« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

「心の風邪」という表現について

今日の朝刊に、うつ病を「心の風邪」と表現することにより生じる誤解についての記事がありました。確かに「心の風邪」と表現することで、誰もがうつ病になる可能性があり、治せる病だという意味で広く使われているのが現状です。うつという言葉をメジャーにした功績もあるかもしれません。一方で、うつ病は軽い病気であるかのようなイメージが定着し、慢性化したり、再発の恐れがある深刻な病であるという啓蒙はされていないように思います。交通事故で亡くなる方より、自殺者の人口が多いという驚くべき現状から、うつ病についての早急な対策が必要だと考えます。私の知人にも数名おり、そういう人に限って生真面目で、几帳面で、責任感の強い人が多いようです。うつの状態になるには、変えることの出来ない現状に押し潰されそうになっているのかもしれませんし、インナーチャイルドの問題があるのかもしれません。そんな切羽詰った状態に陥る前に、日々のイライラや怒り、悲しみは小出しにするのがよいのではないでしょうか。「男がそんな愚痴みたいなことを言えるか!」「誰がそんなことを聞いてくれるのか?」・・・答えはホメオパスです。定期的にホメオパスに相談することで、自分自身の考え方に変化がでてき、その結果、今まで許せなかったことが許せたとか、泣けなかったのが泣けるようになったという話をよく耳にします。もちろんホメオパスはカウンセラーではありませんので、相談者に変化をもたらせたのはレメディーであり、相談者自身です。時には、閉じ込めてしまった過去の感情を発散させる必要があるのではないでしょうか?

|

2007年8月 6日 (月)

【日焼け】

長い梅雨が明けたと思ったら、毎日夏日を越えて真夏日が続いています。夏本番、太陽にさらされる機会も多いと思います。重度の日焼けや熱中症にならないための準備も大切ですが、もし日に焼けてしまったら下記のレメディーを使ってみてください。また炎天下でのスポーツや作業中、体は大量の汗をかくことで体温の上昇を避けようとします。この時、水分だけでなく、同時にミネラルも失われますので、ペットボトルにミネラルに関するティッシュソルトなどを数種類入れて飲みながら運動や作業されることをお勧めします。また大量の発汗や体内の熱でこむら返りを起こした場合は、Mag-phos.マグフォスやCalc-carb.カルカーブをお試しください。

【日焼け】

Apisエイピス      ・・・・・日焼けした箇所が赤く大きく腫れる場合。

Belladonaベラドーナ ・・・・・乾燥した皮膚が熱を持ち、ヒリヒリと痛む時に。

Cantharisカンサリス ・・・・・強度の日焼けで火傷のような場合。もちろん火傷にも有効。

Nat-mur.ネイチュミア・・・・・皮膚が水ぶくれになった場合。

カテゴリーに■皮膚の問題を追加しました。日焼けの際は、思い出してお使いいただければ幸いです。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »