« 代替医療のエース・ホメオパシーが新聞掲載 | トップページ | ペットのためのホメオパシック商品・口臭 »

2008年2月18日 (月)

ホメオパシー的映画鑑賞

R0010784 先週末「L change the WorLd」を観ました。前作「デスノート」「デスノート the Last name」が原作とは違った魅力があり、とてもおもしろかったので、L(松山 ケンイチ)が自らデスノートに名前を書いた後の23日間をどのように過ごしたのか興味が湧き映画館に足を運びました。

ホメオパシーを学んでいる人は、映画やドラマを観るとつい登場人物にレメディーを見出したりします。たとえば「風と共に去りぬ」のスカーレット(ビビアン・リー)をTarentulaタランチュラと言ったホメオパスがいます。勝気な彼女は愛するアシュレー(レスリー・ハワード)が彼の従妹メラニー(オリビア・デ・バビランド)と結婚したことの当て付けでメラニーの兄と結婚したり、妹のフィアンセを横取りしたりと、まさにTarentulaタランチュラのように狡猾で衝動的、破壊的な性格です。極めつけは喪中にもかかわらず、カラフルなドレスで音楽に合わせてダンスを踊り注目を集めるシーンです。別の点に注目すると違ったレメディーも浮かびます。Platainaプラタイナは自己中心的でプライドが高く、スカーレットがメラニーにしたようにいつも他人を見下しています。恋愛や結婚に対する理想が高いため、現実とのギャップに失望しがちです。自分があまりに特別な存在であり、トップでいる孤独も感じています。この孤独感は関係が破綻した後になってバトラー(クラーク・ゲーブル)への本当の愛に気づくも、既に彼は去り、スカーレットがひとり立ち尽くすラストシーンによく表れています。

話は「L」に戻りますが、Lはどう見てもSulphurソーファーですよね。明晰な頭脳で論理を構築する名探偵だが、納得するまであらゆる手段を使って真相を追求するため、周囲からは理解されない。自説は曲げず、自己中心的で、時に人を操る。頭脳労働のための糖補給が欠かせないのか、異常な甘党。自分の容貌や服装に無頓着。直立が難しいほどの猫背・・・これで風呂嫌いや皮膚疾患も加われば絵に描いたようなSulphurソーファーです。

対する夜神 月(藤原 竜也)は自らの犯罪を正義の裁きと言ってはばからなず、理想の新世界という目的を達成するためには容赦をしない、嘘をつく、騙す、欺く策略家。新世界の神となるという独裁的野望と誇大妄想、暴力性・・・Veratrumバレーチュラムですね。

では弥 海砂(戸田 恵梨香)は?月に気に入られるためには何でもするという従順さ、寿命を削ることもいとわない愛情の深さ、見捨てられることへの恐怖と嫉妬深さ。愛すべき可愛さの反面、したたかで芯の強い性格・・・Pulsatillaポースティーラですね。

他にも独裁的なキラに対して命を賭して戦いを挑む善の人、同情心が強く、行動力があり、苦悩し続ける夜神 総一郎(鹿賀 丈史)は、Causuticumコースティカムでしょうか。

異論も多々あると思いますが、人もレメディーも多面的なものですから、どの面を重視するかによって見方も様々だと思います。たまにはこんな映画鑑賞の仕方もレメディーに親しむよい方法だと思いませんか。

|

« 代替医療のエース・ホメオパシーが新聞掲載 | トップページ | ペットのためのホメオパシック商品・口臭 »