« パンデミック(世界的流行)を考える | トップページ | それでもスギ花粉は悪くない »

2009年2月20日 (金)

常識を疑え

「紙は文字を書くために作られた」と多くの方が考えていると思いますが、先ごろ早稲田大学で開かれた講演会でこの定説に米エール大学のバァレリー・ハンセン教授が一石を投じました。紙の発明は中国・後漢の宦官・蔡倫であるとされている(初めて知りました)そうですが、実は蔡倫は紙の製法を改良した人物というのが正しいようで、最古の紙は紀元前180~前140年(前漢時代)の古墳から発見されています。ハンセン教授は出土品の多くの木簡や竹簡に比べ、紙がわずか10点程度で、書かれた文字も漢字2文字程度であり、この文字は紙に包んだ内容物を書きとめただけ、との見解から「紙は包むものとして生まれた」との結論に至ったようです。誰もが「紙=書くもの」という意識が強いでしょうが、実は包む、もしかしたら拭くために生まれたものなのかもしれませんね。

私もそうですが、一度自分の中で常識となった事柄を疑う機会はなかなかないですよね。でもたまには天邪鬼に疑ってみてはどうでしょう?

お気に入りの石井雅之著「もやしもん2(なぜか菌が見える某農大生のキャンパスライフを描いた漫画)」の巻末におまけとして「表皮常在菌のお話」を菌であるS.エピデルミディオスやPオバーレ、Pアクネスが自ら語っています、潔癖症はクサくなると。え~、キレイ好きが臭くなるってどういうこと? キレイ好きはキレイの間違いでしょ、との常識をお持ちの方には一読をお勧めします。簡単にいうと、表皮常在菌は体の表面で悪い細菌やカビを防ぐ健康に一役かっているのに、フケの原因などとしてやたら石鹸やシャンプーで体を洗うことで菌やカビと同時に表皮常在菌がいなくなった隙に雑菌がはびこり臭いを発するというわけです。他にも水虫菌やワキガ菌が住み着かないように皮膚を守ったり、排便後の肛門付近の大腸菌の駆逐もしてくれているのです。ちなみに人間の大便の約半分はあなたの腸内細菌の死骸です。我々は菌と共に生きていることが分かりますよね。清潔な暮らしもホドホドに、常識が常識ではない、菌は汚いだけじゃない!と理解しましょう。

|

« パンデミック(世界的流行)を考える | トップページ | それでもスギ花粉は悪くない »