可能性があると指摘。WHO報道官によると、WHOはこの説を先週末ごろ受け取り、日米欧の保健当局や研究機関に調査を依頼したが結論は出ていないとしている。

 イタリアのANSA通信によると、WHOの依頼を受けた国連食糧農業機関(FAO)のウイルス研究者は「人為的にできたという説は根拠が不十分」などとしている。

http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051301001044.html

|

2009年5月13日 (水)

スイスでホメオパシーを現代医学と同等に認可する国民投票!!

BIGなニュースが入りました。スイス国民の2割が使っているといわれるホメオパシーが、今月国民投票によって支持されれば、健康保険適用になる!!かもしれません。

スイスでは医師免許を持たない代替医療師は約2万人おり、多くの国民が200種類もの代替医療を利用しています。こうした現状を受け国民から「代替医療を認可するように」との主張が高まり、99年~試験的に5つの代替医療(ホメオパシー・中国伝統医療・薬草療法・アントロポゾフィー・神経療法)が健康保険適用となりました。憲法改正には、州と国民両方の賛成過半数が必要であり、もし支持されれば、これらの代替医療は医療として正式に認められます。

ただ残念なのは、この提案が支持されても、医師免許を併せ持つ医師ホメオパスの場合特に健康保険でカバーされるだろうと賛成者側は説明している点。2万人の代替医療師がいるのに、医師免許を持つのは3000人。このうち医師ホメオパスがどれ程いるかは不明ですが、人口に対してホメオパスは十分なのでしょうか? 私たちのような医師でないレイホメオパスは、現在も日々進化し続けるホメオパシーのみを追求する存在であり、誰よりホメオパシーに精通する者であると思います。また近い将来、家庭医のような存在としてプライマリーケアの役割を担えるとも信じております。レメディーとは拮抗する薬剤をも処方する医師ホメオパスだけに健康保険を認めるのではなく、多くの国民が利用する代替医療にも広い範囲でスイス憲法が認められることを望みます。もちろん日本国憲法でも認められることを!!

詳しい記事を読みたい方は下記swissinfo.chへ

http://www.swissinfo.ch:80/jpn/politics/internal_affairs.html?siteSect=1511&sid=10682990&cKey=1242040570000&ty=st

★セルフケア参加者の皆様へ

次回講座の際に予定していた予防接種の映像はこちらのハードの問題で持参できなくなってしまいました。コピーを配布して解説させていただきますので、ご了承くださいね。

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »