« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

髪を染める前に知っておきたいこと

カミング・アウトと言う程のことではありませんが、実は現在白髪に近い状態で、20代前半からヘア・カラーをしています。しかし身近な人もそのことに気づかない(もしかしたら触れないだけかもしれませんが)場合があり、そんな時はこちらから「ヘナで染めているんだ~」とさらっとバラします。

今どきカラーなんて当たり前で、子供も犬でさえしている姿を見かけます。しかしその当時髪を染めることは、社会から逸脱した行為であり、反社会分子的な扱いを受けることを覚悟の上でアウトローの道を選択した者だけが、「不良」という称号で呼ばれたのでした。すでに社会人となっていたので、称号を頂くことはありませんでしたが、黒以外のカラーが今日のように受け入れられていなかったので、美容室では毎回「いつもの黒で・・・」とお願いしていました。そんな時に、ヘア・マニュキアがメニューに加わりました。しかしこれは髪の根元から染めることが出来ず、すぐ白髪が目立つようになりました。

そこに現れたのがヘナでした。現在のように美容室のメニューになく、自然食品店や生協・通販生活で購入して、自宅で染めねばなりませんでした。紅茶や卵を混ぜるとよいと聞けば試し、染織家が作った良いヘナがあると聞けば遠方まで買いにも出かけました。しかし初期のものは、色が単色(オレンジ)しかなく、それでも白髪の量が少なかったので、我慢できたのですが、年々量が多くなり、自分では染めにくい部分にまで出始めると、自力で染めることの限界を感じました。そうこうしている間に美容室にもヘナが登場し始め、喜んで染めに出かけました。

ここで注意したのが、ヘナは自然植物のみの染料であるという思い込み。実は、ヘナは色が浸透するために、通常のカラー剤よりも時間を要したので、天然のヘナに化学薬品が加えてある場合がほとんどなのです。また自然な黒や茶に染めることが出来ないため、カラー・バリエーションを増やすための化学薬品も使用されています。そこで美容室のお兄さんに、「使用するのは天然のヘナですか?」と聞くと、ニッコリ笑って「そうです」と答えてくれたので染めることにしました。染め上がりは上々、と言うかむしろキッチリ染まりすぎのように感じました。実は、質問の仕方が悪かったのです。使用されたのは、もちろん天然のヘナはヘナですが、そこにジアミン(パラフェニレンジアミン)が添加されていたのです。ジアミンは強い皮膚刺激があり、アレルギーを引き起こしたり、発ガン性の報告もある危険な薬品です。このことを知らずに使用した人が皮膚の炎症を起こすケースが年々増加しています。ほんの数%しか含まれていないとのことですが、世の中では経皮毒(皮膚から体内に侵入する毒)と言う言葉が聞かれるようになっていました。また天然ハーブのカラーもあるとのことでしたが、それにはジアミンだけでなく、パラアミノフェノール(発ガン・アレルギー・環境ホルモン性物質)、オルトアミノフェノール(硫酸塩:発ガン・アレルギー原因物質)、エデト酸塩(皮膚・粘膜・目を刺激し喘息や発疹のアレルギーを起こす)が添加されていました。

あちこちの美容室を訪れましたが、天然のヘナだけでは、夕焼けのようなオレンジ色にしか染まりません。すっかりヘア・カラー難民となった私が次に出会ったのが木藍を加えたヘナでした。人によってはグリーンに染まることもありますが、オレンジよりはましでした。

現在はオーガニック・ヘナに口に入れても安全なターメリック(ウコン)・アムラ(酸味の強い果物)などを加え、インディゴで2度染めするのがベストだと考えています。あなたの使用しているのは本当に天然ヘナですか?短時間で黒や茶色に綺麗に染まっていませんか?一度「このヘナはケミカル成分が入っていますか?」と尋ねることをオススメします。

※ヘナは誰にでも安全で、アレルギーを起こさないとは断言できません。必ずパッチテストをしてみて下さい。ただインドでは、祭事にヘナでタトゥーをする習慣があり、長い歴史の中で使われている自然素材であるとは言えます。

|

2008年1月21日 (月)

インフルエンザ・ワクチン接種を考えている方に

R0010774 是非読んで欲しいと思い、再度「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」を取り上げました。あまり詳しく書いてもいけませんから、下記に目次を取り上げましたが、これを読むだけでも、現在ワクチン接種に迷っている方は読んでみたいと思うのではないでしょうか。目次だけでは疑問に対する答えがありませんが、読めば納得!そしてワクチン接種についての迷いは一掃されること間違いなしです。

