« 茶毒蛾(チャドクガ)にホメオパシー | トップページ | 【ホメオパシー的インフルエンザ予防】 »

2007年10月29日 (月)

【こむらがえり】

出産前後、こむらがえりが酷く、決まって夜にふくらはぎあたりの激痛に苦しんだ覚えがあります。人によっては足の裏や指だったりしますが、来る、来ると分っていても止めることが出来ませんよね。また一度なってしまうと、数日間繰り返したりもします。チョコレート好きの私としては、チョコによってMag-phosマグフォス(リン酸マグネシウム)が失われた結果?などと考えて、バイタル・キットのMag-phosマグフォスをとったりします。頻繁に、また繰り返しこむらがえりを起こす人は不足やカルシウムとのバランスを考慮し、ティッシュソルトのMag-phosマグフォスを毎日1粒とり、さらに下記のレメディーを就寝前にとるとよいと思います。こむらがえりが起こってしまったら、下記のレメディーから自分に、また状況に合うものをお試しください。ただし下記にごく簡単に解説してあることがそのレメディーの全てではありませんので、少し違っていても最初から除外せずに試してみましょう。

【こむらがえり】

Chamomillaカモミラ     ・・・・・激しい筋肉のひきつり。怒りが伴なう。

Mag-phosマグフォス     ・・・・・突然始まる痙攣性の痛み。温めたり、圧迫で緩和される場合に。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・・・運動後や妊娠中の疲労を伴なうこむらがえりに。

36キッズ・キット中のCoffeaコフィア(神経の高ぶりと不眠を伴なう場合)、 Cuprumキュープロム(特に激しいふくらはぎの痙攣が夜間にある場合)もよい。

※カテゴリーの■怪我・痛みの問題と■出産の問題に収録しますのでご活用ください。

|

« 茶毒蛾(チャドクガ)にホメオパシー | トップページ | 【ホメオパシー的インフルエンザ予防】 »