« 子供の急性中耳炎体験談 | トップページ | スイスでホメオパシーを現代医学と同等に認可する国民投票!! »

2009年4月29日 (水)

豚インフルエンザ対応

この数日、豚インフルエンザの報道ばかりで、不安になっている方もいると思います。現段階では日本での感染は確認されいませんが、日々感染国が増えているので、いつ発症者がでてもおかしくはありません。この報道のために心配でしかたがないという方は、まず36基本キットから、Acon.アコナイト・Ars.アーセニカム・Arg-nit.アージニットなどをとって落ち着いて欲しいと思います。一般の方ができるホメオパシー的な予防プログロムとしては、以前に【ホメオパシー的インフルエンザ予防】(詳しく読みたい方は左のカテゴリー■風邪の症状をクリックしてください)で書いた通り、Influ.インフルエンザイナムOscill.オスシロコチニューム(オシロコシナム)を3日間とる方法がお勧めです。また「ウインターIセット」でもよいです。罹ってしまったら、【風邪・インフルエンザ】・【インフルエンザ・レメディー選択のコツ】を読んで対応していただくのがよいと思います。36YOBOキットをお持ちでない方は、この機会にお買い求めいただくか、取り急ぎInflu.インフルエンザイナムOscill.オスシロコチニューム(オシロコシナム)以外にもGels.ジェルセミウム、Eup-per.ユーパトリウム・パーフ、ティッシュソルトなどを常備いただくのがよいと思います。まずはあわてず、騒がず、冷静な判断が出来るよう平常心を失わないことが必要だと考えます。

日本ホメオパシー医学協会の新型インフルエンザに関する最新情報は下記をお読みください。

http://www.jphma.org/topics/topics_70.html

|

« 子供の急性中耳炎体験談 | トップページ | スイスでホメオパシーを現代医学と同等に認可する国民投票!! »