« そんな時こそ | トップページ | パンデミック(世界的流行)を考える »

2009年2月 5日 (木)

インフルエンザ・レメディー選択のコツ

先日、インフルエンザで熱が下がらないとの応急相談がありました。右下の「検索フレーズランキング」にもインフルエンザが入らない日がないほど猛威を振るっているということですね。このブログをご利用の方は、左のカテゴリー■風邪の症状にある【ホメオパシー的インフルエンザ予防】をされ、もし罹ってしまっても【風邪・インフルエンザ】に記載のあるレメディーで対処されていることと思います。もっと詳しく知りたいという方には、ガイドブックである「ホメオパシー的予防」をお勧めします。

取り急ぎ本日は、インフルエンザに関するレメディー選びのコツについてお話しようと思います。風邪の初期症状でインフルエンザかどうか判断することはできませんが、レメディーを選択する時に病名は必要ありません。ただ状態にあったものを選択すればよいだけです。

インフルエンザであるなしに係わらず、初期段階でInflu.インフルエンザイナムをとることは有効です。それとともにOscill.オスシロコチニューム(オシロコシナム)を初期段階で使用すると症状が短期間ですむといわれています。しかしOscill.は初期に有効なレメディーであり、症状が変化したら、その状態にあったものを選択する必要があります。

熱が上がってきた時思い出すのはBell.ベラドーナだとおもいますが、インフルエンザのような症状、たとえば熱+全く動きたくない、もしくは水分を多量に欲しがる(体の乾燥)、頭痛を伴なうのであればBry.ブライオニアがよいでしょう。熱+節々の痛みがあるならRhus-t.ラストックスEup-per.ユーパトリューム・パーフがよいでしょう。熱+寒気、微熱が続く場合にはGels.ジェルセミュームも重要なレメディーになります。

レメディーは多くの要素をもつ多面体です。上記に囚われず、どんどん試してみることをお勧めします。そして身近にインフルエンザ罹患者がいると耳にしたり、家族が罹った場合はInflu.Oscill.で再度ホメオパシック予防をしましょう。セルフケアで症状が改善しない、なかなか治り切らないという場合は健康相談会や電話応急相談をご利用いただければと思います。

|

« そんな時こそ | トップページ | パンデミック(世界的流行)を考える »