« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月29日 (月)

【こむらがえり】

出産前後、こむらがえりが酷く、決まって夜にふくらはぎあたりの激痛に苦しんだ覚えがあります。人によっては足の裏や指だったりしますが、来る、来ると分っていても止めることが出来ませんよね。また一度なってしまうと、数日間繰り返したりもします。チョコレート好きの私としては、チョコによってMag-phosマグフォス(リン酸マグネシウム)が失われた結果?などと考えて、バイタル・キットのMag-phosマグフォスをとったりします。頻繁に、また繰り返しこむらがえりを起こす人は不足やカルシウムとのバランスを考慮し、ティッシュソルトのMag-phosマグフォスを毎日1粒とり、さらに下記のレメディーを就寝前にとるとよいと思います。こむらがえりが起こってしまったら、下記のレメディーから自分に、また状況に合うものをお試しください。ただし下記にごく簡単に解説してあることがそのレメディーの全てではありませんので、少し違っていても最初から除外せずに試してみましょう。

【こむらがえり】

Chamomillaカモミラ     ・・・・・激しい筋肉のひきつり。怒りが伴なう。

Mag-phosマグフォス     ・・・・・突然始まる痙攣性の痛み。温めたり、圧迫で緩和される場合に。

Nux-vomicaナックスボミカ・・・・・運動後や妊娠中の疲労を伴なうこむらがえりに。

36キッズ・キット中のCoffeaコフィア(神経の高ぶりと不眠を伴なう場合)、 Cuprumキュープロム(特に激しいふくらはぎの痙攣が夜間にある場合)もよい。

※カテゴリーの■怪我・痛みの問題と■出産の問題に収録しますのでご活用ください。

|

2007年10月10日 (水)

茶毒蛾(チャドクガ)にホメオパシー

以前に知人が被害にあった茶毒蛾がこの秋も大発生していると聞きました。触った覚えもないのに、首や腕に激しい痒みがあり、掻いてしまったために広範囲に広げてしまったそうです。

茶毒蛾は茶や庭木(サザンカ・椿)などのツバキ科の葉を食べるため、それらに発生します。オレンジに黒い点や線がある体に、白く長い毛が生えた毛虫で、葉に密集するように群生している姿をよく見かけます。年2回発生し、春の発生に気づかないと、秋に大発生します。毒針毛を持ち、毛虫に触れなくても風に飛ばされた毛によって刺されます。触れると激しい痒みに襲われ発疹ができます。繭や成虫にも毒針毛があるので注意が必要です。駆除の際も素手で触れないように、発生した枝の下に袋などを用意して枝ごと切り落とします。刺された場合は、患部をガムテープで貼ったり、剥がしたりを繰り返し毒針毛を取り除き、あればHJマザーチンクチャー・カレンデュラを数滴入れた水を用意し、洗い流します。その後、スパジリック ビーC(Cクリーム)やR(Rクリーム)を塗ります。レメディーとしては、ピンク色に腫れるならApis.(エイピス)・ヒリヒリと焼けるような痛みがあるならHyper.(ハイペリカム)・赤く熱を持つようならBell.(ベラドーナ)・虫刺されレメディーLed.(リーダム*現在の基本キットには入っていません)・痒みが強いならRhus-t.(ラストックス)などを適宜とってください。茶毒蛾のレメディーも発売されていますのでお試しいただくのもよいと思います。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »