« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月 6日 (土)

風邪の時は

118 周りで風邪ひきさんがちらほら・・・と思っていたら、我が家でも1名ダウン。帰宅後、水っぽい鼻水が止まらず、喉の痛みを訴えたと思ったら、翌日には発熱。この数年発熱したことがないので、ちょっとうらやましいく思いつつ看護にあたりました。発熱の際は、水分補給も必要ですので、500mlのペットボトルの水にエキネシア・チンキ10滴とティッシュソルトを入れて飲ませながら、症状にあったレメディーを適宜とらせることで約1日で復活しました。

エキネシアは「ホメオパシーののど水飴」にも入っています。スタッフのひとりも風邪でのど水飴をなめていましたが、美味しくて喉が痛まなくてもなめてしまうといっていました。

この季節、我が家では起床後と帰宅後にこのエキネシアのチンクチャーでうがいをしています。感染症の予防にもなりますし、喉の痛みを感じるときにも有効です。また発熱をしている時には血液中の白血球が増加し、体内に侵入した細菌やウイルス、死んだ細胞を分解し膿が作られますが、この膿や老廃物を押し出し浄化する働きもあります。

風邪を予防したい、これから大事な試験・仕事を控えている方にお勧めしたいチンクチャーとのど水飴でこの冬は心配要らず!かな? 由井先生曰く、1年に1度位は溜まった老廃物を排出すべく発熱したり、鼻水を出すのがいいとのことですし、出るものは出すというのが基本なので、かかってしまったらありがたく受け入れることがいいと思います。それは体内に出すべきものが溜まっていたということですから・・・

★(写真↑)レメディーの小瓶を再利用してクリスマス・ツリーを作ってみました。実物はもう少しキレイです。先輩ホメオパスにまるで病歴のツリーだと言われましたが・・・(笑)

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »