« ◆Phosphorusフォスフォラス◆Pulsatillaポースティーラ | トップページ | わが家の防災対策 »

2006年12月28日 (木)

災害時対策に・・・

先日遅ればせながら、映画「デイ・アフター・トモロー」を観ました。温暖化によって引き起こされた地球規模のスーパー・ストーム(巨大嵐)によってニューヨークが水没し、その後地球全体の温度低下で氷河期が訪れ、史上最悪の自然災害に直面し生死の狭間で揺れ動く人々とその運命を描いた作品でした。氷河に半身が埋もれた自由の女神のポスターが印象的で覚えている方も多いと思います。

ここに登場する女子高生ローラー(エミー・ロッサム)は、マンハッタンが高波に襲われ、公立図書館に避難する際に汚染された水の中で負傷してしまいます。たいした怪我ではないと考えたのか、彼女は何の処置もせず放置してしまいます。誰が見てもヤバイと感じる展開ですよね。案の定、傷口は化膿し、彼女は敗血症に陥ります。図書館の司書は、彼女の病状を蔵書の医学書から敗血症と判断し、抗生剤が有効である旨をボーイフレンドのサム(ジェイク・ギレンホール)に伝えます。彼は抗生剤入手のために、危険を顧みずフリーズ・ストーム(地表の生命あるものが瞬時に凍りついてしまう嵐)が近づく外界へと出て行く・・・ここで思ったのですよ。やはり災害時にはレメディー・キットを持ち出さねば!と。

ローラーは怪我の傷口から何らかの病原菌が血中に入り、高熱・頻脈・頭痛・嘔吐・痙攣・意識障害をきたす敗血症になったわけですが、ここに36キッズ・キットがあれば、まず選択されるのはPyrogenパイロジェンでしょう。Pyrogenパイロジェンはホメオパシー版抗生物質と言われますが、このレメディーが病原菌を死滅させるわけではなく、細菌が増殖する原因であるバイタルフォースの停滞を肉体に知らせ、自己免疫力を高めることで体外へ押し出すのです。大災害の場合すぐに医師の手当てが受けられるとは限りません。36キッズ・キットが手元になければ、36基本(ベーシック)キットで対応しましょう。感染症の可能性がある場所での怪我ならCalendulaカレンデュラ、傷口から黄色の膿が出ているならHepar-sulphヘパソーファー、神経を走る痛みがあるならHypericumハイペリカム、高熱のため幻覚を見るならBelladonnaベラドーナ、強いショックや恐怖があるならAconiteアコナイトも必要でしょう。このように36基本(ベーシック)キットさえあれば、たいていの症状に対応することが出来ます。ファースト・エイドとして手持ちのキットを非常用持ち出しバッグに入れることをお勧めします。またバッグには「ホメオパシーin Japan」や「由井寅子のホメオパシーガイドブック③キッズ・トラウマ」の末巻に付いているレパートリーをコピーして入れておけば緊急時に何を飲めばよいか分って便利ですよね。

※繰り返しになりますが、無理な自己治療をすすめるわけではありません。映画のような大災害時で、医師の処置や医薬品が入手困難な場合を想定しただけで、適切な処置が受けられるのであれば、病院へ向かう間のファースト・エイドと考えて利用していただければと思います。

|

« ◆Phosphorusフォスフォラス◆Pulsatillaポースティーラ | トップページ | わが家の防災対策 »