« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月16日 (日)

テロより怖い、医療問題!!

R0010727 ↑という過激なコピーのマイケル・ムーア監督最新作「シッコ」を観ました。6人に1人が医療費が払えず無保険のアメリカでは、生きるべきか、死ぬべきかを決めるのは保険会社であり、高齢者や貧困層に冷たい医療の惨状が描かれています。たとえ保険加入者であっても保険金請求の際に、救急車には(意識がなくても!)事前申請が必要であるとの理由から保険金の支払いを拒否されたり、高額な医療に対してはその疾病に有効な根拠がないとの理由から支払いが拒否されます。医師は治療を拒否することで、無駄な保険金の支出を抑えたという旨の報奨金を保険会社から与えられ、政治家には多額の献金で都合のいい法律を作らせているという内容でした。中でも胸が痛むのは、中指と薬指を切断した男性が、保険未加入のために接合手術を金額(中指は$60000、薬指は$12000)で選ばざるを得ず、リーズナブル!な薬指のみ手術を受け、中指は廃棄されたり、医療費を払えない高齢者が姥捨て山のように路上に捨てられたり、「9・11」でボランティアとして救助作業に従事した一般市民が患った疾患に保険が下りないといった信じられない現状でした。ムーア監督は今回要人への突撃取材という戦法をあまり使わず、破綻したアメリカ医療制度問題を権力のあるなし、保険加入・未加入に関わらず、全ての人に危機感を持って論議をしてほしいと考えたようです。後半のカナダやヨーロッパの医療制度(まるで夢のよう)については、税制や財源についての取材不足が否めませんが、「世直しリアル・エンターテイメント」としては、とても考えさせられる作品でした。

|

2007年9月12日 (水)

口内炎・歯痛の裏ワザ

R0010723 ホメオパシーとらのこ会会報「オアシス」が届きました。今回もキットご使用の方から、このレメディーがこんな時に使えた、こんな好転反応があったという 投稿や全国各センターのホメオパス奮闘記など盛り沢山の内容でした。会報はホメオパシー実践者の定期的な刺激や学びになると思いますし、私自身も大変楽しみにしています。ただ今回のVol.38が今までの会報と違って、特に感慨深いのは、RAHの同期生がセンターを新設し、全国に10ケ所もセンターが増えたことです。東京近郊だけでも、千葉松戸・江戸川平井・世田谷三軒茶屋・東京東村山などが新設されており、ますますホメオパシーが身近で、利用されやすくなってきていると感じました。現在準備中という友人もおり、まだまだ増え続けますので、お近くにないという方も首を長くしてお待ちください。また予約が取り難かったセンター東京本部のホメオパスも増員されたので、今後は混雑の緩和が期待できますね。

本日、カテゴリーに「裏ワザ♪」を増やしました。ホメオパシー・ジャパンで販売されている商品をもっと使いこなせるような情報を綴っていこうと思います。今回は「HJマザーチンクチャー・プランターゴ(写真は小20ml)」です。以前にも歯茎の腫れや出血・痛みに使うと書きましたが、それだけではないのです!突然の歯痛や痛みの強い口内炎や口臭にも有効なのです。1本常備しておくと用途が広く、大変便利です。レメディーを初めて摂った方の中に、軽い好転反応として鼻水や下痢といっしょに口内炎になるというケースがよくあります。症状が表面(皮膚や粘膜)に表れるというのは良い徴候ですが、痛みを伴なうため辛いですよね。また口臭を伴なうことがあるので、そんなときはプランターゴで、ブクブク口をすすぎます。さっぱりしますよー、お試しください!

(追記:■口の問題【口内炎】も参照下さい)

|

2007年9月 7日 (金)

続報、バター風味香料ジアセチル

前回バター風味の香料「ジアセチル」を製造工場で吸入したことにより、重い肺疾患を起こしたという報道について記述しました。その際も、吸入で疾患を引き起こす物質を食べて問題ないのか心配をしていたところ、5日、米国で電子レンジ用ポップコーンを毎日食べ続けた男性が、重い肺疾患「閉塞性細気管支炎(BO)」にかかっていたことが専門医の調査で判明したとの新聞報道がありました。男性は電子レンジで調理する際「ジアセチル」を吸い込んだとみられており、食べたことによる発症ではないようです。この報告を受けた米食品医薬品局(FDA)が安全性について検討に入る一方、米香料抽出物製造者協会は4日、ポップコーンへのジアセチル含有量をできるだけ減らすよう加盟企業に通知したとのことです。

アメリカほど電子レンジのポップコーンがポピュラーとはいえないし、この男性のように毎日数袋を数年にわたって食べ続けている人がこの国にいるとは思えませんが、それでも自宅で個人が食べる分を調理するだけでも危険があることに驚かされます。出来る限り食生活には気を使っているつもりですが、映画にポップコーンはつきものでしょうといって、映画館ではたまに購入してしまいますが、アレは大丈夫なのでしょうか?売店では是非とも「ジアセチル不使用」という表示をしていただきたいと思います。というか、本物のバターにしませんか~

|

2007年9月 3日 (月)

食品用香料で重い肺疾患

オランダのユトレヒト大学などの研究チームによると、バター風味の食品用香料「ジアセチル」が、製造工場の従業員に重い肺疾患「閉塞性細気管支炎(BOS)」を引き起こしていることを突き止めたという報道がありました。米国では、バター風味の香料を使う食品工場などで、BOS患者が多発しているそうです。ジアセチルは日本でも多用されており、厚生労働省は「情報を集めた上で対応を検討したい」としています。

日本香料工業会によると、国内では42社が年間計1.6トン(2005年)を製造し、防護マスク装着や換気などの自主対策を講じているとのことですが、吸入で疾患を引き起こす物質を食べても問題ないのかな~?と素朴な疑問が湧いてきます。しかも米国立労働安全衛生研究所は2003年末、香料を扱う事業所に対する勧告で、「防護マスクは対策として(有効性が限られ)好ましくない」と指摘しています。

今回は、ジアセチルを使用する工場で働く従業員の疾患が報道されていますが、食べることでの健康被害については言及されていません。もちろん国の安全基準を満たした香料であり、食品の毒性試験をクリアした香料なのでしょう。しかし動物実験では表れなかったり、確認できない症状が、実際に使ってみてから発見されることもあります。また、1つの食品に多種類の添加物が使用されており、それらの相互作用で起こる毒性については検査がされていません。もし体内で数種の添加物が反応を起こして、どんな有害性を生ずるのかは未知なのです。ジェシカ・ウィリアムズ著「世界を見る目が変わる50の事実」の中で、先進国では1人が年間7Kgもの添加物を食べていると書かれています。私たちの体は、日々食べているもので作られていますが、添加物が血や肉になるのでしょうか?活動のためのエネルギーになるのでしょうか?安部司著「食品の裏側」では、「自分の家族には、自社製品を食べさせない」と発言する食品会社の社長が登場します。自分の家族にも食べさせられない食品を誰のために、何のために作っているのでしょう?そんなことをしても、スーパーに行けば添加物を使っていない食品を見つけるのが困難な状況では、まったく添加物を使用しない食卓など不可能ではないでしょうか。家族のことを考えるのなら、未来の伴侶やその子供、孫のことまで考えて欲しいと思います。そしたら無差別にそんな製品をばら撒くようなことはできないと思うのですが・・・。食品製造に関わる全ての人には、是非誇りを持って、自分の子供にも食べさせたい、という姿勢でいて欲しいと願います。

添加物は確かに便利なのかもしれません。しかしそれを摂取した結果を引き受けるのは、あくまで自分自身の体であると考えねばなりません。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »