« 【恐怖・ショック・不安】 | トップページ | ホメオパシーを説明する難しさ »

2007年5月29日 (火)

鉛~ローマ帝国を滅亡させた金属

先週、JPHMAのホメオパス認定二次試験(口頭試験)が無事に終わりました。次に目指すはHMA(英国ホメオパシー医学協会)の認定試験です。次回はあがらずに、全力を尽くせるようがんばりたいと思います。

さて最近、海外で生産された土鍋や歯磨き粉から鉛が検出されたというニュースに、大変驚いたのは私だけではないと思います。鉛は、紀元前から陶器の釉薬として使用された他、軟らかい金属で加工しやすかったため、ローマ帝国では上下水道のパイプや壺・食器・化粧品などに広く使用されていました。このため貴族社会では、流産や死産が多く、遺骨からも高濃度の鉛が検出されていることから、鉛中毒がローマ帝国滅亡の原因という説もあります。

鉛による急性中毒としては、嘔吐・下痢・血圧下降があり、慢性中毒では疲労・痙攣・便秘などの症状があります。また乳幼児の血中鉛濃度が増すと、知能低下の恐れがあります。このような毒性の高い金属ですが、その有用性から以前はガソリンのノッキング防止の添加剤(日本では1976年に、排気ガスによる環境と人体への影響からレギュラーガソリンへの添加禁止となり、1987年にはプレミアムガソリンも無鉛化、1991年からはエーテル類の含酸素化合物が多く使用されている)として使用されていました。現在でも放射線遮断材・バッテリー・ハンダ・塗料・合金製品などにも使われていますが、その有害性から多くの用途での使用は減少しています。海外でも鉛を含む塗料を子供が舐めたことによる中毒が報告されており、危険性は十分知られているはずなのに・・・。

もちろん鉛が混入していることを知っていて購入した人はいないと思います。しかし私たちは知らず知らずに、有害な物質を摂取している可能性があるのです。以前にも市販されている歯磨き粉に使用されている添加物に発ガン性やアレルギーを起こすものが含まれること(昨年4/13の記事を参照ください)、トランス脂肪酸の問題(1/5付)、予防接種に含まれる重金属のアルミニウムや水銀の問題(3/13付)を取り上げてきました。そういった危険な物質を日常から排除するには、どんな物質が健康を害し、どんな食品や製品に含まれているのかを知る必要があります。今後も、折に触れ記事にしたいと考えています。

しかし過去にどれ程摂取しているかを知ることは難しいです。そこで、鉛・アルミニウム・水銀・ニッケル・カドミウムなどの有害物質をデトックスできるデトックスセット(DXセット)はいかがでしょう。オリジナル・レメディー・セットの紹介(2/27付)の時にも触れた商品ですが、朝昼にサポート・レメディーを毎日1粒、夜は1番から7番までのレメディーを日替わりで1粒づつ7日摂ります。朝昼のみ1瓶が終わるまで継続して摂ります。試した知人は途中で頭痛がして、夜の7日間を飲み切ることが出来なかったそうです。それでもサポートのみ継続し、頭痛が治まってから夜の分を飲み始めたところ、慢性の偏頭痛の回数が減ったそうです。もちろんこのセットは、頭痛のためのものではありませんし、知人も頭痛の改善のために購入したわけではありません。知らず知らずに蓄積した物質が悪さをしている場合もあるということです。

|

« 【恐怖・ショック・不安】 | トップページ | ホメオパシーを説明する難しさ »