ワクチンが有効かどうかということことだけでなく、どうやってワクチンが作られているのか、脳症との関連はあるのか、などがとてもわかりやすく書かれています。ワクチンは鶏卵で培養され、ウイルスだけを取り出すために遠心分離機にかけられますが、卵の細胞成分を完全に除去することはできません。このため卵アレルギーの原因となるアレルゲンが残っている可能性があるのです。またウイルスが活動しないように不活化するにはホルマリンを使います。ホルマリンはシックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドの水溶液であり、発ガン性物質であり劇薬です。不活化した、つまり死んだウイルスはカビがはえないように防腐剤を加えねばなりませんから、チメロサールという水銀化合物も添加されます。現代人、特に子供たちが抱える問題は、この添加物にあると、私たちホメオパスは考えています。この著者は医師であり、元国立公衆衛生院疫学部感染症室長ですから、ホメオパシーの話はでてきませんが、一般の方にはホメオパスが書いた本より信頼が持てるのではないでしょうか(笑)。全ての方にご一読をオススメいたします。

「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」目次

1.インフルエンザ・ワクチン なぜみんな打つの?

2.知っていましたか? インフルエンザ・ワクチンが効かない理由

3. インフルエンザ・ワクチンの4つの嘘

4.「打っておいたほうがいい」どころか害毒

5.高齢者だけでなく乳幼児も狙われています

6.医師も、研究者も、マスコミもしっかりしてほしい

7.人間とウイルスの闘い 現代日本にとってのワクチン

8.インフルエンザにかかったかなと思ったら・・・・・

|

2008年1月16日 (水)

かゆみの問題(虱:しらみ含む)

この季節かゆみに困っている方は多いと思います。私も産後冷え性が悪化し、皮膚の乾燥特に膝下と腰周りがかゆくなりました。ホメオパシーを始めてから冷え性と膝下のかゆみは改善しましたが、腰周りは毎冬の課題です。現在は、浸透性が早く、のびのよいゲルR(スパジリックゲルR)を塗った後、その上から持続性あるRクリーム(スパジリックビーR)をのばします。私のかゆみにはRがあっているようで、このWR方法で乗り切れています。かゆみのゲル・クリームはどれが自分にあうのか使ってみないと判りません。CやTuがあうという方もいますし、Tuでかゆみが激しくなったという方もいます。これはそれ以前にかゆみ止めなどを使用してきた方によく見られます。ただ悪化したことは好転反応であり、決して悪いことでありません。また以前も書きましたが、かかとの乾燥にはスパジリックビーGが今年も大活躍しています。ガサガサでストッキングに引っかかったり、突然かゆくなったり、風呂のお湯が沁みたりすることはまったくなくなりました。硬くなり、ひび割れる状態にはとても有効です。初台のホメオパシックファーマシーではサンプルを用意しておりますので、是非お手にとって試してみて下さい。

最近、虱(しらみ)が流行していると聞きますが、虱もかゆみが強いですね。戦後、大流行した時は、米軍によりDDT(有機塩素系の殺虫剤の1つであり、現在は発がん性物質であり環境汚染防止のため使用が禁止されている)が噴霧器で頭髪に撒布されるという時代もありました。戦後生まれの私たちにはあまり日常で出会うことのない生き物であり、過去の出来事のように考えがちですが、現在も幼稚園や小学校で小さな流行を繰り返しています。子供同志で頭をくっつけたりするため、集団生活の場で広がるようです。また子供自身で洗髪を始める時期とも一致しており、正しく洗髪が出来ていないことも考えられます。もしお子さんが頭皮の痒みを訴えたら、一度髪の根元をよーく観察する必要があるかもしれません。もし発見したら、スパジリック・ヘアソープ・シャンプーでよく洗い、その後細かめのくしで梳かしましょう。レメディーは何と言っても、Staphysagriaスタッフサグリアです。虱による頭皮のかゆみには他に、Lyc.ライコポディアムMerc.マーキュリーもよいでしょう。

|

2008年1月 7日 (月)

風邪薬 6歳未満 米で中止勧告

年の初めからあまり楽しい話題とも思えませんが、国内出荷額677億円(2005年度)を売り上げる総合感冒薬(風邪の諸症状を緩和する目的の市販薬)についての新聞記事(昨年12/24・25読売新聞~医療ルネサンス「子供と風邪薬/上下)を読んだ上で、今後の風邪対策について今一度考えて欲しいと思い全文を掲載しました。安易に薬剤を乱用している現状を知るきっかけになるとよいと思います。

『子供と風邪薬(上)』

風邪がはやるこの季節、多くの人が風邪薬を使う。ところが、米国で薬の許認可を行う食品医薬品局(FDA)の小児医療に関する諮問委員会は今年10月、せき止め、鼻水止めなどの市販の風邪薬は、6歳未満の小児には使用すべきではないと勧告し、波紋を呼んでいる。

