« 踵のひび割れに裏ワザ発見♪ | トップページ | 超感覚(スーパー・センス)! »

2006年11月30日 (木)

流行の兆し・感染性胃腸炎

毎冬初めに流行る腹痛や嘔吐を伴なう感染性胃腸炎と診断された患者数が、今年は昨年度の2倍以上とのことで流行の兆しが見られます。埼玉県内では保育園での集団感染や小学校の学級閉鎖がされています。感染は牡蠣などの貝類を食べた場合だけでなく、感染者が調理したものを食べたり、患者の便や嘔吐物を処理した場合にも感染の可能性があります。昨日、知人に会った際に、親子で感染して大変だったという話を聞きました。たぶん彼女もお子さんの看病をしている間に感染したと考えられます。潜伏期間は1~2日で、嘔吐や腹痛、下痢などが主な症状です。こんな時に役立つレメディーといえば、何といってもVeratrumバレイチュラム(36キッズ・キットに入っています)です。嘔吐と下痢が同時に起こり、水様性の便が大量に出ます。また激しい悪寒があり、全身の冷たさ、もしくは部分的な(頭頂・おなか周り・手足など)冷たさを感じることもあります。喉の渇きがあり、温かい飲物で痛みが緩和され、冷や汗もかくようならVeratrumバレイチュラムが最適でしょう。キッズ・キットがお手元にない方は、36ベーシック(基本)キットのArsenicumアーセニカム・Chinaチャイナがよいでしょう。カテゴリーの■悪心・吐き気・二日酔い・■おなかの問題を参考に、症状にあったレメディーを選択してください。

|

« 踵のひび割れに裏ワザ発見♪ | トップページ | 超感覚(スーパー・センス)! »