« 米国ワクチン裁判で原告勝訴 | トップページ | 私の胃痛には・・ »

2008年9月10日 (水)

食生活の注意点

先日クライアントの方から「ホメオパスってどんな物を食べているんですか?」とご質問を受けました。なにも特別な物を食べているわけではないですが、注意していることはあります。世の中には多くの食に関する考え方がありますが、何かひとつに傾倒しているわけではなく、「それらのいいとこ取り+不自然な食品を食べない」という感じでしょうか。もちろんホメオパスも各自の考え方があると思うので、私とまったく同じという人はいないかもしれません。ただこの十数年を振り返って、体調が徐々によくなっていること、体重の過度な増減がないためダイエットの必要を感じないことからも、悪くないだろうと感じています。思いつくままに綴ると・・・

水を取る

以前はミネラルウォーターを購入していたのですが、現在は浄水器を2機種2重使用しています。若い頃は、ほとんど味の付いたお茶・紅茶・ジュース類しか口にしなかったのですが、今は水を常温で飲んでいます。ホメオパシーは「コーヒーを飲んではいけない」と思われがちですが、個人的には、レメディーと時間をあけて、ダラダラ何杯も飲むのではなく、ティータイムとして楽しむことは認めています。飲まないことでストレスになるよりはいいかな、と思います。ただコーヒーに含まれるカフェインの体内残留時間は6~8時間といわれているため1日1杯ですね。また、水やレメディーをとるようになって、コーヒーなどの刺激物が必要なくなったという方もいますし、私自身は飲みすぎると胃痛を起こすようになったので、体調によって加減しています。

添加物(保存料・着色料・香料など)不使用の食品を選ぶ

添加物については何度か取り上げましたが、自然界に存在しない人工的なものは口にしないように心がけています。ただし限界がありますが・・・

精製された真っ白な食品は避ける

たとえば白砂糖や白い小麦粉、また綺麗な色を保つために漂白剤などが使われたものは避けます。ドライフルーツ好きなのですが、白砂糖と漂白剤の使われていないものは一般的に少なく残念です。塩に関しても海塩を選んでいます。市販の塩の袋に記載された原材料を読み比べると驚くようなことに気づきますよ。

新鮮な有機野菜や果物を食べる

出来る限り新鮮な無農薬野菜と果物を食べることが大切ですが、現代人は足りていないと思います。果物は食前に、特に午前中にたくさんとる事にしています。

肉・魚の質を見極めて購入する

食品偽造が話題になる中、見極めは難しいのですが、出来る限り信頼の置ける店で購入します。通常の家畜は交配時に遺伝子組み換えがされたり、成長ホルモンや抗生物質の投与がされているので避けるようにしています。魚も養殖でないものを選ぶようにしていますが、回遊魚であっても、大型のものは食物連鎖による水銀が心配ですね・・・。由井先生は、ほとんど菜食主義であるとおっしゃていました(なのに痩せないとも)が、育ち盛りがいる家庭では難しいですよね。代用としてたまにグルテンを使ったりします。

乳製品は最小限に

様々な理由から牛乳はほとんど飲みません。チーズは好きなので止められませんが、生乳のみで作られたものを少量使用します。牛乳の代用品としては、無調整有機豆乳を使っています。一時期、ライスクリームも使用したのですが、取り扱い店の少なさにギブアップしました。

玄米・雑穀をとる

玄米を発芽米にする機能付炊飯器を使用していたのですが、発芽に8時間かかる上、その水を取り替えねばならないので、予約炊飯ができずギブアップしました。現在は無農薬の玄米を炊いています。

缶・チューブ・レトルト・冷凍状態のものを避ける

避け切れないのが現状ですが、出来る限り避けます。毎日のお弁当作りに冷凍食品を購入しないでやっていけるのか心配でしたが、けっこう大丈夫です。自分で作ったハンバーグやチラシ寿司の具は冷凍しています。ただ災害時用の缶・レトルト食品は常備しています。

電子レンジ調理・フッ素加工調理器具を避ける

これも弁当作りに欠かせないツールだと思い込んでいましたが、現在は全く使っていません。ホットプレートだけがネックです。

・・・と、こんな感じでしょうか。まったく厳格なものでなく、ゆるゆるやっています。どの程度できているのか、と聞かれたら50%前後かもしれません。でもそのぐらいでどうでしょう。外食もしますし、ジャンクフードもたまに食べちゃいますが、あまり自分を追い込んでも辛いので、ほどほどでいいと考えています(甘すぎますかね~)。機会があれば詳しく語りたいところですが、今日のところはこの辺で。

|

« 米国ワクチン裁判で原告勝訴 | トップページ | 私の胃痛には・・ »