 子供への効果が確認されていないうえ、まれに重い副作用が起きる、という理由からだ。

 FDAは、風邪薬で、せき、くしゃみ、鼻水といった症状が緩和されたかどうかについて、過去のデータを検証した。その結果、実際に患者に使って効果を調べた臨床試験は11件しかなく、18歳未満の子供を対象とした風邪薬の効果は確認できなかった、としている。

 一方、風邪薬による副作用被害も起きている。米国では今年1月、せき止め薬を飲んだ1歳未満の乳児3人が死亡した例が報告された。この後、米ジョンズホプキンス大教授ら有力な小児科医16人が「せき止め薬や、くしゃみ、鼻水などへの抗ヒスタミン剤を含む風邪薬は、6歳未満の幼児には有効性も安全性も認められない」との声明を出すようFDAに求め、今回の勧告につながった。

 問題になった米国の風邪薬は、薬液をスポイトで計量する、日本にはない形態の薬で、誤って過剰投与したことが原因とみられる。

 市販薬メーカーでつくる日本大衆薬工業協会は「日本の小児用シロップ剤は、濃度が米国製品の10分の1から20分の1で、重大な事故は起きていないが、用法、用量の厳守を」と呼びかけている。

 それでも、市販の風邪薬(総合感冒薬)を巡っては、日本でも肺炎、肝炎、けいれん、呼吸困難などの重い副作用が、成人、小児合わせて、昨年1年間だけで129件報告されており、軽視できない。

 薬害を監視する医薬ビジランスセンター理事長の医師、浜六郎さんは「日本の風邪薬にも米国と同様の成分が使われており、小児への効果の裏付けがなく、副作用の恐れがある事情は同じだ」と指摘する。

 医療機関でも、風邪の子供に、せき・鼻水止めなどの薬が処方されるが、やはり効果ははっきりしない。浜さんは「医師が処方する風邪薬は、成分が市販薬の1・5倍から2倍多く含まれ、副作用の危険が、より大きい。市販薬、処方薬とも、6歳未満は使用禁止にすべきだ」と言う。

 勧告を受け、FDAは小児への使用規制を行うかどうか検討しており、厚生労働省は「米当局の対応を見守りたい」としている。

 風邪の原因であるウイルスに効く薬はなく、薬で治すことはできない。あすは薬に頼らず風邪に対処する手立てを考える。

『子供と風邪薬(下)』

乳幼児が風邪をひいた時、風邪薬を使うのが望ましくないのは、効果がはっきりしないことや、副作用の恐れがあるからばかりではない。

 風邪薬の問題に詳しい「はやし小児科」(大阪市)院長の林敬次さんは「風邪をひくと、せき、くしゃみ、鼻水が出るのはなぜなのかを理解しておくことが大切」と話す。

 鼻の奥、のどなど気道の表面には、「繊毛」という極めて微小な毛のような組織があり、空気中のほこりや病原体を捕らえて、きれいな空気だけを肺に送り込む働きをしている。風邪をひいて、この働きが弱まった時、せきがこれを補う代役となり、ウイルスなどの病原体を排除して体を守る。

 鼻水は、気道の粘膜細胞から作られる粘液で、普段は微量が分泌され、繊毛によって鼻の奥からのどに運ばれる。風邪で繊毛の働きが落ちた時、粘液はあふれ出すほど大量に作られることで病原体を排除する。

 林さんは「せきも鼻水も、病原体から鼻や肺を守る役割があり、これを薬で止めると、体を守る仕組みを壊すことになる」と説明する。

 風邪薬を飲むのは、風邪を治すどころか逆効果。風邪なら、せきも鼻水も止める必要はない。

 ただし、せきが出た時に注意すべき場合もある。

 林さんによると、せきが続いて苦しそうにしている、母乳が飲めないほど激しくせき込む、吐く、ぐったりしている、などの場合は、肺炎、RSウイルスによる細気管支炎、百日ぜき、ぜんそくなどの可能性があり、受診が必要になる。

 RSウイルス感染による細気管支炎は、肺炎になって呼吸困難を起こす場合がある。特に生後3か月くらいまでの乳児なら、早く診察を受けた方がよい。

 一方、せきがあっても比較的元気にしている、食事がとれている、夜も眠れる、といった場合は心配しなくてよい。

 そうはいっても、子供のせきや鼻水を楽にしてやりたいと思うのが親心だ。

 鼻水が出て、赤ちゃんが母乳を吸いにくいような時は、市販の鼻水吸い取り器で吸い出すと、いくぶん楽になることがある。

 また、室内が乾燥しているなら、加湿器を使ったり、マスクを着けたりすると、せきが少し和らぐ可能性がある。せきがひどい時は、縦抱きにすると呼吸しやすくなる。水分はしっかり補給したい。

 風邪をひいたら温かく安静にし、薬に頼らずに治すのが基本だ。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »