« 深呼吸のすすめ | トップページ | 【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】 »

2006年9月29日 (金)

【腹痛】

腹部が突然急激に痛む場合は、これまでお話してきたホメオパシー的急性症状でない場合が考えられます。激しい腹痛に、吐き気・嘔吐・下痢・発熱・けいれん・昏睡などが伴う場合は、時として緊急の外科的処置が必要になることもあるでしょう。しかしここに至るまでに体はいくつかのサインを出し、それに気づかなかったり、意識的に避けたり、薬で抑えてきた結果とも考えられます。「ローマは一日して成らず」というように、胆石も1日で作られるわけではありません。胆石ができても、胆のうの中にある間はあまり痛みません。痛みは、胆石が胆のうから押し出される際に、右肋骨下に、特に食後にあらわれ、発熱・黄疸を伴います。(腹痛の原因が尿路結石によることや結石の出来る場所によって腰や背中が痛むこともありますが・・・)この激しい症状がでる以前から胆汁成分が結晶化し、結石をゆっくり形成している間、既にホメオパシー的慢性症状だったのです。全ての人が結石症を患うわけではなく、部位はともあれ体内で石を形成しやすい人は、精神や肉体にもその特徴を日常的に表現しています。たとえばCalc-carb.カルカーブやLycopodiumライコポデアムの人達です。このような特徴からその人を読み取り、病気への罹りやすさを改善してゆくこともホメオパスの大切な仕事といえます。

現代医学の中に、プライマリーケアという考え方があります。これはPrimary health careプライマリー・ヘルス・ケアの略で、基本的保健医療と訳され、私たちの最も身近な医療のことです。つまり体調管理・治療・予防などに関して、日常的に相談できるかかりつけ医や診療所のことです。この基本的医療と病院やさらに高度先端技術を提供する専門的医療を包括した最善の医療を行うという考え方です。現代医療は技術の高度化・専門化によって進歩した反面、日常的な症状や慢性病・予防医療・病後のケア・リハビリテーションなどの継続的かつ全体的な地域医療については多くの課題がある状況です。今後ホメオパシーがプライマリーケアの一端を担えればよいと考えずにはいられません。

自分自身の健康を医療という名の他人に委ね、無頓着になってはいけません。心や体の発する声に日々耳を傾け、症状としてあらわれた時は真摯に向き合い、そして解決しなければ本当の治癒には至りません。激しい症状を発症する前に、自分の体質や家系的な疾患・精神的なこだわりや弱さなどとうまく付き合う術を身につけなければなりません。人間は病気と無縁には生きられません。人生が病気と共にあるからこそ、健康のありがたさがわかるのかもしれません。症状が出ることに感謝しつつ、ホメオパシーが日常広く健康管理に役立てられるよう、非力ではありますが頑張りたいと思います。

すっかり横道に外れましたが、腹痛のレメディーは下記の通りです。但し、かつてない激しい痛みに冷や汗・嘔吐・けいれん・排便がなくオナラも出ない・血便等がある場合は、早急にホメオパスや医師に相談しましょう。

【腹痛】

Belladonnaベラドーナ     ・・・・・体を後に反らすと楽になる、ズキズキ拍動するような腹痛。

Bryoniaブライオニア      ・・・・・石のように重く、少しの動作で悪化する場合に。

Carb-veg.カーボ・ベジ     ・・・・・下腹部が重く、ゲップがたくさん出るときに。脂肪の多い食後の症状にも。

Chinaチャイナ          ・・・・・胃が張ったように感じる腹痛。果物から生じた場合にもよい。

Lycopodiumライコポディアム ・・・・・ガスで腹部がゴロゴロと鳴り、大きな音のオナラが出る腹痛。パン・豆・牡蠣で悪化する場合にも。

Mag-phos.マグ・フォス    ・・・・・腹痛の代表的レメディー。温めることや体を折り曲げる姿勢で和らぐときに。

Nux-vomicaナックスボミカ  ・・・・・胸焼けや吐き気を伴う腹痛。贅沢な食事・食べ過ぎ後の症状に。

Staphsaguriaスタッフサグリア・・・・・屈辱・怒りから起こる腹痛に。

この他、36キッズ・キット中のCuprumキュープロム(けいれんする様な痛みに)や Veratrumバレイチュラム(激しい悪寒や下痢を伴う腹痛に)もよいです。

|

« 深呼吸のすすめ | トップページ | 【吐き気・嘔吐・つわり・二日酔い】 »