« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月 4日 (水)

それでもスギ花粉は悪くない

このところ雨天続きで花粉症の症状が軽いという方もいらっしゃると思います。逆に今年が一番酷いとおっしゃる方も相談会にいらしています。またペットの花粉症に悩まされる飼い主さんが急増中です。

ある耳鼻科の医師曰く、花粉による症状に毎年多少の違いがあり、最近は咳を伴なう患者が増えているとのことです。その原因のひとつとして中国大陸から飛来する黄砂が考えられています。黄砂は花粉より小さい為、防御器官の粘膜をスルーして、肺に入り込み、花粉による症状+咳を誘発するのだとか。また花粉や黄砂に紛れ、大気中の硫黄・窒素酸化物も一緒に体内に入り込んでしまうことが、患者を増加させているという話です。

先月も花粉症の話をしましたが、花粉症の原因は明確になっていないので、様々なアプローチが必要になってきます。その原因物質として黄砂も上げられるなら、黄砂のレメディーも作ってもらわねばなりませんかね~。化学物質に関しては、環境対策レメディー25種類が今月中にも新発売!される予定です。

複雑化する社会同様、症状やその原因も複雑になってきています。集中力が低下する花粉症は不快で、スギ花粉は憎むべき対象と考えてしまいがちです。しかしスギ花粉が悪いのでしょうか? 違います。花粉はあるべくして存在しているだけで、それに過剰反応している肉体こそ間違っているのです。そして花粉は排出するきっかけをつくってくれる、ありがたい存在なのです。今日も一日、花粉に感謝し、排出できる体を誉めてあげましょう!

★セルフケア講座に向けてパワポイントを作成中。映像を見て、配布プリントに書き込みしながら学んでいただきます。お席の余裕が若干ありますので、お申込み希望の方はお早めに!詳しくは1/19の記事をご覧ください。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »