« 急性病でも慢性病でもない症状 | トップページ | 流行の兆し・感染性胃腸炎 »

2006年11月21日 (火)

踵のひび割れに裏ワザ発見♪

寒さが厳しくなってきましたが、この季節に困るのが踵のひび割れです。この数年悩まされていたのですが、最近は夏でもカサカサになり、まるで乾燥しきったお正月過ぎのおもちのような状態になっていました。冬はストッキングが伝線しやすく、入浴の際はこのひび割れが沁みて痛むので悩んでいたところ急に思いついたのです。唇のひび割れに効くのだから、スパジリック・ビー・リップもよいのではないかと。使ってみると私のひび割れには合うようで、見る見る深い亀裂が改善し、今はお湯がまったく沁みなくなりました(亀裂のようなひび割れがなくなったわけではありません)。踵のひび割れや痛みでお困りの方は応急として是非お試しあれ~♪ (※個人差があり、G・Tuがよいという方ももちろんいらっしゃいます)

(追記)この裏ワザは旅行先にGクリームを持参し忘れた際に思いついたものですが、ひび割れ対策のスタンダードもご紹介しておきますね。

お風呂上がりになるべく時間をあけず、Gクリームをたっぷり塗ります。すりこみ油があればGの上からこれまたたっぷり塗ります。踵をラップで覆い、靴下を二重に履いて就寝まで過ごします。週に1回は角質ケアなども行うとひび割れが気にならなくなると思いますよ。

Gクリームは痔のGだと考えている方が多いようですが、踵や唇にも使用できます。学生さんからご質問を受けたので、一般の方はもっとご存じないかもと思い追記しました。

|

« 急性病でも慢性病でもない症状 | トップページ | 流行の兆し・感染性胃腸炎 »